最新記事

テクノロジー

時速1200キロの超高速列車、走行実験へコース建設

$150 million Test Track For Hyperloop Bullet Train Coming Soon

真空のチューブに吸い込まれるように走る「未来の鉄道」がやってくる

2015年10月27日(火)18時00分
ナタリー・イルスリー

驚異の技術 旅客機を代替するスピード輸送を目指す Hyperloop Transportation Technologies-YOUTUBE

 ハイパーループ・トランスポーテーション・テクノロジーズ(HTT)社は、2015年11月から1億5000万ドルを投じて、同社の超高速列車用コースの建設に取りかかると発表した。

 HTT社のビーボップ・ガブリエラ・グレスタ最高執行責任者(COO)によると、この輸送システムの実物大プロトタイプは、計画都市の建設が進むカリフォルニア州クエイバレーの約8キロの区間をカバーし、完成までに32カ月かかる見込みだという。

 グレスタは先週、ロンドンで開催されたイベント「未来への交通」で、同社の構想について説明を行なった。

 ハイパーループのシステムでは、自動運転カプセルが高架チューブのなかの真空と磁石の強力な力で引き寄せられて移動する。このプロトタイプが成功すれば、乗客の移動スピードは最高で時速約1220キロに達する。

 このハイパーループ構想は、電気自動車のテスラ・モーターズや宇宙開発のスペースXを創業した億万長者、イーロン・マスクが2013年8月に発表したもの。最終的にはロサンゼルスからサンフランシスコ・ベイエリアまでの走行を目指している。

 ハイパーループの超高速列車は太陽光、風力、運動エネルギーなどの再生可能エネルギーを動力源とするだけでなく、余剰エネルギーも生産する。HTT社は、これを販売して利益をあげようとしているようだ。「生成するエネルギーよりも消費エネルギーの方が少ないので、電力を転売することができる」とグレスタは建築・デザイン雑誌の『Dezeen』に語った。「この仕組みなら、6~8年で投資を回収できる」

 高架チューブを建設したら、無人カプセルを最高速度で走行させるテストを行なう予定だ。「地上におけるあらゆる記録を破ることになるだろう」とグレスタは言う。

「ハイパーループは、ロサンゼルス・サンフランシスコ間の全航空便に取って代わることもできる」とグレスタは言う。「間違いなく航空産業を破壊する」

 テストの終了後は、移植用臓器といった一刻を争うものを輸送するための専用「ポッド」の開発に取りかかりたいという。完全実用化の暁には、1時間当たり約3400人の乗客を、ロサンゼルス~サンフランシスコ・ベイエリア間で輸送できる見込みだ。

 HTT社は、この輸送システムを全世界に拡大しようと狙っている。ロンドン~グラスゴーのルートも検討中で、事業規模は60~80億ドルになりそうだ。

ニュース速報

ワールド

焦点:EU離脱後の治安協力どうなる、襲撃事件で英国

ビジネス

アングル:米株動揺でも際立つ「ヘッジ疲れ」

ビジネス

アングル:トランプ氏の燃費規制見直し、メーカー側の

ワールド

オバマケア代替法案撤回、トランプ氏「次は税制改革」

MAGAZINE

特集:ミャンマー 語られざる民族浄化

2017-3・28号(3/21発売)

民主化したミャンマーで続く現代のホロコースト。虐殺され続けるロヒンギャになぜ世界は無関心なのか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 2

    金正男殺害の容疑者は北朝鮮の秘密警察に逮捕されていた

  • 3

    亡命ロシア下院議員ボロネンコフ、ウクライナで射殺

  • 4

    米ビール業界を襲うマリファナ「快進撃」

  • 5

    テロ直後にトランプの息子がロンドン市長を批判、で…

  • 6

    韓国セウォル号、沈没から1073日目で海上へ 引き揚…

  • 7

    「スイッチ」で任天堂はよみがえるか

  • 8

    ロンドン襲撃テロ事件で死者4人・負傷40人 英首相「…

  • 9

    ロイヤル・ヨルダン航空、米の電子機器禁止に神対応

  • 10

    情で繋がり、情でつまずく保守の世界~森友学園以外…

  • 1

    韓国セウォル号、沈没から1073日目で海上へ 引き揚げは最終段階

  • 2

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 3

    サウジ国王が訪問を中止したモルディブが今注目される理由

  • 4

    サウジ国王来日 主婦はほんとに爆買いにしか関心な…

  • 5

    北朝鮮、ミサイル発射するも失敗 打ち上げ直後に空…

  • 6

    金正男殺害の容疑者は北朝鮮の秘密警察に逮捕されて…

  • 7

    ロンドン襲撃テロ事件で死者4人・負傷40人 英首相「…

  • 8

    英女王「死去」の符牒は「ロンドン橋が落ちた」

  • 9

    朴大統領失職後の韓国と蔓延する「誤った経済思想」

  • 10

    米中戦争の可能性は低くない──攻撃に強く守りに弱い…

  • 1

    ウーバーはなぜシリコンバレー最悪の倒産になりかねないか

  • 2

    日本でコストコが成功し、カルフールが失敗した理由

  • 3

    買い物を「わり算」で考えると貧乏になります

  • 4

    英女王「死去」の符牒は「ロンドン橋が落ちた」

  • 5

    韓国セウォル号、沈没から1073日目で海上へ 引き揚…

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    金正男の長男ハンソル名乗る動画 身柄保全にオラン…

  • 8

    人類共通の目標に大きな一歩、NASAが地球と似た惑星…

  • 9

    ISISが中国にテロ予告

  • 10

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

Hondaアコードの魅力

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

原子力緊急事態への対応力を向上
日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月