最新記事

テクノロジー

時速1200キロの超高速列車、走行実験へコース建設

$150 million Test Track For Hyperloop Bullet Train Coming Soon

真空のチューブに吸い込まれるように走る「未来の鉄道」がやってくる

2015年10月27日(火)18時00分
ナタリー・イルスリー

驚異の技術 旅客機を代替するスピード輸送を目指す Hyperloop Transportation Technologies-YOUTUBE

 ハイパーループ・トランスポーテーション・テクノロジーズ(HTT)社は、2015年11月から1億5000万ドルを投じて、同社の超高速列車用コースの建設に取りかかると発表した。

 HTT社のビーボップ・ガブリエラ・グレスタ最高執行責任者(COO)によると、この輸送システムの実物大プロトタイプは、計画都市の建設が進むカリフォルニア州クエイバレーの約8キロの区間をカバーし、完成までに32カ月かかる見込みだという。

 グレスタは先週、ロンドンで開催されたイベント「未来への交通」で、同社の構想について説明を行なった。

 ハイパーループのシステムでは、自動運転カプセルが高架チューブのなかの真空と磁石の強力な力で引き寄せられて移動する。このプロトタイプが成功すれば、乗客の移動スピードは最高で時速約1220キロに達する。

 このハイパーループ構想は、電気自動車のテスラ・モーターズや宇宙開発のスペースXを創業した億万長者、イーロン・マスクが2013年8月に発表したもの。最終的にはロサンゼルスからサンフランシスコ・ベイエリアまでの走行を目指している。

 ハイパーループの超高速列車は太陽光、風力、運動エネルギーなどの再生可能エネルギーを動力源とするだけでなく、余剰エネルギーも生産する。HTT社は、これを販売して利益をあげようとしているようだ。「生成するエネルギーよりも消費エネルギーの方が少ないので、電力を転売することができる」とグレスタは建築・デザイン雑誌の『Dezeen』に語った。「この仕組みなら、6~8年で投資を回収できる」

 高架チューブを建設したら、無人カプセルを最高速度で走行させるテストを行なう予定だ。「地上におけるあらゆる記録を破ることになるだろう」とグレスタは言う。

「ハイパーループは、ロサンゼルス・サンフランシスコ間の全航空便に取って代わることもできる」とグレスタは言う。「間違いなく航空産業を破壊する」

 テストの終了後は、移植用臓器といった一刻を争うものを輸送するための専用「ポッド」の開発に取りかかりたいという。完全実用化の暁には、1時間当たり約3400人の乗客を、ロサンゼルス~サンフランシスコ・ベイエリア間で輸送できる見込みだ。

 HTT社は、この輸送システムを全世界に拡大しようと狙っている。ロンドン~グラスゴーのルートも検討中で、事業規模は60~80億ドルになりそうだ。

ニュース速報

ワールド

米大統領選のTV討論会、過去最高の1億人が視聴か

ワールド

北朝鮮の国連加盟資格、見直すべき=韓国外相

ビジネス

デンマーク海運大手マースク、競合勢買収に意欲=会長

ワールド

英国のEU離脱交渉、2年かからない可能性=ジョンソ

MAGAZINE

特集:進化する中国軍

2016-10・ 4号(9/27発売)

高学歴人材、最新鋭兵器、洗練された組織......。かつてのイメージを覆す人民解放軍の知られざる変貌

人気ランキング

  • 1

    エジプトの過激派にナチスからの地雷の贈り物

  • 2

    米テレビ討論、クリントン「二重の負担」で不利

  • 3

    戦略なき日本の「お粗末」広報外交

  • 4

    討論初戦はヒラリー圧勝、それでも読めない現状不満層の動向

  • 5

    「親を捨てるしかない」時代に、子は、親は、どうすべきか

  • 6

    成人したら国外退去、中米の子供たちの末路

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国当局、国連が資産凍結した北朝鮮銀行幹部を核開発関連容疑で調査

  • 9

    打倒ディズニーを掲げる中国のテーマパーク

  • 10

    EUの新著作権法がもたらす「閉じたインターネット」

  • 1

    クルーニー夫妻、虐殺でISISを告発。「覚悟はできている」

  • 2

    X JAPANのYOSHIKI、ニューヨークでコンサートを行うと発表

  • 3

    エジプトの過激派にナチスからの地雷の贈り物

  • 4

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 5

    中国機内誌が差別的記述、撤回しても消せない傍若無人ぶり

  • 6

    安楽死が合法的でなければ、私はとうに自殺していた

  • 7

    若者がクルマを買わなくなった原因は、ライフスタイルの変化より断然「お金」

  • 8

    家事をやらない日本の高齢男性を襲う熟年離婚の悲劇

  • 9

    ヨーロッパを追われアメリカに逃れるロマの人々

  • 10

    米テレビ討論、クリントン「二重の負担」で不利

  • 1

    金正恩「公式行事での姿勢が悪い」と副首相を処刑

  • 2

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 3

    クルーニー夫妻、虐殺でISISを告発。「覚悟はできている」

  • 4

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 5

    改めて今、福原愛が中国人に愛されている理由を分析する

  • 6

    蓮舫氏へ、同じ「元・中国人、現・日本人」としての忠言

  • 7

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬犠牲に

  • 8

    「スタバやアマゾンはソーセージ屋台1軒より納税額が少ない」オーストリア首相が猛批判

  • 9

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と闘った教師たち

  • 10

    核攻撃の兆候があれば、韓国は平壌を焼き尽くす

 日本再発見 「東京のワンテーマ・ミュージアム」
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

芸人も真っ青? 冗談だらけのトランプ劇場

STORIES ARCHIVE

  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月