最新記事

新興国

インドを悩ます食料インフレの危険な構造

India Faces Continued Food Price Woes

経済成長率が低迷する一方で食料の価格高騰が続くインドだが、政府も中央銀行も対処できない理由

2011年9月5日(月)13時18分
ジェーソン・オーバードーフ

 2011年度の成長率の見通しが8%台を下回ると予想され、「中国に次ぐ世界2番目の高成長国家」の評判が怪しくなりつつあるインド。その一方で食料価格のインフレ率は急騰し、8月には2桁の伸びを記録した。

 インドの英字紙ヒンドゥスタン・タイムズによれば、インド政府と中央銀行であるインド準備銀行は深刻なジレンマを抱えているようだ。インフレ率を抑えるために金融政策を変更すれば、経済が低迷しかねない。しかし通常の金融政策では、高騰する食料価格を抑えることなどできない。

 インド政府は、供給力を強化するために生活必需品の税率引き下げを検討することもできる。しかし、そうなれば必然的に税収が減り、財政赤字削減目標を狂わせることになりそうだ。

 プラナブ・ムカジー財務相は先週、現在のインフレ率は「気がかりだ」と語った。政府は生活必需品の供給力強化に向けた対策に踏み切ることにやぶさかではないと、暗に示唆した形だ。

貧困層が潤うと野菜が高くなる

 9月中に金融政策の第2四半期報告を発表する予定のインド準備銀行は、この16カ月間で金利を11回も引き上げてきた。それでもヒンドゥスタン・タイムズ紙によれば、10月に再び金利引き上げが行われるとみるエコノミストもいる。

 もっとも、現状はまだましだという見方もできる。食料価格のインフレ率は今年1月には18%を超えていたが、8月14〜20日の1週間では10%程度にとどまった。

 しかし、1月にグローバル・ポストが以下のように指摘した根本的な問題は今も残されたままだ。


 与党連合の統一進歩同盟は04年の1期目発足以来、「包括的成長」を推し進めては失敗を繰り返してきた。彼らのいう包括的成長とは、エリート層や中流層が富を増やすのと同時に、農村部の貧困も解消するというものだ。

 政府が採用したその場しのぎの対策は、マハトマ・ガンジー全国農村雇用保証制度(NREGS)などの社会保障事業。農村部の労働者に対して年間100日分の雇用機会を提供するものだ。

 しかしエコノミストたちの見方によれば、この制度はインフレを誘発し、特に牛乳や卵、野菜といった食料の価格上昇を招くだけ。所得が安定した貧困層がより良い食料を求めるようになり、需要と供給のバランスが崩れてしまうからだ。


GlobalPost.com 特約

ニュース速報

ワールド

北朝鮮局長「核保有は死活問題」、米国と協議計画せず

ワールド

焦点:中国の「バブル世代」、苦労知らずの若者が抱く

ワールド

アングル:中国バブル世代、若者が語る「夢と現実」

ビジネス

FRBトップにパウエル・テイラー両氏、トランプ氏が

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料まとめ・前編)

  • 2

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過激度

  • 3

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    「チョコレートは、あなたの脳力をブーストする」と…

  • 6

    【セックスロボット】数年以内に「初体験の相手」と…

  • 7

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と…

  • 8

    年内にも発売されるセックスロボット、英研究者が禁…

  • 9

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料ま…

  • 10

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料ま…

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 3

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過激度

  • 4

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料ま…

  • 5

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え…

  • 6

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 7

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 8

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 9

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為…

  • 10

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月