最新記事

インドネシア

ISISの戦闘員15名が潜伏、大規模テロの可能性

中東で訓練を受けた者100名が既に帰国、なかには戦闘経験者も

2016年1月19日(火)11時12分

1月19日、インドネシアのバドロディン・ハイティ国家警察長官は18日、過激派組織「イスラム国」で訓練を受けた戦闘員がインドネシアに帰国し、首都ジャカルタで今月14日に発生した銃撃・爆発よりも大規模な攻撃を実施する可能性があると述べた。ジャカルタで18日撮影(2016年 ロイター/Darren Whiteside)

 インドネシアのバドロディン・ハイティ国家警察長官は18日、過激派組織「イスラム国」で訓練を受けた戦闘員がインドネシアに帰国し、首都ジャカルタで今月14日に発生した銃撃・爆発よりも大規模な攻撃を実施する可能性があると述べた。

 ジャカルタ中心部では14日、イスラム過激派の武装グループによる攻撃があり、同グループの4人を含む計8人が死亡した。

 長官はロイターのインタビューで、過激派はクリスマスと新年の時期を狙った攻撃を計画していたが、警察の捜査により阻止されたとの見方を示し、「(14日の攻撃は)『プランB』だったとみている」と述べた。

 その上で、現在シリアとイラクにいる「イスラム国」の戦闘員について、「前線にいる戦闘員は訓練を重ねている。帰国すれば暴力・テロ行為を行う可能性があり、危険だ」と指摘。彼らが爆発物を扱う訓練を国内で行えば、より規模の大きい攻撃が行われる可能性があると述べた。

 当局は「イスラム国」に加わるため中東に渡航したインドネシア人は約500人に上るとしている。このうち約100人は帰国しているとみられるが、専門家は、戦闘経験があるのは15人程度との見方を示した。

 同長官は、警察がインドネシアの過激派ネットワークの監視を強化する方針を明らかにした。

   

[ジャカルタ 19日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2015トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ワールド

フィリピン中銀、予想通り金利据え置き インフレ予想

ワールド

スウェーデン中銀、当面は現行政策を維持=議事要旨

ビジネス

中国をA+に1段階格下げ、信用拡大リスク指摘=S&

ワールド

独連邦議会選、与党連合の支持率が依然トップ=世論調

MAGAZINE

特集:対中国の「切り札」 インドの虚像

2017-9・26号(9/20発売)

中国包囲網、IT業界牽引、北朝鮮問題解決...... 世界の期待が高まるが、インドの実力と真意は不透明だ

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    トランプ、北朝鮮の「完全破壊」を警告 初の国連演説で

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    北朝鮮暴走に対する中国の見解――環球時報社説から

  • 5

    日本が急接近するインドが「対中国」で頼りにならな…

  • 6

    セレーナ・ゴメスに腎臓をあげた親友に考えられる健…

  • 7

    年内にも発売されるセックスロボット、英研究者が禁…

  • 8

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

  • 9

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 10

    AV強要の実態に、胸を締めつけられ、そして驚かされる

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 3

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密演説

  • 4

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 5

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 6

    AV強要の実態に、胸を締めつけられ、そして驚かされる

  • 7

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 8

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 9

    中国は北朝鮮に侵攻して核兵器を差し押さえるか?

  • 10

    自転車シェアリングが中国で成功し、日本で失敗する…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 4

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 5

    北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

  • 6

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

  • 7

    イルカの赤ちゃんはなぶり殺しだった

  • 8

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 9

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 10

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ザ・サークル」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月