最新記事

環境

地球の未来を左右する永久凍土

Permafrost and Climate Change: Self-perpetuating Issue

COP18が警告。温暖化で溶けだした永久凍土が放出する二酸化炭素がさらに温暖化を加速させるメカニズム

2012年11月28日(水)15時26分
アレクサンダー・ベサント

 永久凍土の溶解は気候変動を加速させ、温暖化問題を永続的なものにするかもしれない。国連環境計画(UNEP)が今週発表した報告書で警鐘を鳴らした。

 永久凍土の下にある有機物には、空気中の2倍の二酸化炭素が含まれている。永久凍土の溶解が進んで有機物が腐敗し始めると、二酸化炭素が生成されて空気中に放出され、気候変動が加速されるというわけだ。

 UNEPによれば、この永久凍土の問題は深刻度を増している。だがその影響は現在の気候変動予測モデルでは、変動要因の一つとして考慮されていないという。

 永久凍土の溶解は以前は夏季だけに見られた現象だったが、現在は冬季にも見られ、最大で深さ約3メートルまで溶け出していると言われる。

争点は京都議定書の延長

「永久凍土は地球の未来を左右する問題だ。凍っている有機物が溶けて空気中に放出されると、地球温暖化を増幅させるだろう」と、UNEPのアヒム・シュタイナー事務局長は声明を出した。

 報告書はカタールのドーハで開催中の気候変動枠組み条約第18回締約国会議(COP18)の2日目に公表された。同会議では京都議定書の延長などについて交渉されているが、日本やカナダなどの先進国は延長に反対。白熱した交渉が続いている。

 最初から京都議定書に参加していないアメリカは、温暖化の影響とも指摘される巨大ハリケーン「サンディ」に襲われたばかりだ。サンディは米東海岸に甚大な被害をもたらし、経済的損失も計り知れない。

 国連は永久凍土の問題に関し、各国に監視体制を整えるよう求めた。

From GlobalPost.com特約

ニュース速報

ビジネス

新フラン復活、通貨切り下げにはつながらない=仏極右

ビジネス

ベステアー欧州委員が29日に会見、英独取引所の合併

ビジネス

実行計画は最初の一歩、法案成立せねば画餅に=働き方

ビジネス

収益力・市場リスクで「ターゲット考査」、アパート融

MAGAZINE

特集:フランス大統領選 ルペンの危険度

2017-4・ 4号(3/28発売)

4月末のフランス大統領選で大躍進が見込まれる極右・国民戦線の女性党首ルペンが支持を広げる理由

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    肺にまさかの「造血」機能、米研究者が発見

  • 2

    トランプは張り子の虎、オバマケア廃止撤回までの最悪の一週間

  • 3

    韓国の次期「左派大統領」が進む道

  • 4

    東芝は悪くない

  • 5

    「日本の汚染食品」告発は誤報、中国官制メディアは…

  • 6

    米株急落、トランプ手腕を疑問視し始めたウォール街

  • 7

    韓国検察、朴前大統領の逮捕状を請求 有罪なら懲役4…

  • 8

    レギンスパンツで搭乗は不適切? ユナイテッド航空…

  • 9

    森友学園問題、中国でねじれ報道――「極右教育」籠池…

  • 10

    欧米でブームの「ヒュッゲ」で日本人も幸せになれる?

  • 1

    韓国セウォル号、沈没から1073日目で海上へ 引き揚げは最終段階

  • 2

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 3

    金正男殺害の容疑者は北朝鮮の秘密警察に逮捕されていた

  • 4

    サウジ国王が訪問を中止したモルディブが今注目され…

  • 5

    北朝鮮、ミサイル発射するも失敗 打ち上げ直後に空…

  • 6

    亡命ロシア下院議員ボロネンコフ、ウクライナで射殺

  • 7

    米ビール業界を襲うマリファナ「快進撃」

  • 8

    ロンドン襲撃テロ事件で死者4人・負傷40人 英首相「…

  • 9

    トランプは張り子の虎、オバマケア廃止撤回までの最…

  • 10

    「日本の汚染食品」告発は誤報、中国官制メディアは…

  • 1

    ウーバーはなぜシリコンバレー最悪の倒産になりかねないか

  • 2

    買い物を「わり算」で考えると貧乏になります

  • 3

    韓国セウォル号、沈没から1073日目で海上へ 引き揚げは最終段階

  • 4

    英女王「死去」の符牒は「ロンドン橋が落ちた」

  • 5

    金正男の長男ハンソル名乗る動画 身柄保全にオラン…

  • 6

    ISISが中国にテロ予告

  • 7

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 8

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 9

    スカーレット・ヨハンソンが明かしたイバンカ・トラ…

  • 10

    ウィリアム王子が公務をさぼって美女と大はしゃぎ、…

Hondaアコードの魅力

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

原子力緊急事態への対応力を向上
日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月