最新記事

企業

マクドナルドからレジ店員が消える?

Golden Arches Going Digital

消費者がタッチパネルを操作して好みの食材を選べる無人注文システムは人件費削減の切り札か

2015年2月9日(月)12時32分
ジョーダン・ワイスマン

 チキンマックナゲットに消費期限切れの肉や床に落ちた肉が使われていた実態が暴かれてから3カ月余り。米マクドナルドは世界中の市場で深刻な客離れに悩まされ続けている。14年10月下旬に発表された第3四半期(7〜9月期)の純利益も、前年同期比の30%減だった。

「世界中でおなじみの巨大消費者ブランドでさえ、好き勝手に利益を貪れるわけではない」と、ウォール・ストリート・ジャーナル紙は論じた。「低価格路線のマクドナルドに対して、従業員の最低賃金の引き上げを命じるよう政府に圧力をかけていたリベラル系団体にとっては初耳かもしれないが」

 賃金を低く抑えている現在のマクドナルドの業績が悪いとすれば、最低賃金を従業員がデモで要求している15ドルに引き上げたらどうなるかは明白だろう。

 ただしマクドナルドは、奥の手を用意しているようだ。レジでの接客を機械化して人件費を削るという策だ。

 同社は客がタッチパネルを自分で操作し、バンズや具の組み合わせを自由に選べる無人オーダーメイド注文システムを15年以降、導入するとしている。「自分だけのハンバーガー」を楽しむ機会を提供することで、代わり映えしないメニューにうんざりしていた人々を呼び戻すことが狙いだ。

 既に試験導入が始まっているカリフォルニア州の4店舗では、「客は地元の食材を取り入れたカスタマイズを望んでいる」と、ドン・トンプソンCEOは語る。「注文の仕方やその内容、接客の方法を自ら選択したいという思いもある」

 確かにそうだろう。その一方で、タッチパネルの導入は人件費を削減する格好の口実にすぎないと指摘する声もある。

無人化の意外な効果

 もっとも、そう断言するのは早そうだ。マクドナルドは数年前からヨーロッパ各地の店舗で無人注文機の設置を進めているが、当時の経営陣は従業員の人数を削減する効果は期待していないと語っていた。

 実際、大半の客は無人注文機を無視してレジの前に列をつくっている。スーパーマーケットのセルフ精算を敬遠する人が多いように、飲食店でも対面での接客を好む人は少なくない。

ニュース速報

ワールド

バングラ警察、ダッカ飲食店襲撃事件の首謀者を射殺 

ワールド

トランプ氏、米国の不法移民問題で31日に演説

ビジネス

他の経済策が役割果たさなければ低金利続く=クーレE

ビジネス

米FRB議長ら、次の景気後退時の政策ツールを議論

MAGAZINE

特集:世界が期待するTOKYO

2016-8・30号(8/23発売)

リオ五輪の熱狂は4年後の東京大会へ── 世界は2020年のTOKYOに何を期待するのか

人気ランキング

  • 1

    日本の貧困は「オシャレで携帯も持っている」から見えにくい

  • 2

    マイナス金利「量・質とも緩和余地ある」黒田日銀総裁

  • 3

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 4

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 5

    日本のアフリカ市場出遅れ、問題は企業サイドに

  • 6

    アメリカ海軍、ペルシャ湾でイラン艦艇に警告射撃 2日連続で異常接近

  • 7

    ハードウェアも電力も使わずに動く、完全にソフトな「タコ型ロボット」

  • 8

    イタリア中部、地震活動地帯でも歴史建造物と財政難で対策遅れる

  • 9

    誘拐事件を繰り返し裕福な生活をしていた、アルゼンチン家族の闇

  • 10

    フィリピン、ドゥテルテ大統領就任後の7週間で麻薬絡みの殺人1800件に

  • 1

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 2

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 3

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 4

    オリンピック最大の敗者は開催都市

  • 5

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 6

    歯磨きから女性性器切除まで、世界の貧困解決のカギは「女性の自立」にある

  • 7

    NSAの天才ハッカー集団がハッキング被害、官製ハッキングツールが流出

  • 8

    イタリア中部地震、死者少なくとも159人 多くは休暇シーズンの観光客か

  • 9

    イタリア中部地震で37人死亡、市長「生き物の気配がしない」

  • 10

    日本の貧困は「オシャレで携帯も持っている」から見えにくい

  • 1

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 2

    中国衝撃、尖閣漁船衝突

  • 3

    戦死したイスラム系米兵の両親が、トランプに突きつけた「アメリカの本質」

  • 4

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 5

    日銀は死んだ

  • 6

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 7

    【原爆投下】トルーマンの孫が語る謝罪と責任の意味(前編)

  • 8

    トランプには「吐き気がする」──オランド仏大統領

  • 9

    イチロー3000本安打がアメリカで絶賛される理由

  • 10

    競泳金メダリストの強盗被害は器物損壊をごまかす狂言だった

 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

芸人も真っ青? 冗談だらけのトランプ劇場

小幡 績

日銀は死んだ

STORIES ARCHIVE

  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月