最新記事

イタリア

債務危機とカーセックスの切実な因果関係

Car Sex Making a Comeback

星空の下に停めた車で愛し合う――イタリアにカーセックスが戻ってきたよんどころなき事情とは

2012年2月1日(水)15時24分
イバ・スコッチ

 イタリアでは車にはロマンスが付き物だった。「バンボッチョーネ」(親と同居する独身者)が社会現象となってからは、その傾向がますます強まった。カーセックスを発明したのはイタリア人ではないが、それを完成させたのはイタリア人、正確に言えばナポリのようなイタリア南部に住む人々だ。

 ナポリでカーセックスといえば、昔からマンツォーニ通りに決まっている。この通りに人々が集まるようになったのは、1958年にイタリアで売春宿が違法とされて以降のことだ。今の中高年世代は、ナポリ中の男女がここに車を停め、星空の下で愛し合っていたことを懐かしく思い出す。たいていは小さなフィアットで、シフトレバーが邪魔するのに腹を立てながら――。

 恋の楽しみにふける人々目当てに、通りには小さな物売りの店がズラッと並んだ。仮設の屋台では窓を覆うための古新聞とセロハンテープや、禁制品だったマルボロのタバコ、海賊版の音楽カセット、気分を盛り上げるためのコーヒーリキュールなどが売られていた。

3分の2が親と同居の辛さ

 取り締まりが厳しくなったおかげで一時は下火になったが、最近またマンツォーニ通りに車を止める人々が増えてきた。それにはもっともな理由がある。経済危機のおかげで現在、35歳以下の失業率は30%以上。そのせいもあって18〜34歳のイタリア人の半数以上が親と同居しているが、ナポリではその割合は3分の2を越える。彼らがちょっとしたプライベートな時間を過ごそうとしたら、車に閉じこもるしかない。

 もっとも数十年前のカーセックスの様子を覚えている人々は、今の若者のやり方を完全に見下している。フラットシート? スモークガラス? エンジンを切ってもステレオや暖房が使える? なんて女々しいんだ......。

 しかしマンツォーニ通りをよく知る30歳のリノによれば、現代のカーセックスも窮屈さに変わりはない。いくらフラットシートにしても、「シフトレバーはやっぱり悩みの種だよ」

GlobalPost.com特約

ニュース速報

ワールド

米大統領選のTV討論会、過去最高の1億人が視聴か

ワールド

北朝鮮の国連加盟資格、見直すべき=韓国外相

ビジネス

デンマーク海運大手マースク、競合勢買収に意欲=会長

ワールド

英国のEU離脱交渉、2年かからない可能性=ジョンソ

MAGAZINE

特集:プーチンの世界戦略

2016-9・27号(9/21発売)

シリア内戦からアメリカ大統領選まで世界を翻弄する「最強の独裁者」の世界観

人気ランキング

  • 1

    エジプトの過激派にナチスからの地雷の贈り物

  • 2

    クルーニー夫妻、虐殺でISISを告発。「覚悟はできている」

  • 3

    安楽死が合法的でなければ、私はとうに自殺していた

  • 4

    ヨーロッパを追われアメリカに逃れるロマの人々

  • 5

    米大統領選のテレビ討論会、過去最高の1億人が視聴か

  • 6

  • 7

    こんな人は、モン・サン=ミシェルに行ってはいけない

  • 8

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 9

    中国機内誌が差別的記述、撤回しても消せない傍若無人ぶり

  • 10

    トランプ当選の可能性はもうゼロではない

  • 1

    クルーニー夫妻、虐殺でISISを告発。「覚悟はできている」

  • 2

    X JAPANのYOSHIKI、ニューヨークでコンサートを行うと発表

  • 3

    伊でリベンジポルノの被害者自殺、レイプ拡散など相次ぐネットの性暴力

  • 4

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 5

    イギリス戦闘機が10月に日本を訪問、自衛隊と共同訓練

  • 6

    ニューヨークのマンハッタンで大爆発、29人負傷 当局「テロとの関連不明」

  • 7

    安楽死が合法的でなければ、私はとうに自殺していた

  • 8

    若者がクルマを買わなくなった原因は、ライフスタイルの変化より断然「お金」

  • 9

    中国機内誌が差別的記述、撤回しても消せない傍若無人ぶり

  • 10

    家事をやらない日本の高齢男性を襲う熟年離婚の悲劇

  • 1

    金正恩「公式行事での姿勢が悪い」と副首相を処刑

  • 2

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 3

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 4

    クルーニー夫妻、虐殺でISISを告発。「覚悟はできている」

  • 5

    改めて今、福原愛が中国人に愛されている理由を分析する

  • 6

    蓮舫氏へ、同じ「元・中国人、現・日本人」としての忠言

  • 7

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬犠牲に

  • 8

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と闘った教師たち

  • 9

    「スタバやアマゾンはソーセージ屋台1軒より納税額が少ない」オーストリア首相が猛批判

  • 10

    核攻撃の兆候があれば、韓国は平壌を焼き尽くす

 日本再発見 「東京のワンテーマ・ミュージアム」
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

芸人も真っ青? 冗談だらけのトランプ劇場

小幡 績

日銀は死んだ

STORIES ARCHIVE

  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月