最新記事

結婚

金持ちに嫁ぐための「中国式」花嫁学校

Beijing School Instructs Chinese Girls On How To Marry Rich

富裕層急増の中国で、金持ちと結婚する仕方を指南する花嫁養成学校が人気

2011年7月20日(水)16時16分

 裕福な男性を捕まえましょう。願わくば億万長者、無理なら百万長者かそこそこの金持ちと結婚するワザ教えます──中国の北京で、こんな花嫁養成学校が人気を呼んでいる。

 学校の名は、女性道徳教育センター。30時間3000ドルのコースで、メイクできれいに見せる仕方から相手の顔の表情で嘘を見抜く方法まで、自分を魅力的に磨く技術を教えていると、ロイター通信は報じている。受講生はさらに、男性の性格を見抜くワザを学んだり(性格が重要ならの話しだが)、会話や中国茶の入れ方といった伝統的な作法も身につける。

 将来の伴侶を見つけたい裕福な独身男性は同校に連絡し、紹介手数料で最大3万元(約37万円)を支払う。これまでに30組がゴールインしたという。

 中国では富裕層はますます豊かになっていると伝えられる。中国の長者番付トップ400のリストに入る最低ラインは、2010年には資産3億ドルだったが、今では4億2500万ドルに上昇している。

 フォーブス誌による世界長者番付トップ100に中国人として今年初めてランクインしたのは、中国の検索大手「百度(バイドゥ)」の李彦宏(ロビン・リー)CEOだ。資産94億ドルで95位につけた。このフォーブス長者番付で、1210人のうち115人を中国本土の企業家が占めている。09年の28人から340%増え、2010年の64人から倍増だ。

 女性道徳教育センターの創設者シャオ・トンは、裕福な中間層が増えている中国で、女性に「目標を与えることで最高の自分」になれるよう手助けしているのだと、ロイターに語った。


 私たちは彼女たちの内面を育成し、潜在力を引き出そうとしているのです。ただ良い家庭の築き方や自分を成長させる方法を教えますと宣伝しても、多くの女性がそんなこと教えられなくてもできると感じ、わが校は相手にされないでしょう。だからもっと直球勝負に出ようと思いました。「お金持ちと結婚したくはない?」ってね。


GlobalPost.com特約

ニュース速報

ビジネス

日韓通貨スワップ協定の再開、財務相「韓国側から話出

ワールド

安倍首相、北朝鮮ミサイル発射を非難 「安全保障に重

ワールド

タイ南部のホテル付近で2回の爆発、1人死亡・30人

ワールド

アングル:五輪閉幕、ブラジルに立ちはだかる厳しい現

MAGAZINE

特集:世界が期待するTOKYO

2016-8・30号(8/23発売)

リオ五輪の熱狂は4年後の東京大会へ── 世界は2020年のTOKYOに何を期待するのか

人気ランキング

  • 1

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 2

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 3

    オリンピック最大の敗者は開催都市

  • 4

    実情と乖離した日本の「共産主義礼賛」中国研究の破綻

  • 5

    NSAの天才ハッカー集団がハッキング被害、官製ハッキングツールが流出

  • 6

    決死の亡命を果たした北朝鮮公使、韓国で約束される仕事と警護

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    北朝鮮外交官の亡命と「ドラゴンボール」の知られざる関係

  • 9

    「反安倍」運動に携わるシニア左翼の実態と彼らのSEALDs評

  • 10

    中国、NGO関係者への思想教育を強化 事実上の国外追放へ

  • 1

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 2

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 3

    競泳金メダリストの強盗被害は器物損壊をごまかす狂言だった

  • 4

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 5

    リオ五輪、英国のメダルラッシュが炙りだしたエリートスポーツの光と影

  • 6

    オリンピック最大の敗者は開催都市

  • 7

    「ドーピング」に首まで浸かった中国という国家

  • 8

    リオ五輪でプロポーズが大流行 「ロマンチック」か「女性蔑視」か

  • 9

    希望のない最小の島国ナウルの全人口をオーストラリアに移住させる計画はなぜ頓挫したか

  • 10

    中国衝撃、尖閣漁船衝突

  • 1

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 2

    中国衝撃、尖閣漁船衝突

  • 3

    戦死したイスラム系米兵の両親が、トランプに突きつけた「アメリカの本質」

  • 4

    日銀は死んだ

  • 5

    【原爆投下】トルーマンの孫が語る謝罪と責任の意味(前編)

  • 6

    トランプには「吐き気がする」──オランド仏大統領

  • 7

    イチロー3000本安打がアメリカで絶賛される理由

  • 8

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 9

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 10

    競泳金メダリストの強盗被害は器物損壊をごまかす狂言だった

 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
Newsweek特別試写会2016初秋「ハドソン川の奇跡
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

芸人も真っ青? 冗談だらけのトランプ劇場

小幡 績

日銀は死んだ

STORIES ARCHIVE

  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月