最新記事

バーチャルリアリティー

オキュラスリフトで未来をのぞく

The Price Is Right

待望のVRヘッドセットに「高い」との嘆き。だが新しい技術には値段に見合う意味がある

2016年1月25日(月)17時00分
ウィル・オリマス

600ドルで見る夢 開発キットの段階から、映像の中に入り込むような新感覚と迫力が話題に COURTESY OCULUS VR

 あと2年もすれば、誰もがバーチャルリアリティー(仮想現実)のヘッドセットをかぶって街を歩いているのだろうか。それとも仮想現実は、仮想のまま終わるのだろうか。

 オキュラスVRが発表したヘッドセット「オキュラスリフト」(以下リフト)をめぐる騒ぎからは、バーチャルリアリティーの別の未来が見えてくる。消費者向けのIT製品で、正式販売の前にこれほど派手な宣伝と反発が入り乱れた例はなかったのではないか(いや、眼鏡型ウエアラブル端末の「グーグルグラス」もそう言えば......)。

 1月6日、リフトの製品版の予約販売がついに始まった。価格は予想をはるかに上回る599ドル。ヘッドホンとマイクを内蔵したヘッドセット本体、卓上センサー、リモコンのオキュラスリモート、家庭用ゲーム機Xbox Oneのコントローラーが付属する。

 2年間待ちわびたゲーマーには、いささか衝撃的な価格だ。先に発売されていた開発者向けのDK1は300ドル、DK2は350ドル。テクノロジーニュースサイト「ザ・バージ」のアディ・ロバートソンが指摘するように、低価格こそリフトを画期的な製品にする大きな要因のはずだ。

 動作に必要なハードウエアを考えると、さらに手が届きにくいだろう。スマートフォンやノートパソコンでは力不足。高性能のグラフィクスカードを搭載したハイスペックなデスクトップパソコンが必要で、あれこれそろえると最高2000ドルほど掛かりそうだ。

 予約ページには、動作環境を簡単に確認できるツールもある。2月には推奨環境を満たすマシン「オキュラスレディーPC」の予約受け付けが始まる。リフトとセットで1499ドル~だ。

言葉にできない体験を

 リフトは確かに高価だ。14年に20億ドルでオキュラスVRを買収したフェイスブックは、世間の期待をもう少し和らげておくこともできただろう。しかし、ゲーマーの怒りは見当違いだ。

 新しい技術は、最初は値が張るものだ。市場もサプライチェーンも存在しない製品の設計や試験、製造にはカネが掛かる。

 オキュラスVRの創業者パルマ・ラッキーは、リフトが複雑で強力なデバイスであることを考えれば、決して高くないと反論する。600ドルでも「ハードウエアで儲けはない」。

 新製品が期待に応えるものであれば、初期の高価格も長期的には成功の妨げにならないだろう。いち早く購入したい人々は喜んでカネを払い、一般の消費者が手を出せる価格に落ち着くまで羨望の的になれる。

ニュース速報

ビジネス

中国の景気鈍化と過剰設備が投資機会を抑制=人民銀

ビジネス

タカタのスポンサー応札5陣営すべてが法的整理を提案

ビジネス

独コメルツ銀、9600人削減と配当停止へ 今四半期

ビジネス

可能な金融政策は実施、失業に財政措置など必要=米地

MAGAZINE

特集:進化する中国軍

2016-10・ 4号(9/27発売)

高学歴人材、最新鋭兵器、洗練された組織......。かつてのイメージを覆す人民解放軍の知られざる変貌

人気ランキング

  • 1

    アーティスツ(1):会田誠の不安、村上隆の絶望

  • 2

    ブルキニを禁じたフランスのパリがヌーディスト解禁へ

  • 3

    ロシアの最新型原潜、極東に配備

  • 4

    国際競争力ランキング、スイスが8年連続首位 日本は8位に後退

  • 5

    狭まる北朝鮮包囲網、友好国にも「金正恩離反」の兆候

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    自治体のPR動画「ウナギ少女」がまるで変態ホラーだと騒ぎに

  • 8

    スマホに潜む「悪魔」が中国人を脅かす

  • 9

    米大統領選、第1回テレビ討論を世界はどう報じたか

  • 10

    討論初戦はヒラリー圧勝、それでも読めない現状不満層の動向

  • 1

    クルーニー夫妻、虐殺でISISを告発。「覚悟はできている」

  • 2

    エジプトの過激派にナチスからの地雷の贈り物

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    X JAPANのYOSHIKI、ニューヨークでコンサートを行うと発表

  • 5

    中国機内誌が差別的記述、撤回しても消せない傍若無人ぶり

  • 6

    安楽死が合法的でなければ、私はとうに自殺していた

  • 7

    討論初戦はヒラリー圧勝、それでも読めない現状不満層の動向

  • 8

    ロシアの最新型原潜、極東に配備

  • 9

    米テレビ討論、クリントン「二重の負担」で不利

  • 10

    ヨーロッパを追われアメリカに逃れるロマの人々

  • 1

    金正恩「公式行事での姿勢が悪い」と副首相を処刑

  • 2

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 3

    クルーニー夫妻、虐殺でISISを告発。「覚悟はできている」

  • 4

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 5

    改めて今、福原愛が中国人に愛されている理由を分析する

  • 6

    蓮舫氏へ、同じ「元・中国人、現・日本人」としての忠言

  • 7

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬犠牲に

  • 8

    「スタバやアマゾンはソーセージ屋台1軒より納税額が少ない」オーストリア首相が猛批判

  • 9

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と闘った教師たち

  • 10

    核攻撃の兆候があれば、韓国は平壌を焼き尽くす

 日本再発見 「東京のワンテーマ・ミュージアム」
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

盛り土は気になるけど、北方領土もね!

辣椒(ラージャオ、王立銘)

スマホに潜む「悪魔」が中国人を脅かす

STORIES ARCHIVE

  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月