最新記事

シリア

増殖し複雑化し続ける対テロ戦争の敵

Syria

アメリカが始めた新しい戦争は、アサド政権に漁夫の利を与えただけかもしれない

2014年10月3日(金)12時38分
ウィリアム・ドブソン(本誌コラムニスト)

 アメリカがまた新しい戦争を始めた。今度の敵はイスラム教スンニ派テロ組織ISIS(自称イスラム国、別名ISIL)。開戦第1夜、米軍と有志連合軍による空からの攻撃は3波に及び、シリア国内にあるISISの拠点や訓練施設、物資等の供給路を攻撃した。

 だがアメリカは空爆の初めに、別な相手にも攻撃を加えていた。シリア北部アレッポ郊外の2カ所に、駆逐艦から巡航ミサイルを撃ち込んだのだ。

 標的は「ホラサン・グループ」と呼ばれるテロリスト集団だ。やはりイスラム過激派だが、小規模で知名度も低い。アメリカ政府当局が初めてこの集団に言及したのは、つい1週間ほど前のことだ。

 当局によれば、ホラサン・グループを構成するのは国際テロ組織アルカイダに所属し、アフガニスタンとパキスタンで経験を積んだ戦闘員たち。アルカイダ最高幹部のアイマン・アル・ザワヒリは彼らをシリアに送り込み、新たな戦闘員の調達や訓練、そして戦力の強化を狙っているという。内戦下のシリアは事実上の無政府状態にあるから、こうした武装勢力が活動するには理想的な環境と言える。

 しかも、ホラサンの真の任務はアメリカ本土や欧州諸国に対するテロ攻撃だという。構成員は50人程度だが、イエメンのアルカイダ系組織に属する爆弾作りのプロと合流し、爆弾製造技術を磨いてきたとされる。

 そのホラサンが攻撃を実行する段階に近づいたという情報を、アメリカ政府はつかんだ。だから、急いで拠点をたたく必要が生じたわけだ。

 アメリカはISIS壊滅作戦を強化する一方、「対テロ戦争」の当初の敵アルカイダが生み出した組織にも攻撃を加えたことになる。テロとの戦いはますます多面的になってきた。血みどろの内戦と事実上の無政府状態という不安定な環境(シリアだけでなく、アフリカやアジアの一部にもある)は、イスラム過激派の増殖に最適なのだ。

ニュース速報

ビジネス

中国、鉄鋼生産能力の削減に向け追加金融支援へ

ワールド

クリントン元米大統領が応援演説「ヒラリーは世の中変

ビジネス

日経平均は4日ぶり反発、一時438円高 経済対策の

ビジネス

ドル105円半ば、経済対策の関連報道で乱高下

MAGAZINE

特集:世界を虜にするポケモンGO

2016-8・ 2号(7/26発売)

世界中で始まったポケモンGOの大ブレイク──。屋外型「カワイイ」ゲームの騒動は社会に何をもたらすか

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム
  • ニュース速報
  1. 1

    もし第3次世界大戦が起こったら

  2. 2

    ハーバードが絶賛する「日本」を私たちはまだ知らない

  3. 3

    沖ノ鳥島問題で露呈した日本と中国の共通点

    台湾の漁船拿捕をきっかけに「島か岩か」問題が再…

  4. 4

    数学の「できない子」を強制的に生み出す日本の教育

  5. 5

    ISIS処刑部隊「ビートルズ」最後の1人、特定される

  6. 6

    日本軍と共謀した毛沢東を、中国人はどう受け止めたか?

  7. 7

    米軍は5年前、女性兵だけの特殊部隊をアフガンに投入していた

  8. 8

    英EU離脱に憤る若者たち: でも実は若年層は投票しなかった世代

  9. 9

    ISISはなぜトルコを狙うのか

  10. 10

    英政界にまた衝撃、ボリス・ジョンソンの代わりにこの男??

  1. 1

    レイプ写真を綿々とシェアするデジタル・ネイティブ世代の闇

    ここ最近、読んでいるだけで、腹の底から怒りと…

  2. 2

    共和党と民主党どこが違う

    米大統領選挙は共和党、民主党いずれも党大会を…

  3. 3

    よみがえった「サウジがポケモンを禁止」報道

    <「ポケモンはハラーム」との記事が日本のニュースサ…

  4. 4

    嫌韓デモの現場で見た日本の底力

    今週のコラムニスト:レジス・アルノー 〔7月…

  5. 5

    中国の「反日暴動」がアメリカでほとんど報道されない理由とは?

    先週末から今週はじめにかけて、中国の各地では…

  6. 6

    英国EU離脱は、英国の終わり、欧州の衰退、世界の停滞をもたらす

    英国の国民投票は、EU離脱支持が残留支持を上回り…

  7. 7

    スマホが人間をダメにする

    インターネット時代、スマートフォン時代になっ…

  8. 8

    ジャーナリストが仕事として成り立たない日本

    <トラック運転手をして取材資金を貯めるという桜木武…

  9. 9

    英国EU離脱。しかし、問題は、移民からロボティックスへ

    <世界一のグローバル都市へと成長し、移民が急増した…

  10. 10

    「ブレグジット後悔」論のまやかし

    <ブレグジットの国民投票以降、「EU離脱に投票…

  1. 1

    テスラ車死亡事故、自動運転中にDVD鑑賞の可能性

    米電気自動車(EV)メーカー、テスラ・モータ…

  2. 2

    バングラデシュで襲撃の武装集団鎮圧、外国人ら20人殺害

    バングラデシュの首都ダッカで1日夜、レストラ…

  3. 3

    バングラ事件、邦人7人含む20人死亡 安倍首相「痛恨の極み」 

    バングラデシュの首都ダッカで1日夜、レストラ…

  4. 4

    豪下院選は大接戦、結果判明5日以降に 「宙づり議会」の可能性

    2日に投票が行われた豪総選挙の下院選は、ター…

  5. 5

    バングラデシュ人質事件、日本人は1人救出 7人安否不明

    バングラデシュの首都ダッカのレストランで1日…

  6. 6

    クリントン氏優勢 トランプ氏と差は縮小=米大統領選調査

    ロイター/イプソスが実施した米大統領選の候補…

  7. 7

    バングラデシュ人質事件で日本人7人の死亡確認=菅官房長官

    菅義偉官房長官は2日午後11時半過ぎに会見し…

  8. 8

    邦人犠牲者は20代から80代の男女、菅官房長官「断固として非難」

    菅義偉官房長官は3日午前の記者会見で、日本人…

  9. 9

    イラク首都の爆弾攻撃で約120人死亡、ISISが犯行声明

    イラクの首都バグダッドで3日未明、2回の爆発…

  10. 10

    日本の改正児童福祉法、施設暮らしの子ども救うか

    金属の柵で囲まれた小児用ベッドに寝かされた赤…

 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
リクルート
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

芸人もツッコめない? 巧みすぎる安倍流選挙大作戦

STORIES ARCHIVE

  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月