最新記事

米大統領選

「テキサスの奇跡」その本当の理由

Why the Lone Star State Shines So Bright

テキサスが金融危機にも負けず過去5年間目覚しい成長を遂げたのは、必ずしも知事の手柄ではない

2011年10月5日(水)16時49分
アニー・ラウリー

 来年の米大統領選の共和党候補指名争いに名乗りを上げたテキサス州のリック・ペリー知事。彼は同州が過去5年で遂げた目覚ましい経済成長を「テキサスの奇跡」だと自慢している。

 同州は他の州より景気後退入りが遅かったにもかかわらず、抜け出したのは先だった。テキサスは景気後退終了後に新規雇用の40%を創出し、アメリカ全体の倍のペースで経済を成長させている。失業率は8.4%と高いが、ネバダ州(12.9%)やアリゾナ州(9.4%)よりは低い。「奇跡」とは言えないまでも、見事な成長ぶりだ。

 とはいえ、ペリーがそれを自分だけの手柄と主張するのは無理がある。経済は複雑なもので、それを完全に操れるほどの力は知事にはない。テキサス州の経済成長にはほかにも理由がある。

 第1に石油・天然ガス資源が豊富なこと。08年のガソリン価格高騰はアメリカの深刻な景気後退の要因になったが、豊かな石油資源を持つテキサス州など一部の州には恩恵をもたらした。さらにここ数年は技術の発達で増産が可能となり、石油・天然ガスは同州経済に年間3250億ドルをもたらしている。

 第2に、住宅金融を厳しく規制してきたことだ。テキサス州は長年、住宅所有者が持ち家を「打ち出の小づち」にすることを防ぐ取り組みを行ってきた。住宅を担保にした借り入れには上限が設定され、住宅ローンの借り換えにも規制がある。

 おかげで、同州には住宅バブルが起きなかった。差し押さえになる物件も比較的少なく、地元銀行の経営状態も健全だ。テキサス州民は他州の州民ほど債務を抱え込まずに済んだので消費支出も堅調。州経済の安定ぶりと比較的低い失業率の背景にはこうした事情がある。

 第3の要素は移民。極論すれば同州の経済成長は人口の増加によるものだ。州人口はこの10年で20%以上も増加。人口増による活発な消費が地元産業を支え、雇用創出につながっている。

 他の州はテキサスから何を学べるだろうか。もちろん、石油がなければ油田で経済を潤すわけにはいかない。移民を引き付けるような条件を人為的に整備するのも難しい。だが消費者を債務地獄から守り、住宅金融の規制を強化することは可能なはずだ。

 重要なのは、ペリー知事の経済運営ではなく、テキサス経済そのものに目を向けることだ。

© 2011 WashingtonPost.Newsweek Interactive Co. LLC

[2011年9月 7日号掲載]

ニュース速報

ワールド

英の対テロ戦略に欠陥、監視国家に向かう恐れ=国連報

ワールド

プーチン露大統領はイスラム国以上の脅威=米共和党マ

ワールド

EUトルコ首脳会談、新たな合意ないが雰囲気は良好=

ワールド

モスクワで嵐、倒木などで11人死亡・負傷者多数

MAGAZINE

特集:得する中国、損する日米

2017-6・ 6号(5/30発売)

北朝鮮問題で習近平を「忖度」するトランプ。世界はますます中国のペースに?

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    なぜか再びアメリカで銀行がつぶれ始めた

  • 2

    駐米中国大使とも密通していたクシュナー氏

  • 3

    フィリピンが東南アジアにおけるISISの拠点になる?

  • 4

    内向型人間が自覚すべき、ストレスを感じる10のポイ…

  • 5

    トランプ政権がルクセンブルク首相のゲイ・ハズバン…

  • 6

    アルツハイマー病による死亡率がアメリカで急増

  • 7

    ネガティブになりがちな内向型人間にも、10の強みが…

  • 8

    北朝鮮問題で安倍首相「対話の試みは時間稼ぎに利用…

  • 9

    イギリス自爆テロで犠牲になった人びと 8歳少女や3…

  • 10

    1人の時間が必要な内向型、人と会って元気になる外向型

  • 1

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 2

    メラニア夫人が手つなぎ「拒否」、トランプは弱っている?

  • 3

    「パスワードは定期的に変更してはいけない」--米政府

  • 4

    アリアナコンサートで容疑者拘束、死者22人で不明者…

  • 5

    なぜか再びアメリカで銀行がつぶれ始めた

  • 6

    北朝鮮危機が招いた米中接近、「台湾化」する日本の…

  • 7

    最凶な露フーリガン対策でロシアが用意した切り札と…

  • 8

    1人の時間が必要な内向型、人と会って元気になる外向型

  • 9

    ドイツが独自の「EU軍」を作り始めた チェコやルー…

  • 10

    ISのテロが5月27日からのラマダーン月に起きるかもし…

  • 1

    ディズニーランド「ファストパス」で待ち時間は短くならない

  • 2

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 3

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 4

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 5

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 6

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 7

    ニクソンより深刻な罪を犯したトランプは辞任する

  • 8

    「男と女のどちらを好きになるか」は育つ環境で決ま…

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    習近平の顔に泥!--北朝鮮ミサイル、どの国への挑戦…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
ニューズウィーク試写会「しあわせな人生の選択」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月