最新記事

トレンド

来年の流行色「マルサラ」はくず肉の色?

Everyone Hates Marsala

パントン色彩研究所が発表したカラー・オブ・ザ・イヤーには「自然な力強さがある」と宣伝されているが

2014年12月9日(火)17時10分
クリスティン・ホエンナデル

 毎年12月になると、パントン色彩研究所(米ニュージャージー州)が来年の「カラー・オブ・ザ・イヤー」を発表する。デザイナーや消費者が好んで使用したり、着たり、買ったりするであろう色を予測するのだ(パントンは国際標準として使用されている色見本帳の製造企業)。

 先週発表された2015年の色は「マルサラ」。パントンの報道資料によれば、マルサラは「自然な力強さのある、素朴なワインレッド」だ。今年の色だったラディアントオーキッド(淡い紫色)が創造力や革新性を刺激するのに対し、「マルサラは私たちの心と体を豊かにし、自信や強さをみなぎらせる」と、パントン色彩研究所のリアトリス・アイズマンは言う。

 この色の由来は、イタリアのマルサラワイン。ワインにアルコールやブドウ果汁を加えて熟成させるものだ。「元になったワインのように、この上品な色は豊かに熟した食を体現している。温かく、それでいておしゃれで普遍的な魅力があり、ファッションや美容、工業デザイン、家具やインテリアの世界で容易に応用できる」とパントンは指摘する。

男子学生の寮の浴室を思い起こさせる

 誰もがカラー・オブ・ザ・イヤーに強い関心を持つわけではないが、ネットなどのデザインコミュニティーでは大々的に取り上げられて話題になっている。

 しかし色に対する感覚は主観的なものだし、そもそも好みは人によって違う。ニューヨークのカット誌は、マルサラを「不快」な色と表現した。アトランティック誌の「パントンのカラー・オブ・ザ・イヤーの問題」と題した記事は、マルサラは一部の人には「さびて薄汚れた男子学生の寮の浴室」を思い起こさせる、「または長い間空気にさらされて乾き、レンガのようになった血だ」と書いている。

ニュース速報

ビジネス

財務省・金融庁・日銀が定例会合、金融市場動向で情報

ビジネス

プラートECB専務理事、緩和措置維持する方針を堅持

ビジネス

独外相のEUへの拠出拡大案、ショイブレ財務相が批判

ビジネス

焦点:日銀総裁、長期金利ゼロ%の維持強調 期待上昇

MAGAZINE

特集:ミャンマー 語られざる民族浄化

2017-3・28号(3/21発売)

民主化したミャンマーで続く現代のホロコースト。虐殺され続けるロヒンギャになぜ世界は無関心なのか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    韓国セウォル号、沈没から1073日目で海上へ 引き揚げは最終段階

  • 2

    サウジ国王が訪問を中止したモルディブが今注目される理由

  • 3

    ロンドン襲撃テロ事件で死者4人・負傷40人 英首相「異常で邪悪」

  • 4

    テロ直後にトランプの息子がロンドン市長を批判、で…

  • 5

    ISISのロンドン襲撃テロは時間の問題だった

  • 6

    ロンドンテロ:加速してくる暴走車と地獄を見た目撃者

  • 7

    籠池氏「国有地取得で政治的関与、首相夫人から寄付1…

  • 8

    金正男殺害の容疑者は北朝鮮の秘密警察に逮捕されて…

  • 9

    DataRobot使ってAI予測モデル4000個完成。リクルート…

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 1

    英女王「死去」の符牒は「ロンドン橋が落ちた」

  • 2

    韓国セウォル号、沈没から1073日目で海上へ 引き揚げは最終段階

  • 3

    ウィリアム王子が公務をさぼって美女と大はしゃぎ、英でバッシング

  • 4

    サウジ国王が訪問を中止したモルディブが今注目され…

  • 5

    サウジ国王来日 主婦はほんとに爆買いにしか関心な…

  • 6

    北朝鮮、ミサイル発射するも失敗 打ち上げ直後に空…

  • 7

    来日したティラーソン米国務長官、同行記者1人、影響…

  • 8

    「日本はWi-Fi後進国、外国人が困っている」に異議あ…

  • 9

    朴大統領失職後の韓国と蔓延する「誤った経済思想」

  • 10

    米中戦争の可能性は低くない──攻撃に強く守りに弱い…

  • 1

    日本でコストコが成功し、カルフールが失敗した理由

  • 2

    ウーバーはなぜシリコンバレー最悪の倒産になりかねないか

  • 3

    買い物を「わり算」で考えると貧乏になります

  • 4

    英女王「死去」の符牒は「ロンドン橋が落ちた」

  • 5

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 6

    韓国セウォル号、沈没から1073日目で海上へ 引き揚…

  • 7

    金正男殺害を中国はどう受け止めたか――中国政府関係…

  • 8

    金正男の長男ハンソル名乗る動画 身柄保全にオラン…

  • 9

    人類共通の目標に大きな一歩、NASAが地球と似た惑星…

  • 10

    ISISが中国にテロ予告

Hondaアコードの魅力

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

原子力緊急事態への対応力を向上
日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月