最新記事

イタリア

債務危機とカーセックスの切実な因果関係

Car Sex Making a Comeback

星空の下に停めた車で愛し合う――イタリアにカーセックスが戻ってきたよんどころなき事情とは

2012年2月1日(水)15時24分
イバ・スコッチ

 イタリアでは車にはロマンスが付き物だった。「バンボッチョーネ」(親と同居する独身者)が社会現象となってからは、その傾向がますます強まった。カーセックスを発明したのはイタリア人ではないが、それを完成させたのはイタリア人、正確に言えばナポリのようなイタリア南部に住む人々だ。

 ナポリでカーセックスといえば、昔からマンツォーニ通りに決まっている。この通りに人々が集まるようになったのは、1958年にイタリアで売春宿が違法とされて以降のことだ。今の中高年世代は、ナポリ中の男女がここに車を停め、星空の下で愛し合っていたことを懐かしく思い出す。たいていは小さなフィアットで、シフトレバーが邪魔するのに腹を立てながら――。

 恋の楽しみにふける人々目当てに、通りには小さな物売りの店がズラッと並んだ。仮設の屋台では窓を覆うための古新聞とセロハンテープや、禁制品だったマルボロのタバコ、海賊版の音楽カセット、気分を盛り上げるためのコーヒーリキュールなどが売られていた。

3分の2が親と同居の辛さ

 取り締まりが厳しくなったおかげで一時は下火になったが、最近またマンツォーニ通りに車を止める人々が増えてきた。それにはもっともな理由がある。経済危機のおかげで現在、35歳以下の失業率は30%以上。そのせいもあって18〜34歳のイタリア人の半数以上が親と同居しているが、ナポリではその割合は3分の2を越える。彼らがちょっとしたプライベートな時間を過ごそうとしたら、車に閉じこもるしかない。

 もっとも数十年前のカーセックスの様子を覚えている人々は、今の若者のやり方を完全に見下している。フラットシート? スモークガラス? エンジンを切ってもステレオや暖房が使える? なんて女々しいんだ......。

 しかしマンツォーニ通りをよく知る30歳のリノによれば、現代のカーセックスも窮屈さに変わりはない。いくらフラットシートにしても、「シフトレバーはやっぱり悩みの種だよ」

GlobalPost.com特約

ニュース速報

ビジネス

米主要500社第3四半期、69社が利益悪化見通し=

ビジネス

8月米雇用統計などの指標に注目=今週の米株市場

ビジネス

ジャクソンホール会合、景気押し上げへ政府の対策必要

ビジネス

マイナス金利下限に「かなり距離」、量・質も緩和余地

MAGAZINE

特集:世界が期待するTOKYO

2016-8・30号(8/23発売)

リオ五輪の熱狂は4年後の東京大会へ── 世界は2020年のTOKYOに何を期待するのか

人気ランキング

  • 1

    日本の貧困は「オシャレで携帯も持っている」から見えにくい

  • 2

    マイナス金利「量・質とも緩和余地ある」黒田日銀総裁

  • 3

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 4

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 5

    日本のアフリカ市場出遅れ、問題は企業サイドに

  • 6

    アメリカ海軍、ペルシャ湾でイラン艦艇に警告射撃 2日連続で異常接近

  • 7

    ハードウェアも電力も使わずに動く、完全にソフトな「タコ型ロボット」

  • 8

    イタリア中部、地震活動地帯でも歴史建造物と財政難で対策遅れる

  • 9

    誘拐事件を繰り返し裕福な生活をしていた、アルゼンチン家族の闇

  • 10

    フィリピン、ドゥテルテ大統領就任後の7週間で麻薬絡みの殺人1800件に

  • 1

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 2

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 3

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 4

    オリンピック最大の敗者は開催都市

  • 5

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 6

    歯磨きから女性性器切除まで、世界の貧困解決のカギは「女性の自立」にある

  • 7

    NSAの天才ハッカー集団がハッキング被害、官製ハッキングツールが流出

  • 8

    イタリア中部地震、死者少なくとも159人 多くは休暇シーズンの観光客か

  • 9

    イタリア中部地震で37人死亡、市長「生き物の気配がしない」

  • 10

    日本の貧困は「オシャレで携帯も持っている」から見えにくい

  • 1

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 2

    中国衝撃、尖閣漁船衝突

  • 3

    戦死したイスラム系米兵の両親が、トランプに突きつけた「アメリカの本質」

  • 4

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 5

    日銀は死んだ

  • 6

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 7

    【原爆投下】トルーマンの孫が語る謝罪と責任の意味(前編)

  • 8

    トランプには「吐き気がする」──オランド仏大統領

  • 9

    イチロー3000本安打がアメリカで絶賛される理由

  • 10

    競泳金メダリストの強盗被害は器物損壊をごまかす狂言だった

 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

芸人も真っ青? 冗談だらけのトランプ劇場

小幡 績

日銀は死んだ

STORIES ARCHIVE

  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月