最新記事

米大統領選

「テキサスの奇跡」その本当の理由

Why the Lone Star State Shines So Bright

テキサスが金融危機にも負けず過去5年間目覚しい成長を遂げたのは、必ずしも知事の手柄ではない

2011年10月5日(水)16時49分
アニー・ラウリー

 来年の米大統領選の共和党候補指名争いに名乗りを上げたテキサス州のリック・ペリー知事。彼は同州が過去5年で遂げた目覚ましい経済成長を「テキサスの奇跡」だと自慢している。

 同州は他の州より景気後退入りが遅かったにもかかわらず、抜け出したのは先だった。テキサスは景気後退終了後に新規雇用の40%を創出し、アメリカ全体の倍のペースで経済を成長させている。失業率は8.4%と高いが、ネバダ州(12.9%)やアリゾナ州(9.4%)よりは低い。「奇跡」とは言えないまでも、見事な成長ぶりだ。

 とはいえ、ペリーがそれを自分だけの手柄と主張するのは無理がある。経済は複雑なもので、それを完全に操れるほどの力は知事にはない。テキサス州の経済成長にはほかにも理由がある。

 第1に石油・天然ガス資源が豊富なこと。08年のガソリン価格高騰はアメリカの深刻な景気後退の要因になったが、豊かな石油資源を持つテキサス州など一部の州には恩恵をもたらした。さらにここ数年は技術の発達で増産が可能となり、石油・天然ガスは同州経済に年間3250億ドルをもたらしている。

 第2に、住宅金融を厳しく規制してきたことだ。テキサス州は長年、住宅所有者が持ち家を「打ち出の小づち」にすることを防ぐ取り組みを行ってきた。住宅を担保にした借り入れには上限が設定され、住宅ローンの借り換えにも規制がある。

 おかげで、同州には住宅バブルが起きなかった。差し押さえになる物件も比較的少なく、地元銀行の経営状態も健全だ。テキサス州民は他州の州民ほど債務を抱え込まずに済んだので消費支出も堅調。州経済の安定ぶりと比較的低い失業率の背景にはこうした事情がある。

 第3の要素は移民。極論すれば同州の経済成長は人口の増加によるものだ。州人口はこの10年で20%以上も増加。人口増による活発な消費が地元産業を支え、雇用創出につながっている。

 他の州はテキサスから何を学べるだろうか。もちろん、石油がなければ油田で経済を潤すわけにはいかない。移民を引き付けるような条件を人為的に整備するのも難しい。だが消費者を債務地獄から守り、住宅金融の規制を強化することは可能なはずだ。

 重要なのは、ペリー知事の経済運営ではなく、テキサス経済そのものに目を向けることだ。

© 2011 WashingtonPost.Newsweek Interactive Co. LLC

[2011年9月 7日号掲載]

ニュース速報

ワールド

EU離脱決定受け入れるべき、交渉時期は英国が判断=

ビジネス

英ポンドが31年ぶり安値、EU離脱決定の影響不安で

ビジネス

ブレグジット決定、金融危機再来の兆候なく=米財務長

ワールド

英次期首相9月2日までに決定を、保守党委員会が提言

MAGAZINE

特集:BREXITの衝撃

2016-7・ 4号(6/28発売)

世界を揺るがせたイギリス国民投票のEU離脱派勝利。リーマン危機級のパニックが再びグローバル経済を襲うのか

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム
  • ニュース速報
  1. 1

    もし第3次世界大戦が起こったら

  2. 2

    英キャメロン首相「EU離脱派6つのウソ」

  3. 3

    ISISが3500人のNY「市民殺害リスト」をアプリで公開

    無差別の市民を選び出し、身近な標的を殺せと支持…

  4. 4

    ハーバードが絶賛する「日本」を私たちはまだ知らない

  5. 5

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  6. 6

    Windows10の自動更新プログラム、アフリカのNGOを危険にさらす

  7. 7

    「国家崩壊」寸前、ベネズエラ国民を苦しめる社会主義の失敗

  8. 8

    搾取されるK‐POPのアイドルたち

  9. 9

    安倍首相、消費増税再延期へ、サミットで経済状況リーマン級の危機と各国に説明

    財政出動への支持取り付けと消費増税延期への地な…

  10. 10

    コンビニATM14億円不正引き出し、管理甘い日本が狙われる

    アフリカ諸国、東欧、中東などでは不正分析ソフト…

  1. 1

    レイプ写真を綿々とシェアするデジタル・ネイティブ世代の闇

    ここ最近、読んでいるだけで、腹の底から怒りと…

  2. 2

    英国のEU離脱問題、ハッピーエンドは幻か

    欧州連合(EU)にさらに権限を委譲すべきだと答え…

  3. 3

    伊勢志摩サミットの「配偶者プログラム」はとにかく最悪

    <日本でサミットなどの国際会議が開催されるたび…

  4. 4

    嫌韓デモの現場で見た日本の底力

    今週のコラムニスト:レジス・アルノー 〔7月…

  5. 5

    移民問題が「タブー」でなくなったわけ

    ここ数年、僕たちイギリスの国民は、一部の政治…

  6. 6

    間違い電話でわかった借金大国の悲しい現実

    ニューヨークに住み始めた僕は、まず携帯電話を手…

  7. 7

    中古ショップで見える「貧困」の真実

    時々僕は、自分が周りの人々とは違った経済的「…

  8. 8

    美学はどこへ行った?(1):思想・哲学・理論

    <現代アートの国際展は、思想や哲学にインスパイアさ…

  9. 9

    パックンが斬る、トランプ現象の行方【後編、パックン亡命のシナリオ】

    <【前編】はこちら> トランプ人気は否めない。…

  10. 10

    【市場】いよいよ終わりの始まりが始まった

    いよいよ終わりの始まりが始まった。それは日銀のマ…

  1. 1

    メルセデス・ベンツの長距離EV、10月に発表=ダイムラー

    ドイツの自動車大手ダイムラーは、メルセデス・…

  2. 2

    英国のEU離脱派と残留派、なお拮抗=最新の世論調査

    11日に公表された世論調査によると、英国の欧…

  3. 3

    米フロリダ州の乱射で50人死亡、容疑者は警備最大手に勤務

    米フロリダ州オーランドの、同性愛者が集まるナ…

  4. 4

    米国株式市場は続落、原油安と世界経済懸念が重し

    米国株式市場は2日続落で取引を終えた。原油が…

  5. 5

    ECBのマイナス金利、銀行に恩恵=コンスタンシオ副総裁

    欧州中央銀行(ECB)のコンスタンシオ副総裁…

  6. 6

    英国民投票、「EU離脱」選択で何が起こるか

    欧州連合(EU)は6月23日の英国民投票を控…

  7. 7

    インタビュー:世界的な低金利、エンダウメント型投資に勝機=UBSウェルス

    UBSウェルス・マネジメントのグローバルCI…

  8. 8

    NY市場サマリー(10日)

    <為替> 原油安や銀行株主導で世界的に株安が…

  9. 9

    焦点:タカタ再建、「ラザード」効果で進展か 車各社との調整に期待

    欠陥エアバッグ部品の大量リコール(回収・無償…

  10. 10

    クリントン氏優位保つ、トランプ氏と支持率11ポイント差=調査

    ロイター/イプソスが実施した最新の世論調査に…

定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
リクルート
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

モハメド・アリ、その「第三の顔」を語ろう

STORIES ARCHIVE

  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月
  • 2016年2月
  • 2016年1月