最新記事

ハッカー

サンリオ、330万人のユーザー情報流出との指摘で調査開始

アジアの玩具メーカーを狙った連続サイバーテロか

2015年12月22日(火)12時31分

12月21日、セキュリティー情報サイトのCSOオンライン・ドット・コムによると、「ハローキティ」ブランドを保有する日本のサンリオのデータベースがシステム侵害を受け、330万人のユーザー個人情報が悪用される恐れが出ている。台湾で2012年4月撮影(2015年 ロイター/Pichi Chuang)

 「ハローキティ」ブランドを保有するサンリオは21日、同社のデータベースがシステム侵害を受け、330万人のユーザー個人情報が漏えいしたとするセキュリティー情報サイトのCSOオンライン・ドット・コムの報道について、調査していることを明らかにした。

 CSOオンラインによると、漏えいした個人情報には、ユーザーの氏名やメールアドレス、暗号化されたパスワードが含まれる。セキュリティー研究者のクリス・ヴィッカリー氏の話として伝えた。

 漏えいしたデータの中に何らかの金融情報が含まれているかは不明という。

 サンリオの広報担当者は「ウエブサイトのサンリオタウンに対するセキュリティー侵害があったとされる件について現在調査している。確認後、直ちに情報提供する」と話した。

 米EMCのセキュリティー部門であるRSAのゼネラルマネージャー、ピーター・トラン氏は「この種のサイトには財務データが記録されている可能性が非常に大きい」と指摘、金融情報が盗まれた可能性もあると付け加えた。その上で「第三者がシステムを制圧するために無防止な状態にした上で、現在のようなやり方でセキュリティー侵害を行った可能性がある」との見方を示した。

 アジアの玩具メーカーのデータベースが大規模な不正侵入を受けたのは、この2カ月で2度目となる。

 香港の玩具メーカー、偉易達集団(Vテック・ホールディングス)<0303.HK>は11月、サイバー攻撃によって子ども用ゲームや教育コンテンツなどをダウンロードするポータルサイトにアクセスする顧客の情報が盗まれたと発表した。

 ヴィッカリー氏のコメントは現在のところ得られていない。

 

[21日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2015トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ワールド

シリア政府軍が化学兵器使用、ISもマスタードガス=

ワールド

仏DCNS、印海軍向け潜水艦の情報流出は「経済戦争

ビジネス

ホンダ、バブル期のスポーツ車10年ぶり復活 国内受

ワールド

ブラジル大統領弾劾、上院が最終審理開始へ

MAGAZINE

特集:世界が期待するTOKYO

2016-8・30号(8/23発売)

リオ五輪の熱狂は4年後の東京大会へ── 世界は2020年のTOKYOに何を期待するのか

人気ランキング

  • 1

    オリンピック最大の敗者は開催都市

  • 2

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 3

    イタリア中部地震で37人死亡、市長「生き物の気配がしない」

  • 4

    イタリア中部地震、死者少なくとも159人 多くは休暇シーズンの観光客か

  • 5

    イタリア中部M6.2の地震で少なくとも6人死亡、建物損壊で住民が下敷きに

  • 6

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    自衛隊、安保法制に基づく駆け付け警護など「集団的自衛権」の訓練開始

  • 9

    氷河を堰き止めている棚氷が崩壊の危機

  • 10

    リオ五輪閉幕、ブラジルを待ち構える厳しい現実

  • 1

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 2

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 3

    競泳金メダリストの強盗被害は器物損壊をごまかす狂言だった

  • 4

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 5

    オリンピック最大の敗者は開催都市

  • 6

    リオ五輪、英国のメダルラッシュが炙りだしたエリートスポーツの光と影

  • 7

    「ドーピング」に首まで浸かった中国という国家

  • 8

    リオ五輪でプロポーズが大流行 「ロマンチック」か「女性蔑視」か

  • 9

    希望のない最小の島国ナウルの全人口をオーストラリアに移住させる計画はなぜ頓挫したか

  • 10

    中国を捨てて、いざ「イスラム国」へ

  • 1

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 2

    中国衝撃、尖閣漁船衝突

  • 3

    戦死したイスラム系米兵の両親が、トランプに突きつけた「アメリカの本質」

  • 4

    日銀は死んだ

  • 5

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 6

    【原爆投下】トルーマンの孫が語る謝罪と責任の意味(前編)

  • 7

    トランプには「吐き気がする」──オランド仏大統領

  • 8

    イチロー3000本安打がアメリカで絶賛される理由

  • 9

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 10

    競泳金メダリストの強盗被害は器物損壊をごまかす狂言だった

 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
Newsweek特別試写会2016初秋「ハドソン川の奇跡
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

芸人も真っ青? 冗談だらけのトランプ劇場

小幡 績

日銀は死んだ

STORIES ARCHIVE

  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月