最新記事

アフリカ

スーダン「通貨戦争」が招く新たな対立

Another Sudan, Another New Currency

スーダンの新紙幣発行は、独立したばかりの南スーダンの旧紙幣を紙くずにする経済の宣戦布告?

2011年9月14日(水)12時52分
トリスタン・マコネル

 独立したばかりの南スーダンとスーダンの間で通貨戦争が勃発している。先月中旬に「南スーダン・ポンド」を流通させ始めた南スーダンに対抗し、スーダンが先週新紙幣を発行した。

 南スーダン政府の高官パガン・アマムは、南部の独立直後に北部が新紙幣を発行するのは協定違反だと主張。約7億ドル分の旧紙幣が紙くずと化すという。貧困にあえぐ南スーダンにとっては大打撃だ。

 アマムは、新紙幣の発行は「経済戦争を引き起こしかねない敵対的な行動だ」と、スーダンに強く警告した。

 この事態を受けて、スーダン中央銀行のバドラル・ディン・マフムード副総裁は緊張状態の打開に乗り出した。「スーダン経済を守るべく、あらゆる予防措置を取る。南スーダンに残っている旧紙幣に関しては、南北双方が納得のいく合意に至ることを期待する」と語った。

 だがアマムは、スーダン政府が南スーダンに対し、北側の石油パイプラインの使用料に関して、1バレル当たり約23ドル(石油価格の5分の1相当)を求めていることにも激怒。彼に言わせればスーダンは「強盗」同然だ。

GlobalPost.com特約

[2011年8月10日号掲載]

ニュース速報

ビジネス

18年の独経済成長率、2.2%に加速見通し=商工会

ビジネス

中国人民銀総裁、資産価格急落リスクを警戒 過度の楽

ビジネス

情報BOX:次のFRB議長は誰か、候補5人の強みと

ワールド

NZファースト党が労働党の新政権を支援、アーダーン

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え中国にも圧力か?

  • 3

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為が危ない流行?

  • 4

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 5

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 6

    石平「中国『崩壊』とは言ってない。予言したことも…

  • 7

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 8

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 9

    北朝鮮危機、ニクソン訪中に匹敵する米中合意の可能性

  • 10

    iPhoneはなぜ割れるのか?<iPhone 10周年>