スモール・ウォーズ・ジャーナル副編集長)"/>

最新記事

アフガニスタン

タリバン「ドミノ理論」の勘違い

The Domino Theory Returns

アフガニスタンの「タリバン化」が隣国パキスタンを崩壊させる──そんな理論は90年代の歴史を無視している

2009年8月10日(月)13時30分
ロバート・ハディック(スモール・ウォーズ・ジャーナル副編集長)

 なぜアメリカはアフガニスタンで戦争をしているのか。オバマ政権のアフガニスタンとパキスタンにおける政策によれば、作戦の目標は「アルカイダとその安全な避難場所を崩壊、壊滅させて勝利すること」だ。

 しかし、外交評議会の上級研究員で国防省防衛政策委員会の新メンバー、スティーブン・ビドルに言わせれば、もっと重要な理由がある。それは、タリバンの支配がパキスタンに及ぶのを食い止めることだ。 この「21世紀版ドミノ理論」は、共産主義勢力が周辺国に拡大すると主張して反共政策を推し進めた60年代当時よりも、理にかなっているのだろうか。

 ビルトはアメリカン・インタレスト誌でこう主張している。


 タリバンが再びアフガニスタンを掌握すれば、国家の力を利用して世俗国家のパキスタンを不安定化させるだろう。そうなれば、パキスタン崩壊のリスクは高まる。パキスタンにあるタリバンの拠点はアフガニスタン政府にとって脅威だと専門家はよく指摘するが、実際は双方にとって危険な存在だ。アフガニスタンが不安定化すれば、パキスタンの文民政府に深刻な脅威をもたらすことになる。これこそ、アメリカがアフガニスタンに介入する最大で唯一の目的だ。パキスタンの政情不安が悪化するのを食い止め、アルカイダが「核武装の聖域」を築く危険性を阻止するのだ。


 ビデルの論文の中身は概ね素晴らしいのだが、90年代の状況を忘れているようだ。タリバンは96~01年まで、パキスタン政府の後押しでアフガニスタンのほぼ全域を支配した。当時のパキスタンは、政治抗争や政府上層部の汚職、軍事クーデターなどで不安定な状態が続いていた。それでも、イスラム過激派がパキスタンを支配するという心配はまったくなかった。

米軍の作戦がタリバンをあおる皮肉

 ビデルの主張とは裏腹に、タリバンの支配するアフガニスタンが安全弁の役割を果たし、パキスタンがイスラム主義の圧力に屈するのを防いだと言えなくもない。アフガニスタンとパキスタンのタリバンは2つの異なった勢力だが、アフガニスタンにおけるアメリカの軍事行動がパキスタン国内でのタリバンの活動を煽った可能性はある。アメリカの対アフガニスタン政策が、パキスタンの政情不安のリスクを低めるどころか高めているのかもしれないのだ。

 これは、パキスタンの情報機関・軍統合情報局(ISI)の見方とも合致する。ISIは7月21日、ニューヨーク・タイムズ紙の記者たちを招いて、2時間にわたるブリーフィングを行った。その中で、米海兵隊が7月初旬にアフガニスタン南部ヘルマンド州で行った大規模なタリバン掃討作戦に異議を唱えた。彼らが恐れているのは、タリバンの戦闘員が国境を越えてパキスタンのバルチスタンへ逃げ込み、同地を不安定化することだ。

 アフガニスタンでのNATO(北大西洋条約機構)軍の活動を中止せよと言っているわけではない。アフガニスタンに安定した自治をもたらす可能性が少しでもあるのなら、戦う価値はある。ビデルも書いているように、アメリカの行動に関係なく、さまざまな理由でパキスタンが崩壊する可能性はある。アフガニスタンの情勢を監視したり、テロリストやその資産を封じ込めるためには、長期的な軍の駐留は必要かも知れない。

 ビデルも指摘しているが、オバマ政権がアフガニスタンでの軍事行動に国民の支持を獲得し続けるのは容易ではない。ドミノ理論は引き合いに出さないほうが賢明だ。


Reprinted with permission from FP, 5/8/2009. © 2009 by Washingtonpost.Newsweek Interactive, LLC.

ニュース速報

ワールド

北朝鮮局長「核保有は死活問題」、米国と協議計画せず

ワールド

焦点:中国の「バブル世代」、苦労知らずの若者が抱く

ワールド

アングル:中国バブル世代、若者が語る「夢と現実」

ビジネス

FRBトップにパウエル・テイラー両氏、トランプ氏が

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過激度

  • 2

    「新時代の中国」は世界の人権を踏みにじる

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    トランプの強気が招く偶発的核戦争

  • 5

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 6

    【セックスロボット】数年以内に「初体験の相手」と…

  • 7

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と…

  • 8

    北朝鮮、オーストラリア議会などに書簡「米国からの…

  • 9

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 10

    ケリー首席補佐官が初会見で語った、北朝鮮とトランプ

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 3

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え中国にも圧力か?

  • 4

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 5

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 6

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為…

  • 7

    石平「中国『崩壊』とは言ってない。予言したことも…

  • 8

    自分を捨てた父親を探したら、殺人鬼だった

  • 9

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 10

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月