最新記事

テクノロジー

時速1200キロの超高速列車、走行実験へコース建設

$150 million Test Track For Hyperloop Bullet Train Coming Soon

真空のチューブに吸い込まれるように走る「未来の鉄道」がやってくる

2015年10月27日(火)18時00分
ナタリー・イルスリー

驚異の技術 旅客機を代替するスピード輸送を目指す Hyperloop Transportation Technologies-YOUTUBE

 ハイパーループ・トランスポーテーション・テクノロジーズ(HTT)社は、2015年11月から1億5000万ドルを投じて、同社の超高速列車用コースの建設に取りかかると発表した。

 HTT社のビーボップ・ガブリエラ・グレスタ最高執行責任者(COO)によると、この輸送システムの実物大プロトタイプは、計画都市の建設が進むカリフォルニア州クエイバレーの約8キロの区間をカバーし、完成までに32カ月かかる見込みだという。

 グレスタは先週、ロンドンで開催されたイベント「未来への交通」で、同社の構想について説明を行なった。

 ハイパーループのシステムでは、自動運転カプセルが高架チューブのなかの真空と磁石の強力な力で引き寄せられて移動する。このプロトタイプが成功すれば、乗客の移動スピードは最高で時速約1220キロに達する。

 このハイパーループ構想は、電気自動車のテスラ・モーターズや宇宙開発のスペースXを創業した億万長者、イーロン・マスクが2013年8月に発表したもの。最終的にはロサンゼルスからサンフランシスコ・ベイエリアまでの走行を目指している。

 ハイパーループの超高速列車は太陽光、風力、運動エネルギーなどの再生可能エネルギーを動力源とするだけでなく、余剰エネルギーも生産する。HTT社は、これを販売して利益をあげようとしているようだ。「生成するエネルギーよりも消費エネルギーの方が少ないので、電力を転売することができる」とグレスタは建築・デザイン雑誌の『Dezeen』に語った。「この仕組みなら、6~8年で投資を回収できる」

 高架チューブを建設したら、無人カプセルを最高速度で走行させるテストを行なう予定だ。「地上におけるあらゆる記録を破ることになるだろう」とグレスタは言う。

「ハイパーループは、ロサンゼルス・サンフランシスコ間の全航空便に取って代わることもできる」とグレスタは言う。「間違いなく航空産業を破壊する」

 テストの終了後は、移植用臓器といった一刻を争うものを輸送するための専用「ポッド」の開発に取りかかりたいという。完全実用化の暁には、1時間当たり約3400人の乗客を、ロサンゼルス~サンフランシスコ・ベイエリア間で輸送できる見込みだ。

 HTT社は、この輸送システムを全世界に拡大しようと狙っている。ロンドン~グラスゴーのルートも検討中で、事業規模は60~80億ドルになりそうだ。

ニュース速報

ワールド

情報BOX:トランプ米次期政権の閣僚候補者の顔ぶれ

ワールド

北朝鮮、20日にもICBM試験発射の可能性=韓国メ

ビジネス

中国は米国との健全な関係推進、新政権と協力=商務省

ビジネス

米債券ファンドに資金流入、過去5カ月で最大規模=I

MAGAZINE

特集:トランプ・ワールドの希望なき幕開け

2017-1・24号(1/17発売)

ドナルド・トランプがついに米大統領就任へ──。「異次元の政治家」にできること、できないこと

人気ランキング

  • 1

    スーパー耐性菌の脅威:米国で使える抗生物質がすべて効かない細菌で70代女性が死亡

  • 2

    日本はワースト4位、「経済民主主義指数」が示す格差への処方箋

  • 3

    【ダボス会議】中国が自由経済圏の救世主という不条理

  • 4

    トランプごときの指示は受けない──EU首脳が誇り高く…

  • 5

    太陽光発電の発電コストが石炭火力発電以下に。ソー…

  • 6

    トランプ大統領就任式ボイコット続出、仕掛け人のジ…

  • 7

    「知能が遺伝する」という事実に、私たちはどう向き…

  • 8

    ベーシックインカム、フィンランドが試験導入。国家…

  • 9

    トランプをセクハラと中傷で提訴 テレビ番組出演の…

  • 10

    アルツハイマー治療薬を使って歯を自然再生、英研究…

  • 1

    オバマ米大統領の退任演説は「異例」だった

  • 2

    トランプ当選初会見でメディアを批判 ツイッターなどSNS大炎上

  • 3

    韓国ユン外交部長官「釜山の少女像は望ましくない」

  • 4

    「南シナ海の人工島封鎖なら、米国は戦争覚悟すべき…

  • 5

    オバマ、バイデン副大統領に最後のサプライズで勲章…

  • 6

    南シナ海の人工島封鎖で米中衝突が現実に?

  • 7

    ダライ・ラマ制裁に苦しむ、モンゴルが切るインドカ…

  • 8

    北朝鮮が国家ぐるみで保険金詐欺、毎年数十億円を稼ぐ

  • 9

    トランプ今度は製薬会社を標的に 薬価引き下げを表明

  • 10

    なぜアメリカの下流老人は日本の老人より幸せなのか

  • 1

    オバマ米大統領の退任演説は「異例」だった

  • 2

    キャリー・フィッシャー死去、でも「2017年にまた会える」

  • 3

    「知能が遺伝する」という事実に、私たちはどう向き合うべきか?

  • 4

    トルコのロシア大使が射殺される。犯人は「アレッポ…

  • 5

    トランプ当選初会見でメディアを批判 ツイッターな…

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    日本の制裁措置に韓国反発 企画財政省「スワップ協…

  • 8

    韓国ユン外交部長官「釜山の少女像は望ましくない」

  • 9

    安倍首相の真珠湾訪問を中国が非難――「南京が先だろ…

  • 10

    独身男性の「結婚相手は普通の子がいい」は大きな間…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本の観光がこれで変わる?
リクルート
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 臨時増刊

世界がわかる国際情勢入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月