最新記事

メディア

仏週刊紙シャルリ・エブド、アメリカで注文殺到

Where To Buy Charlie Hebdo

テロの犠牲になったフランスの風刺週刊紙、米オークションサイトでは210ドルに高騰する人気

2015年1月14日(水)15時22分
バーバラ・ハーマン

 ニューヨークの書店に、先週銃撃テロに襲われたフランスの週刊風刺紙シャルリ・エブドを買いたいという注文が殺到している。マンハッタンのニューススタンド「ソーホー・ニュース・インターナショナル」は、今週発売になるテロ犠牲者12人への追悼特集号を店頭に並べたいと考えている。月曜1日だけで注文の電話が200件以上入っているからだ。

 同じくマンハッタンの「マガジン・カフェ」にも、テロ事件後、今までなかった問い合わせが突然入るようになった。1日で50〜70件、これまでに数百件の注文があったという。全米書店協会も、アメリカ各地の書店になんとかシャルリ・エブドを配本しようと奔走中だ。 

 シャルリ・エブドは最新号を300万部刷る予定だが、販売取次会社MPLの広報によると、さらに世界中から30万部の注文が入っている。そのため世界のメディアセンターであるニューヨークの書店でさえ、いつ入手できるか分からないのが現状だ。ニューヨークでこの雑誌が見られるのは、フランス語の書籍を扱うアルバティーン書店とフランス領事館の2カ所だけだという。

 シャルリ・エブドの風刺漫画は今や「表現の自由」の象徴として世界中の関心を集めている。なかでも関心の的は、イスラム教の預言者ムハンマドを皮肉ったことだろう。

 アメリカでの発売を待ちきれない人には、いつでもオークションサイトのイーベイがある。今週発売の最新号にはイーベイのオークションで1冊210ドルの値段が付いていた。13日時点でこの出品者は既に70冊を売り、31人のユーザーがウォッチリストに登録。1時間あたり40人以上がページをチェックしていた。

ニュース速報

ワールド

トランプ氏、国土安保長官に元南方軍司令官ケリー氏指

ワールド

トランプ次期米大統領「薬価引き下げる」、 具体案は

ビジネス

米国株式市場ではダウとS&Pが最高値更新、輸送株買

ビジネス

ドル下落、米国債利回り低下やFOMCめぐる思惑で=

MAGAZINE

特集:THE FUTURE OF WAR 未来の戦争

2016-12・13号(12/ 6発売)

AI、ドローン、ロボット兵士......進歩する軍事技術は 新時代の戦場と戦闘の姿をここまで変える

人気ランキング

  • 1

    マドンナ、トランプに投票した女性たちに「裏切られた」

  • 2

    トランプ、ボーイングへのエアフォース・ワンの注文取り消しを要請

  • 3

    民族大虐殺迫る南スーダン。国連安保理の武器禁輸措置決議になぜ日本は消極的なのか

  • 4

    ネパールの被災地に巣くう人身売買ビジネス

  • 5

    トランプが仕掛ける「台湾カード」 中国揺さぶりのも…

  • 6

    スー・チーにも見捨てられた?ミャンマーのロヒンギ…

  • 7

    安倍首相の真珠湾訪問は、発表のタイミングもベスト

  • 8

    インターポールも陥落、国際機関を囲い込む中国の思惑

  • 9

    「トランプとプーチンとポピュリストの枢軸」が来年…

  • 10

    人民元、関税、南シナ海──トランプの対中批判はどこ…

  • 1

    トランプ-蔡英文電話会談ショック「戦争はこうして始まる」

  • 2

    トランプ氏、ツイッターで中国批判 為替・南シナ海めぐり

  • 3

    マドンナ、トランプに投票した女性たちに「裏切られた」

  • 4

    イギリス空軍、日本派遣の戦闘機を南シナ海へ 20年…

  • 5

    「3.9+5.1=9.0」が、どうして減点になるのか?

  • 6

    内モンゴル自治区の民主化団体が東京で連帯組織を結…

  • 7

    インターポールも陥落、国際機関を囲い込む中国の思惑

  • 8

    トランプ、ボーイングへのエアフォース・ワンの注文…

  • 9

    東京は泊まりやすい? 一番の不満は「値段」じゃな…

  • 10

    新卒採用で人生が決まる、日本は「希望格差」の国

  • 1

    トランプファミリーの異常な「セレブ」生活

  • 2

    「トランプ勝利」世界に広がる驚き、嘆き、叫び

  • 3

    注目は午前10時のフロリダ、米大統領選の結果は何時に分かる?

  • 4

    68年ぶりの超特大スーパームーン、11月14日に:気に…

  • 5

    米大統領選、クリントンはまだ勝つ可能性がある──専…

  • 6

    トランプ勝利で日本はどうなる? 安保政策は発言通…

  • 7

    【敗戦の辞】トランプに完敗したメディアの「驕り」

  • 8

    安倍トランプ会談、トランプは本当に「信頼できる指…

  • 9

    トランプに熱狂する白人労働階級「ヒルビリー」の真実

  • 10

    「ハン・ソロとレイア姫」の不倫を女優本人が暴露

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「五輪に向けて…外国人の本音を聞く」
リクルート
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

『ハリー・ポッター』魔法と冒険の20年

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月