最新記事

ヨーロッパ

『ミレニアム』作家が遺した最強ヒロインと遺稿論争

Swede and Lowdown

全世界2100万部のベストセラー、映画も大ヒットのミステリー小説を生んだ作家スティーグ・ラーソンの早すぎる死

2009年12月16日(水)16時00分
ジョシュア・レバイン

 ストックホルムのフィスカルガタン9番地。土曜の午後になると、観光客のツアーがビルを取り巻く。ガイドの使う言葉は、あるときはスウェーデン語、あるときは英語、またあるときはフランス語。観光客の視線はビルの最上階に注がれる。みなさん、あそこがリスベット・サランデルの暮らすアパートです!

 どんなに目を凝らしても、我らがヒロインの姿が見えないことは、みんな知っている。天才的なハッキングの才能を駆使して社会の暗部を暴くサランデルは、ミステリー小説の中にしか生きていない。

 サランデルを生み出したとき、スティーグ・ラーソンは『ミレニアム』シリーズの成功を確信した。彼は04年初め、スウェーデンの出版社ノーステッツに『ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女』の原稿を持ち込んだ。結果は予想以上。出版社側はすぐに3部作の契約を結び、新人作家としては破格の前払い金を与えた。

 同年10月に開かれたフランクフルト・ブックフェアでは、翻訳権の熾烈な争奪戦が繰り広げられた。ラーソンの望みどおり、『ミレニアム』3部作は「老後の生活資金」をもたらしてくれそうだった。

 残念ながら、その金は不要だった。1カ月後、ラーソンが心臓発作で急死したからだ。まだ50歳で、『ミレニアム1』の出版も間に合わなかった。しかしラーソンの死後、世界で数千万人が『ミレニアム』シリーズを読んでいる。サランデルに魅了され、彼女が住んでいるという設定のアパートを訪れるファンは後を絶たない。

 「いま15人のガイドがいるが、増やすつもり」と、「ミレニアム・ツアー」を主催するストックホルム市立博物館のフィリッパ・ノルマンは言う。彼女は道端でただ建物を見上げている群集を目にして、ツアーの企画を思いついた。市観光局も「ミレニアム効果」に大きな期待を寄せている。

 人口約900万のスウェーデンで、『ミレニアム』3部作は計300万部売れた。版権は40カ国に売れ、世界で2000万部以上のベストセラーとなった。秋にロシアと中国で出版されれば、部数はさらに激増するだろう(3部作の邦訳はいずれも早川書房)。

ネオナチや極右と闘った記者時代

 映画化もブームに拍車をかける。今年春に封切られた映画版『ミレニアム1』は、ヨーロッパ各国で記録を塗り替えた。スペインでは5月に公開されると、トム・ハンクス主演の『天使と悪魔』から首位の座を奪った。「スウェーデン映画としては、とにかく記録づくめ」と、プロデューサーのセーレン・スタールモセは言う。

 これほどのパワーを作品にもたらしたのは、異色の探偵サランデルだ。彼女はミステリー小説に登場するどんなキャラクターにも似ていない。24歳だが14歳くらいにしか見えず、拒食症かと思えるほどやせっぽち。周囲とのコミュニケーションには問題を抱えるが、狙いをつけた情報はピンポイントで突き止める。

 ラーソンは、大好きな童話『長くつ下のピッピ』をヒントにした。もしピッピが大人になって、ねじれた社会と対決したら、どうなるだろう? こうして生まれたのが、誰よりも賢く、誰も信じず、独自の道徳観を貫くサランデルだった。「わが家の3人目の住人みたいだった」と、ラーソンのパートナーだったエバ・ガブリエルソンは言う。彼女がラーソンに出会ったのは、72年のベトナム反戦デモ。以来、彼の死まで生活をともにした。
「スティーグは、いつも夜通し書いてるの。朝になって私が目を覚ますと、『聞いてよ、サランデルがまたすごいことをやったよ!』って。三角関係みたいだった」

ニュース速報

ワールド

シリア、米警告で化学兵器封印か マティス国防長官が

ワールド

武装勢力が占拠の比マラウィ、頭切断された住民5人の

ビジネス

前場の日経平均は反発、米株高で買い戻し 7営業日ぶ

ビジネス

報道は事実に反する、責任とる必要ない=加計献金問題

MAGAZINE

特集:安心なエアラインの選び方

2017-7・ 4号(6/27発売)

アメリカの航空会社で続発する乗客トラブル。トラブルを避け、快適な空の旅を楽しむ「新基準」とは

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    アメリカで「最も憎まれる男」の所業とは?

  • 2

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」の証言

  • 3

    トランプが特別検察官ムラーを恐れる理由

  • 4

    米国はシリアでイスラーム国に代わる新たな「厄介者…

  • 5

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 6

    中国シェア自転車「悪名高きマナー問題」が消えた理由

  • 7

    地方学生が抱える奨学金ローンの破綻リスク

  • 8

    ベネズエラ、警察ヘリが最高裁と内務省を攻撃 大統…

  • 9

    東京都議選の候補者が、政策を訴えるビラを配れない…

  • 10

    シリア東部はアサドとイランのものにすればいいーー米…

  • 1

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」の証言

  • 2

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍とおぼしき機影

  • 3

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 4

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 5

    中国シェア自転車「悪名高きマナー問題」が消えた理由

  • 6

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 7

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 8

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 9

    ロンドン高層住宅の火災、火元は米ワールプールの冷…

  • 10

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 4

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 5

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 6

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 7

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 8

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 9

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 10

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月