最新記事

映画

無敵のスパイ007の新たな試練

Battle of the Bonds

半世紀にわたって悪と戦うジェームズ・ボンド、最新作『慰めの報酬』の弱点

2009年4月7日(火)16時54分
デービッド・アンセン(映画担当)

 女王陛下のスパイ、ジェームズ・ボンドが初めてスクリーンに登場したのは半世紀近く前。007ことボンドは以来、番外編『ネバーセイ・ネバーアゲイン』を含めて23作もの作品で悪と戦ってきた。『007』こそ映画史上、最も長期にわたって最も成功したシリーズだ。

 それぞれの作品の出来を意地悪く批評するのはやぼと言うもの。傑作『ゴールドフィンガー』の次がぱっとしない『サンダーボール作戦』だったことも、やけにSFチックな『ムーンレイカー』にがっかりさせられたことも今となってはいい思い出だ。

 昔からの『007』ファンにとって、新作の封切り日は誕生日と同じ。毎年のように訪れるその日を指折り数えて待ったものだ。年を取るにつれて期待と興奮は薄れても、今度はわが子が粋なスパイの活躍に胸を躍らせる姿を見る喜びがあった。

  62年に公開された第1作『ドクター・ノオ』は実に斬新な作品だった。当時は冷戦の真っただ中。スタイリッシュでセクシーなジョン・F・ケネディ大統領が政治に新風を吹き込んだ時代だ。流行の発信地ロンドンに憧れていたアメリカ人にとって、世界を飛び回るおしゃれなイギリス人スパイは、男たちの夢と女たちの性的幻想、都会の香りと男くささを体現した完璧なヒーローだった。

 だがやがて映画館にヒーローものがあふれるようになる。CG技術の進歩のおかげで、カネさえあれば誰でもスリル満点の映画を作れるようになった。宙づりシーンではらはらさせてくれるのはボンドだけではなくなった。

 窮地に陥った『007』製作陣はやけになった。透明になるボンドカーまで登場する始末で、安っぽいSF映画すれすれになってしまった。イアン・フレミングの原作とは程遠い世界だ。

奇抜さとリアリズムの間

 5代目ボンド、ピアース・ブロスナン時代の作品も『007』の「栄光」に傷をつけた。映画にも「政治的公正」が求められるようになり、殺しのライセンスを持つ女たらしのヒーローはすっかり時代遅れに。自虐的な作風で脱皮を図ったものの成功したとは言いがたかった。

 そこに登場したのが6代目ボンドのダニエル・クレイグだ。『カジノ・ロワイヤル』はシリーズに新風を吹き込み、秘密兵器で武装した色男の荒唐無稽な映画を緊迫したドラマに変えた。

 その象徴ともいえるのがモンテネグロのカジノでのシーン。クレイグはマティーニをステアするかシェークするかと聞かれるが、昔のボンドなら死活問題だったはずのその問いを「そんなことはどうでもいい」と切り返す。

 007シリーズはおとぎ話とリアリズムの間を揺れ動いてきた。奇抜な方向へ突っ走ったかと思うと、地に足が着いた非情なスパイが現れる。麻のスーツをまとった軽快なロジャー・ムーアのボンドがマンネリ化した後には、暗めのティモシー・ダルトンが現れて心理劇を展開した。

 ボンドのすべてを兼ね備えていたのが初代のショーン・コネリーだ。コネリーはワインの銘柄にこだわり、しゃれたせりふを口にする一方で、サメだらけの海に敵を投げ込む残酷なスパイを見事に演じてみせた。

ニュース速報

ビジネス

タカタ再建計画、被害者より自動車メーカー優遇=米被

ビジネス

中国版ベージュブック、第2四半期は景気回復続く

ビジネス

アングル:新たな信用危機に見舞われる中国の中小企業

ビジネス

焦点:米自動車業界、すでに現れた「後退」の兆し

MAGAZINE

特集:安心なエアラインの選び方

2017-7・ 4号(6/27発売)

アメリカの航空会社で続発する乗客トラブル。トラブルを避け、快適な空の旅を楽しむ「新基準」とは

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」の証言

  • 2

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 3

    乗員7人死亡の米イージス駆逐艦、衝突前コンテナ船がライトで警告

  • 4

    トランプが特別検察官ムラーを恐れる理由

  • 5

    中国シェア自転車「悪名高きマナー問題」が消えた理由

  • 6

    東京都議選の候補者が、政策を訴えるビラを配れない…

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    健全財政という危険な観念

  • 9

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 10

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 1

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」の証言

  • 2

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍とおぼしき機影

  • 3

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 4

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 5

    中国シェア自転車「悪名高きマナー問題」が消えた理由

  • 6

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 7

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 8

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 9

    ロンドン高層住宅の火災、火元は米ワールプールの冷…

  • 10

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 4

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 5

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 6

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 7

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 8

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 9

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 10

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ファウンダー」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月