最新記事

ビジネス

ジュエリー界が注目! 世界最大手がミレニアル向けで勝負に

2018年6月8日(金)16時30分
松岡由希子

写真はイメージです。VichienPetchmai-iStock

<世界最大手のダイヤモンド専門企業、デビアスグループは、長年、合成ダイヤモンドを素材とするジュエリーブランドの立ち上げに消極的な姿勢を示してきたが、今回の大幅な方針変更を決定。ジュエリー業界を中心に注目を集めている>

"ダイヤモンドは永遠の輝き"というスローガンで知られるダイヤモンドの採掘・流通・加工・卸売の世界最大手デビアスグループは、2018年5月29日、合成ダイヤモンドを使ったジュエリーブランドを手がける新会社「ライトボックス・ジュエリー」を設立した。

2018年9月には、「ライトボックス」というブランド名のもと、天然ダイヤモンドをベースとした既存ブランド「デビアス」よりも安価なファッションジュエリーを米国で販売開始する。

デビアスグループでは、長年、合成ダイヤモンドを素材とするジュエリーブランドの立ち上げに消極的な姿勢を示してきたことから、今回の大幅な方針変更に対して、ジュエリー業界を中心に注目を集めている。

天然ダイヤモンドは、地下の高温・高圧な環境で生成される

ダイヤモンドは、炭素原子が高温かつ高圧の環境で互いに結合し、結晶化がすすむことによって生成される天然で最も硬い物質だ。ダイヤモンドの結晶の内部の原子はまったく同質ものであり、かつ、完全に規則的な配列でなければならないが、炭素原子は、炭素原子同士よりも、酸素や水素などの他の原子と結合しやすいため、完璧な結晶を形成するのはたやすいことではなく、地表でこの現象が自然に起こることはない。

天然ダイヤモンドは、地下100マイル(約161キロメートル)ほどの深さにある高温かつ高圧な上部マントルで、そのための要素と環境が整ってはじめて生成される。

1954年、米ゼネラル・エレクトリック(GE)の研究チームが炭素からダイヤモンドを人工的に生成する機械の開発に成功し、1950年代後半以降、合成ダイヤモンドは、切削工具や研磨材などに広く用いられるようになった。

デビアスグループ傘下の「エレメント・シックス」でも、1960年に南アフリカ共和国で合成ダイヤモンドの量産を開始して以来、50年以上にわたって、合成ダイヤモンドの開発・製造に取り組んできた。

とりわけ、大気圧よりも低い圧力で安定させた真空チェンバーでメタンと水素との加熱化合物から炭素を堆積させ、ダイヤモンドに生成する「化学気相蒸着(CVD)法」を活用した、純度の高い合成ダイヤモンドの製造に強みを持っている。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

イラン、ロシアへの弾道ミサイル提供疑惑を否定 「国

ワールド

イスラエル入植活動は「国際法違反」、米バイデン政権

ワールド

スイス、ウクライナ和平会議を夏までに開催 国連総会

ワールド

年内利下げ、適切な公算 単月の好調データで軌道変わ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    対戦車ミサイルがロシア兵に直撃...衝撃映像に「プロの仕事」「費用対効果が...」と反応さまざま

  • 3

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を受け、炎上・爆発するロシア軍T-90M戦車...映像を公開

  • 4

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 5

    米大統領選、バイデンが撤退ならミシェル・オバマが…

  • 6

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 7

    元CIA諜報員がウクライナ支援を解き明かす、バイデン…

  • 8

    最新兵器が飛び交う現代の戦場でも「恐怖」は健在...…

  • 9

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 10

    「私はウクライナのラブドール」整形疑惑に反論のミ…

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」である理由

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑…

  • 6

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 10

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中