最新記事

中南米

メキシコの独占企業と貧困、暴力と戦う

An Interview With Enrique Peña Nieto

次期メキシコ大統領の最有力候補が語る「麻薬組織との戦争」と新経済ビジョン

2012年6月27日(水)16時10分
ラリー・ウェーマス

 最近の世論調査によると、7月1日投票のメキシコ大統領選は野党・制度的革命党(PRI)のエンリケ・ペーニャ・ニエト候補(45)が優勢だ。このまま行けば、かつて70年間の長期支配を続けたPRIにとって12年ぶりの政権復帰となる。

 だが前途には難題が待ち構えている。カルデロン現大統領が「麻薬組織との戦争」を宣言して以来、メキシコでは5年間で5万人が犠牲になった。選挙運動中のニエトに元本誌記者のラリー・ウェーマスが話を聞いた。

──大統領になったらどんな暴力対策を打ち出すのか。

 まず暴力事件を減らす。特に殺人、誘拐、ゆすりの撲滅に力を入れる必要がある。

──そのための方法は?

 何よりも連邦政府と州政府、自治体が戦略を共有することだ。(カルデロン政権は)犯罪組織の撲滅に力を入れてきたが、私は暴力の減少を優先課題にする。

 今までは州と連邦政府が張り合い、それぞれ勝手に動いていた。連邦政府は州との協力に消極的で、もっぱら連邦警察の強化にばかりカネを使ってきた。

 私も連邦警察の強化は続けるが、州警察も量と質の両面でテコ入れが必要だ。

──最も重視する政策は?

 国民の生活状況を変える必要がある。ポイントは経済成長と雇用機会の拡大だ。

──独占企業を解体せずにどうやって目標を実現するのか。

(独占企業の解体は)必ずやる。それが競争原理導入の第一歩だ。

──与党時代のPRIは独占企業を解体しなかった。

 やろうと努力はした。それに当時と今とでは状況が違う。現在のPRIには、メキシコ経済の成長に必要な改革を支持する社会の強力な後押しがある。

──(現与党の)国民行動党(PAN)は州知事に多くの権限を与えた。一方、与党時代のPRIは権力を独占していた。

 過去の連邦制は今とは違う。当時のメキシコはまだ民主主義が成熟していなかった。今では(民主的な)統治はメキシコの一部になっている。

 私が尊敬するフォックス前大統領は、年7%の成長を目標に掲げた。カルデロン現大統領は「私の政府は雇用をつくり出す政府だ」と言った。私の政府は経済成長と雇用創出の両方を目指す。

──では、メキシコ石油公社(ペメックス)への外資導入を認めるのか。

 ペメックスの経営は効率的な経営とは言い難い。もっと生産性を上げる必要がある。今こそ石油の探査と精製に民間の参入を認める改革のチャンスだ。

──民間の投資を認めれば、ペメックスの原油生産量が上がり、国庫が潤うと思うか。

 もちろん。05年の生産量は最大で日量340万バレルだったが、今は当時より100万バレル少ない。

──対米関係についてはどうか。

 アメリカ、メキシコ、カナダというNAFTA(北米自由貿易協定)参加国の経済統合を強化し、地域全体の生産性を向上させるために新たな協定が必要だ。今の世界は地域ブロックに分かれている。地域間の競争は、1国でやるより力を合わせてやるほうが有利だ。

──独占企業を抑え込み、自由競争を促進することは可能か。

 可能だ。現在の安定した経済状況を維持した上で、あらゆる分野で徹底的に競争を促す。独占企業と戦う規制当局の権限を拡大することも必要だ。

──貧困対策への取り組みは?

 カルデロン政権の6年間で貧困層は1200万人増え、今では6000万人近い。対策の1つは社会保障制度改革だ。今は国民の44%しか社会保障の恩恵を受けられない。私はそれを全国民に広げることを目指す。

© 2012, Slate

[2012年6月 6日号掲載]

ニュース速報

ビジネス

ドル111円付近で上値重い、引き続き米FBI前長官

ビジネス

日経平均は3日ぶり反落、米政治情勢・英爆発事件が重

ワールド

中国、北朝鮮に安保理決議違反やめるよう促す 「当事

ワールド

仏大統領、ロシア大統領と初会談へ 29日にパリで

MAGAZINE

特集:トランプの陰謀

2017-5・30号(5/23発売)

アメリカを再び揺るがす大統領側近たちの策謀──。「ロシアゲート」はウォーターゲート事件と同じ展開になるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    トランプ政権のスタッフが転職先を探し始めた

  • 2

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 3

    「最大で178万円」高騰する北朝鮮からの脱出費用

  • 4

    給食費未納の問題を「払わない=悪」で捉えるな

  • 5

    「折れない心」を持っている人には、信頼できる人間…

  • 6

    初外遊の憂鬱、トランプはアメリカ料理しか食べられ…

  • 7

    細菌の感染ルートを探るには、お札を追え!

  • 8

    プーチンを脅かす満身創痍の男

  • 9

    菅官房長官「共謀罪法案の人権報告書簡に抗議」 国連…

  • 10

    「やっちゃだめ」を全部やっちゃうトランプ大統領

  • 1

    ニクソンより深刻な罪を犯したトランプは辞任する

  • 2

    トヨタとホンダをまねた中国自動車メーカーが躍進!

  • 3

    初外遊の憂鬱、トランプはアメリカ料理しか食べられない!

  • 4

    トランプ、最高機密をロシア外相らに話して自慢

  • 5

    共和党はなぜトランプを見限らないのか

  • 6

    「これでトランプを終わらせる」マイケル・ムーアが…

  • 7

    習近平の顔に泥!--北朝鮮ミサイル、どの国への挑戦…

  • 8

    トランプ政権のスタッフが転職先を探し始めた

  • 9

    日本はAIIBに参加すべきではない--中国の巨大化に手…

  • 10

    トランプのエルサレム訪問に恐れおののくイスラエル

  • 1

    25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

  • 2

    ディズニーランド「ファストパス」で待ち時間は短くならない

  • 3

    ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメント拒否

  • 4

    北朝鮮ミサイル実験「失敗」の真相

  • 5

    北朝鮮ミサイル攻撃を警戒、日本で核シェルターの需…

  • 6

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 7

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 8

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 9

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 10

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月