最新記事

米大統領選

「テキサスの奇跡」その本当の理由

Why the Lone Star State Shines So Bright

テキサスが金融危機にも負けず過去5年間目覚しい成長を遂げたのは、必ずしも知事の手柄ではない

2011年10月5日(水)16時49分
アニー・ラウリー

 来年の米大統領選の共和党候補指名争いに名乗りを上げたテキサス州のリック・ペリー知事。彼は同州が過去5年で遂げた目覚ましい経済成長を「テキサスの奇跡」だと自慢している。

 同州は他の州より景気後退入りが遅かったにもかかわらず、抜け出したのは先だった。テキサスは景気後退終了後に新規雇用の40%を創出し、アメリカ全体の倍のペースで経済を成長させている。失業率は8.4%と高いが、ネバダ州(12.9%)やアリゾナ州(9.4%)よりは低い。「奇跡」とは言えないまでも、見事な成長ぶりだ。

 とはいえ、ペリーがそれを自分だけの手柄と主張するのは無理がある。経済は複雑なもので、それを完全に操れるほどの力は知事にはない。テキサス州の経済成長にはほかにも理由がある。

 第1に石油・天然ガス資源が豊富なこと。08年のガソリン価格高騰はアメリカの深刻な景気後退の要因になったが、豊かな石油資源を持つテキサス州など一部の州には恩恵をもたらした。さらにここ数年は技術の発達で増産が可能となり、石油・天然ガスは同州経済に年間3250億ドルをもたらしている。

 第2に、住宅金融を厳しく規制してきたことだ。テキサス州は長年、住宅所有者が持ち家を「打ち出の小づち」にすることを防ぐ取り組みを行ってきた。住宅を担保にした借り入れには上限が設定され、住宅ローンの借り換えにも規制がある。

 おかげで、同州には住宅バブルが起きなかった。差し押さえになる物件も比較的少なく、地元銀行の経営状態も健全だ。テキサス州民は他州の州民ほど債務を抱え込まずに済んだので消費支出も堅調。州経済の安定ぶりと比較的低い失業率の背景にはこうした事情がある。

 第3の要素は移民。極論すれば同州の経済成長は人口の増加によるものだ。州人口はこの10年で20%以上も増加。人口増による活発な消費が地元産業を支え、雇用創出につながっている。

 他の州はテキサスから何を学べるだろうか。もちろん、石油がなければ油田で経済を潤すわけにはいかない。移民を引き付けるような条件を人為的に整備するのも難しい。だが消費者を債務地獄から守り、住宅金融の規制を強化することは可能なはずだ。

 重要なのは、ペリー知事の経済運営ではなく、テキサス経済そのものに目を向けることだ。

© 2011 WashingtonPost.Newsweek Interactive Co. LLC

[2011年9月 7日号掲載]

ニュース速報

ワールド

北朝鮮の太平洋での水爆実験、専門家は「大災害」の恐

ビジネス

ギリシャ、第3次支援終了後も監督へ=ユーログループ

ビジネス

7月改定景気動向指数、一致指数は前月比-1.1ポイ

ワールド

米ハリケーン救済基金への企業寄付、合計で2.25億

MAGAZINE

特集:対中国の「切り札」 インドの虚像

2017-9・26号(9/20発売)

中国包囲網、IT業界牽引、北朝鮮問題解決...... 世界の期待が高まるが、インドの実力と真意は不透明だ

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    金正恩の狂人っぷりはどこまで本物か?

  • 4

    北朝鮮「ロケット米全土到達」警告にトランプ反発 …

  • 5

    新型アップルウオッチは、ポストiPhoneの大本命

  • 6

    猫は固体であると同時に液体でもあり得るのか!? 

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    北朝鮮、水爆実験強行なら分水嶺 トランプ政権は深…

  • 9

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 10

    世界初の頭部移植は年明けに中国で実施予定

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    世界初の頭部移植は年明けに中国で実施予定

  • 5

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 6

    北朝鮮外相「太平洋でかつてない規模の水爆実験」示唆

  • 7

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

  • 8

    猫は固体であると同時に液体でもあり得るのか!? 

  • 9

    トランプ、北朝鮮の「完全破壊」を警告 初の国連演…

  • 10

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 3

    北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

  • 4

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

  • 5

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 8

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 9

    イルカの赤ちゃんはなぶり殺しだった

  • 10

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ザ・サークル」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月