最新記事

ヨーロッパ

『ミレニアム』作家が遺した最強ヒロインと遺稿論争

Swede and Lowdown

全世界2100万部のベストセラー、映画も大ヒットのミステリー小説を生んだ作家スティーグ・ラーソンの早すぎる死

2009年12月16日(水)16時00分
ジョシュア・レバイン

 ストックホルムのフィスカルガタン9番地。土曜の午後になると、観光客のツアーがビルを取り巻く。ガイドの使う言葉は、あるときはスウェーデン語、あるときは英語、またあるときはフランス語。観光客の視線はビルの最上階に注がれる。みなさん、あそこがリスベット・サランデルの暮らすアパートです!

 どんなに目を凝らしても、我らがヒロインの姿が見えないことは、みんな知っている。天才的なハッキングの才能を駆使して社会の暗部を暴くサランデルは、ミステリー小説の中にしか生きていない。

 サランデルを生み出したとき、スティーグ・ラーソンは『ミレニアム』シリーズの成功を確信した。彼は04年初め、スウェーデンの出版社ノーステッツに『ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女』の原稿を持ち込んだ。結果は予想以上。出版社側はすぐに3部作の契約を結び、新人作家としては破格の前払い金を与えた。

 同年10月に開かれたフランクフルト・ブックフェアでは、翻訳権の熾烈な争奪戦が繰り広げられた。ラーソンの望みどおり、『ミレニアム』3部作は「老後の生活資金」をもたらしてくれそうだった。

 残念ながら、その金は不要だった。1カ月後、ラーソンが心臓発作で急死したからだ。まだ50歳で、『ミレニアム1』の出版も間に合わなかった。しかしラーソンの死後、世界で数千万人が『ミレニアム』シリーズを読んでいる。サランデルに魅了され、彼女が住んでいるという設定のアパートを訪れるファンは後を絶たない。

 「いま15人のガイドがいるが、増やすつもり」と、「ミレニアム・ツアー」を主催するストックホルム市立博物館のフィリッパ・ノルマンは言う。彼女は道端でただ建物を見上げている群集を目にして、ツアーの企画を思いついた。市観光局も「ミレニアム効果」に大きな期待を寄せている。

 人口約900万のスウェーデンで、『ミレニアム』3部作は計300万部売れた。版権は40カ国に売れ、世界で2000万部以上のベストセラーとなった。秋にロシアと中国で出版されれば、部数はさらに激増するだろう(3部作の邦訳はいずれも早川書房)。

ネオナチや極右と闘った記者時代

 映画化もブームに拍車をかける。今年春に封切られた映画版『ミレニアム1』は、ヨーロッパ各国で記録を塗り替えた。スペインでは5月に公開されると、トム・ハンクス主演の『天使と悪魔』から首位の座を奪った。「スウェーデン映画としては、とにかく記録づくめ」と、プロデューサーのセーレン・スタールモセは言う。

 これほどのパワーを作品にもたらしたのは、異色の探偵サランデルだ。彼女はミステリー小説に登場するどんなキャラクターにも似ていない。24歳だが14歳くらいにしか見えず、拒食症かと思えるほどやせっぽち。周囲とのコミュニケーションには問題を抱えるが、狙いをつけた情報はピンポイントで突き止める。

 ラーソンは、大好きな童話『長くつ下のピッピ』をヒントにした。もしピッピが大人になって、ねじれた社会と対決したら、どうなるだろう? こうして生まれたのが、誰よりも賢く、誰も信じず、独自の道徳観を貫くサランデルだった。「わが家の3人目の住人みたいだった」と、ラーソンのパートナーだったエバ・ガブリエルソンは言う。彼女がラーソンに出会ったのは、72年のベトナム反戦デモ。以来、彼の死まで生活をともにした。
「スティーグは、いつも夜通し書いてるの。朝になって私が目を覚ますと、『聞いてよ、サランデルがまたすごいことをやったよ!』って。三角関係みたいだった」

ニュース速報

ビジネス

NAFTA再交渉、来年まで妥結持ち越し 基本問題で

ワールド

北朝鮮、中国共産党大会に祝賀メッセージ

ビジネス

英首相がEU閣僚と夕食会、EUは一段の譲歩要求

ワールド

米政府、最終的な米朝直接対話の可能性を排除せず=国

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 2

    石平「中国『崩壊』とは言ってない。予言したこともない」

  • 3

    北朝鮮危機、ニクソン訪中に匹敵する米中合意の可能性

  • 4

    北朝鮮「国連加盟国、米の軍事行動に参加しない限り…

  • 5

    年内にも発売されるセックスロボット、英研究者が禁…

  • 6

    早わかり衆院選 主な争点別の各党の選挙公約

  • 7

    オーストリアで「世界最年少」首相誕生へ 31歳が唱…

  • 8

    トランプ「ユネスコ脱退」、習近平「高笑い」

  • 9

    トランプに代わってクリントンが大統領になる道はま…

  • 10

    ネズミ被害に悩むワシントンDC、ストリート仕込みの…

  • 1

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 2

    イージス艦事故の黒幕は北朝鮮か? 最強の軍艦の思わぬ弱点

  • 3

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 4

    自転車大国オランダ、信号機を消してみたら起きたこ…

  • 5

    通勤時間というムダをなくせば、ニッポンの生産性は…

  • 6

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 7

    北朝鮮の送電網を破壊する、韓国「ブラックアウト爆…

  • 8

    カズオ・イシグロの「信頼できない語り手」とは

  • 9

    北朝鮮の金正恩が愛する実妹ヨジョン 党中枢部入り…

  • 10

    北朝鮮がフィッシング攻撃、米電力会社が標的に

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    カンボジアで飼育されている巨大変異ブタ、安全なの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月