最新記事

サイエンス

高い知能をもつ「恐竜宇宙人」の謎

Dinosaurs from Space May Have Advanced Intelligence

アメリカの最新の化学論文が唱える地球外生命体の驚くべき正体とその根拠とは

2012年4月12日(木)17時51分
アレクサンダー・ベサント

 一般人の興味をそそるような科学論文はめったにない。

 米国化学会誌(JACS)に掲載されたコロンビア大学のロナルド・ブレスロウ教授の論文「前生物的な地球上のアミノ酸、糖、ヌクレオシドにおけるホモキラリティーの推定起源の証拠」はいかにも難解で、化学分野で博士号を持たない人にはちんぷんかんぷんに思える。

 だが論文は最後に論調が変わり、私たちの想像力をかき立てる。ブレスロウはほかの惑星に人類と同等、もしくはそれ以上の知能を持った生きた恐竜が存在するかもしれないと推測する。

 SF科学情報サイトiO9によれば、論文の最後は難解にこう始まる。「この研究から推測できるのは、宇宙のどこかにD-アミノ酸とL-糖が基になった生命体が存在する可能性があることだ。それには、該当の宇宙領域における円偏光のキラリティー(対掌性)や、地球に墜落した隕石に含まれるメチルアミノ酸が優位になる何らかの作用が関係する」

 ブレスロウ自身の言葉で翻訳しよう。「地球の哺乳類は、小惑星の衝突で恐竜が絶滅するという好運に恵まれた。そうでなければ、生き残るのは進化した恐竜のようなものになるはずだ。それは、人類が決して遭遇したくない類の生命体だ」

『スタートレック』の話もありうる?

 情報サイトのTGデイリーによれば、ブレスロウの論文はもっと重大な話題にも言及している。地球上のアミノ酸や糖、遺伝物質のDNAやRNA(リボ核酸)の分子構造はなぜたった一つの形状で、右手型・左手型の違いしかないのか、という謎についてだ。

 この謎は、生命そのものの起源にまで遡る。

 ブレスロウが賛同する理論の1つは、数十億年前に隕石が特定のアミノ酸を地球に「植え付けた」というものだ。

 したがって、スミソニアン誌電子版によれば、地球上の植物と動物の進化はそれぞれのアミノ酸の特性によって制限された可能性がある。

 つまり、ほかの惑星では、地球の生物と正反対の生化学的な順応が起きた可能性があるということだ。

 これは単なる推論だ。しかし『スタートレック』に登場する「恐竜から進化した宇宙人」を、荒唐無稽と一蹴することはもはやできなくなった。

GlobalPost.com特約

ニュース速報

ビジネス

カタルーニャ州議会選、独立賛成派が僅差で敗北へ=世

ビジネス

中国自動車販売、11月は前年比+0.7% 通年の伸

ビジネス

ECBの不良債権処理指針、導入は数カ月延期へ―ヌイ

ビジネス

フランス成長率予想、第4四半期は0.5%=中銀

MAGAZINE

特集:コロンビア大学特別講義 戦争の物語

2017-12・12号(12/ 5発売)

76年前の真珠湾攻撃は「奇襲」? 「だまし討ち」? 米コロンビア大の歴史学者が説く歴史と記憶の違いとは

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 2

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を甘く見た」ツケ

  • 3

    ティラーソンが去り、また軍人がやって来る

  • 4

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 5

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 6

    エルサレムをめぐるトランプ宣言の行方──意図せず招…

  • 7

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 8

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 9

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 10

    中国軍駐留で北朝鮮の非核化を

  • 1

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 2

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃しながら大喜びか

  • 3

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ起きるかだ」

  • 4

    「軍事衝突は近い。国防総省は在韓米軍の家族を退避…

  • 5

    2017年は中流でもビットコインを買える最後の年にな…

  • 6

    中国軍駐留で北朝鮮の非核化を

  • 7

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 8

    犬が「噛む」のはワケがある 

  • 9

    応急処置で肺に針を 北朝鮮亡命兵士、救出から6時間…

  • 10

    トランプが「エルサレム首都」認めれば中東は火薬庫…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 5

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 6

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 7

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 8

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 9

    「セックスしている子もいるけど私はしたくない」 …

  • 10

    「軍事衝突は近い。国防総省は在韓米軍の家族を退避…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月