最新記事

メディア

仏週刊紙シャルリ・エブド、アメリカで注文殺到

Where To Buy Charlie Hebdo

テロの犠牲になったフランスの風刺週刊紙、米オークションサイトでは210ドルに高騰する人気

2015年1月14日(水)15時22分
バーバラ・ハーマン

 ニューヨークの書店に、先週銃撃テロに襲われたフランスの週刊風刺紙シャルリ・エブドを買いたいという注文が殺到している。マンハッタンのニューススタンド「ソーホー・ニュース・インターナショナル」は、今週発売になるテロ犠牲者12人への追悼特集号を店頭に並べたいと考えている。月曜1日だけで注文の電話が200件以上入っているからだ。

 同じくマンハッタンの「マガジン・カフェ」にも、テロ事件後、今までなかった問い合わせが突然入るようになった。1日で50〜70件、これまでに数百件の注文があったという。全米書店協会も、アメリカ各地の書店になんとかシャルリ・エブドを配本しようと奔走中だ。 

 シャルリ・エブドは最新号を300万部刷る予定だが、販売取次会社MPLの広報によると、さらに世界中から30万部の注文が入っている。そのため世界のメディアセンターであるニューヨークの書店でさえ、いつ入手できるか分からないのが現状だ。ニューヨークでこの雑誌が見られるのは、フランス語の書籍を扱うアルバティーン書店とフランス領事館の2カ所だけだという。

 シャルリ・エブドの風刺漫画は今や「表現の自由」の象徴として世界中の関心を集めている。なかでも関心の的は、イスラム教の預言者ムハンマドを皮肉ったことだろう。

 アメリカでの発売を待ちきれない人には、いつでもオークションサイトのイーベイがある。今週発売の最新号にはイーベイのオークションで1冊210ドルの値段が付いていた。13日時点でこの出品者は既に70冊を売り、31人のユーザーがウォッチリストに登録。1時間あたり40人以上がページをチェックしていた。

ニュース速報

ワールド

米政府の支援は不十分、ジカ熱対策でフロリダ州知事が

ビジネス

公取委、ファミリーマートに勧告 下請代金6.5億円

ワールド

イタリア中部地震、一夜明け死者数247人に急増

ビジネス

ドル100円半ば、イベント前に「煮詰まり感」広がる

MAGAZINE

特集:世界が期待するTOKYO

2016-8・30号(8/23発売)

リオ五輪の熱狂は4年後の東京大会へ── 世界は2020年のTOKYOに何を期待するのか

人気ランキング

  • 1

    オリンピック最大の敗者は開催都市

  • 2

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 3

    イタリア中部地震で37人死亡、市長「生き物の気配がしない」

  • 4

    イタリア中部地震、死者少なくとも159人 多くは休暇シーズンの観光客か

  • 5

    イタリア中部M6.2の地震で少なくとも6人死亡、建物損壊で住民が下敷きに

  • 6

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    自衛隊、安保法制に基づく駆け付け警護など「集団的自衛権」の訓練開始

  • 9

    氷河を堰き止めている棚氷が崩壊の危機

  • 10

    リオ五輪閉幕、ブラジルを待ち構える厳しい現実

  • 1

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 2

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 3

    競泳金メダリストの強盗被害は器物損壊をごまかす狂言だった

  • 4

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 5

    オリンピック最大の敗者は開催都市

  • 6

    リオ五輪、英国のメダルラッシュが炙りだしたエリートスポーツの光と影

  • 7

    「ドーピング」に首まで浸かった中国という国家

  • 8

    リオ五輪でプロポーズが大流行 「ロマンチック」か「女性蔑視」か

  • 9

    中国を捨てて、いざ「イスラム国」へ

  • 10

    希望のない最小の島国ナウルの全人口をオーストラリアに移住させる計画はなぜ頓挫したか

  • 1

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 2

    中国衝撃、尖閣漁船衝突

  • 3

    戦死したイスラム系米兵の両親が、トランプに突きつけた「アメリカの本質」

  • 4

    日銀は死んだ

  • 5

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 6

    【原爆投下】トルーマンの孫が語る謝罪と責任の意味(前編)

  • 7

    トランプには「吐き気がする」──オランド仏大統領

  • 8

    イチロー3000本安打がアメリカで絶賛される理由

  • 9

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 10

    競泳金メダリストの強盗被害は器物損壊をごまかす狂言だった

 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
Newsweek特別試写会2016初秋「ハドソン川の奇跡
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

芸人も真っ青? 冗談だらけのトランプ劇場

小幡 績

日銀は死んだ

STORIES ARCHIVE

  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月