最新記事

ルポ

難民たちを待つ厳冬の試練

Come Hell or High Water

高波、凍死のリスク、劣悪な収容態勢──寒さが本格化する今、それでも欧州を目指すわけ

2015年11月25日(水)16時30分
ミレン・ジッダ

寒空の下で マケドニアへの入国許可証が出るのを待つ難民たち Ognen Teofilovski-REUTERS

 実に大胆な決断だ。オミード・ファテヒカラジョと妻のナデレ、10歳になる娘のワニアは数日後、ギリシャを目指してトルコの海岸を出発する。乗り込むのは、小さなゴムボートだ。

 ウェブカメラの向こうの夫妻に笑顔はない。オミードは通訳を介してこれまでの経緯を熱心に語り、妻が時折、口を挟む。ワニアはカメラを見て恥ずかしそうに笑い、こう言う。「(旅が)心配。ギリシャへ行くときが特に。海が荒れているから」

 一家はもともと、イランのクルディスタン州の州都サナンダジュで暮らしていた。だが3年以上前、オミードがクルド系政党との関係を理由に逮捕・拷問され、イラクのクルド人居住地区に避難した。そこにもイラン当局の手が伸び、今度はトルコ北西部の町エスキシェヒルへ。そこで1年7カ月を過ごした。

 冬の訪れで移動の危険が増す今、ヨーロッパ行きを決意したのは、もうトルコにはいられないからだという。

 クルド人であるオミード一家は、この国で人種差別にさらされている。最近も隣人に襲撃されたが、警察に通報しても逆にクルド人は出ていけと言われる始末。「一番大切なのは身の安全だ。(ヨーロッパの)冬が厳しいのは知っているが、ここで怯えて暮らすよりはいい」

 国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の報告によれば、先月、地中海を渡ってヨーロッパに到着した難民・移民の数は21万8394人に達した。2万3050人だった昨年10月と比べて、10倍近くに激増している。

 ヨーロッパに渡る難民の動向は昨年まで、季節に応じて変化していた。難民数が最も多いのは気候のいい夏で、冬になると減少する。だが今年は事情が違う。理由として挙げられるのが、移動ルートの変化だ。

 トルコからギリシャへ向かう難民の数は今や、北アフリカからイタリアを目指す人の約4倍に上る。トルコ・ギリシャルートの所要時間は最短で25分。冬のエーゲ海は激しい雨や高波に見舞われ、転覆の危険はあるものの、移動距離が短いため比較的安全だと考える難民は多い。

斡旋業者が冬季特別割引

 昨年は4万1000人ほどがたどったこのルートは、今年に入って人気が拡大した。「トルコからギリシャ、さらにバルカン半島を北上する移動路の出現は今年ならではの現象だ」と、UNHCRのエイドリアン・エドワーズ報道官は指摘する。

 原因の1つがシリア、イラク、アフガニスタンでの内戦や政情不安のさらなる悪化だ。ギリシャに到着した難民の93%が3カ国の出身。トルコにより近い場所に住む彼らにしてみれば、北アフリカ・イタリアルートをわざわざ選択する理由などない。

ニュース速報

ビジネス

米FRB、年内あと1回の利上げ理に適う=フィラデル

ビジネス

ECB総裁、政策微調整の可能性示唆

ワールド

メイ英政権は持続不可能、1年以内に再度総選挙=シテ

ビジネス

タカタ会長がエアバッグ問題を謝罪、株主救済「見込み

MAGAZINE

特集:安心なエアラインの選び方

2017-7・ 4号(6/27発売)

アメリカの航空会社で続発する乗客トラブル。トラブルを避け、快適な空の旅を楽しむ「新基準」とは

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」の証言

  • 2

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 3

    乗員7人死亡の米イージス駆逐艦、衝突前コンテナ船がライトで警告

  • 4

    中国シェア自転車「悪名高きマナー問題」が消えた理由

  • 5

    トランプが特別検察官ムラーを恐れる理由

  • 6

    東京都議選の候補者が、政策を訴えるビラを配れない…

  • 7

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 8

    健全財政という危険な観念

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    習近平、香港訪問――なぜ直前に劉暁波を仮釈放したの…

  • 1

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」の証言

  • 2

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍とおぼしき機影

  • 3

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 4

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 5

    中国シェア自転車「悪名高きマナー問題」が消えた理由

  • 6

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 7

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 8

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 9

    ロンドン高層住宅の火災、火元は米ワールプールの冷…

  • 10

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 4

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 5

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 6

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 7

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 8

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 9

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 10

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ファウンダー」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月