最新記事

中東和平

パレスチナ独立申請にイスラエルは戦々恐々

Israel Braces for New Terror

パレスチナの「独立国家」構想がまた失望に終われば、過激派ハマスのテロ攻撃が再び激しさを増す

2011年10月7日(金)15時31分
ノガ・ターノポルスキー

 8月中旬、エジプト国境に近いイスラエル南部のリゾート地で、武装集団によって8人が殺害された。イスラエル国防軍は、シナイ半島からテロ組織が侵入しつつあるという「確実な情報」を得ていると発表した。

 一方、パレスチナ自治政府のアッバス議長は9月の国連総会に合わせ、20日に独立国家の承認を国連に求めると表明している。だがパレスチナ人の独立への期待が高まったところで、また承認されなければ新たな蜂起を引き起こしかねない。

 イスラエル南部軍のズビ・フォーゲル元司令官は「緊張の時期に入った。今後はもっと悪化するはずだ」と懸念する。「パレスチナ自治政府と(イスラム原理主義)ハマスとの対立を見れば、そうなることが分かる」

 イスラエルにとって唯一の解決策はハマスの指導部に恐怖の一撃を与えることだろうと、フォーゲルは言う。彼は、レバノンのイスラム過激派ヒズボラを例に挙げ、ヒズボラはもはやイスラエルの北部国境から攻撃する力を失ったと語る。「(ヒズボラを率いる)ナスララは逃げ回っている。ハマスも同じ目に遭わせてやる。私たちを攻撃するより自分たちの生き残りだけで手いっぱいになるように」

GlobalPost.com特約

[2011年9月14日号掲載]

ニュース速報

ビジネス

米7月中古住宅販売3.2%減、予想を超える落ち込み

ビジネス

財務省、国債利払いの積算金利0.4%引き下げ=17

ビジネス

インタビュー:-ドイツ各行の預金手数料検討に理解=

ビジネス

日銀、成長支援目的のドル資金供給を10月に追加実施

MAGAZINE

特集:世界が期待するTOKYO

2016-8・30号(8/23発売)

リオ五輪の熱狂は4年後の東京大会へ── 世界は2020年のTOKYOに何を期待するのか

人気ランキング

  • 1

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 2

    オリンピック最大の敗者は開催都市

  • 3

    イタリア中部地震で37人死亡、市長「生き物の気配がしない」

  • 4

    イタリア中部M6.2の地震で少なくとも6人死亡、建物損壊で住民が下敷きに

  • 5

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 6

    氷河を堰き止めている棚氷が崩壊の危機

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    実情と乖離した日本の「共産主義礼賛」中国研究の破綻

  • 9

    自衛隊、安保法制に基づく駆け付け警護など「集団的自衛権」の訓練開始

  • 10

    テスラ、大容量充電池を発表 世界最高の加速力と航続距離500kmを実現

  • 1

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 2

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 3

    競泳金メダリストの強盗被害は器物損壊をごまかす狂言だった

  • 4

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 5

    オリンピック最大の敗者は開催都市

  • 6

    リオ五輪、英国のメダルラッシュが炙りだしたエリートスポーツの光と影

  • 7

    「ドーピング」に首まで浸かった中国という国家

  • 8

    リオ五輪でプロポーズが大流行 「ロマンチック」か「女性蔑視」か

  • 9

    希望のない最小の島国ナウルの全人口をオーストラリアに移住させる計画はなぜ頓挫したか

  • 10

    中国を捨てて、いざ「イスラム国」へ

  • 1

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 2

    中国衝撃、尖閣漁船衝突

  • 3

    戦死したイスラム系米兵の両親が、トランプに突きつけた「アメリカの本質」

  • 4

    日銀は死んだ

  • 5

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 6

    【原爆投下】トルーマンの孫が語る謝罪と責任の意味(前編)

  • 7

    トランプには「吐き気がする」──オランド仏大統領

  • 8

    イチロー3000本安打がアメリカで絶賛される理由

  • 9

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 10

    競泳金メダリストの強盗被害は器物損壊をごまかす狂言だった

 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
Newsweek特別試写会2016初秋「ハドソン川の奇跡
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

芸人も真っ青? 冗談だらけのトランプ劇場

小幡 績

日銀は死んだ

STORIES ARCHIVE

  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月