最新記事

世界経済

世界で6億人の雇用が足りない!

World Bank Warns of 'Global Jobs Crisis'

G20では失業者1億人の約半分がワーキング・プア

2014年9月10日(水)15時17分
イアン・シルベラ

 世界の雇用の拡大が現状のまま推移すれば、グローバルな雇用危機に直面する――。世界銀行とILO(国際労働機関)、OECD(経済開発協力機構)の共同報告書が、そんな警告を発した。

 人口増大に対応するには、世界中で2030年までにさらに6億人の雇用が必要だという。その上、質の高い雇用を得る機会は十分にはない。

 世界銀行のナイジェル・トゥーズ雇用担当部長は、「世界的な雇用危機が存在することは、ほぼ間違いない」と話している。「この報告書が明らかにしているように、雇用、なかでも質の高い雇用が不足している」

 今月10〜11日にオーストラリアのメルボルンで開催されるG20雇用労働大臣会合に先立って発表された報告書は、さらにG20諸国で創出される雇用の数と質の「大規模で継続的な不足」が、各国の経済成長に影を落としていると述べている。

 それによると、多くのG20諸国で(最近になって多少の改善は見られるものの)、金融危機からの景気回復が進まないのは、大規模な雇用のミスマッチを抱えているためで、経済成長のはずみが付かなければ、少なくとも2018年までこの状態が続くという。

 雇用の不足がまた、景気回復を妨げている面もある。消費と投資の両方を抑制してしまうからだ。G20諸国全体では約1億人が失業中で、また新興国では4億4700万人が1日あたり2ドル以下で生活する「ワーキング・プア」の状態にある。

「雇用は景気回復の基盤となる」と、報告書は述べている。「G20諸国は、経済成長と健全な社会を維持するため、その基盤としてさらに多くの質の高い雇用を必要としている」

 多くの新興国では、絶対的な貧困を減少させることには多大な成果をあげている。また収入格差の是正が進んでいる新興国もある。しかし非正規雇用の多さが、特に新興国や途上国で雇用の質の改善の大きな妨げとなっている。

ニュース速報

ワールド

北アイルランド、3月2日に議会選実施 自治政府崩壊

ビジネス

寄り付きの日経平均は続落、昨年末以来の1万9000

ビジネス

米保護主義、独自動車メーカーの米生産危うくする恐れ

ビジネス

エアバス、年内に飛行自動車の試験実施=CEO

MAGAZINE

特集:トランプ・ワールドの希望なき幕開け

2017-1・24号(1/17発売)

ドナルド・トランプがついに米大統領就任へ──。「異次元の政治家」にできること、できないこと

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮が国家ぐるみで保険金詐欺、毎年数十億円を稼ぐ

  • 2

    南シナ海の人工島封鎖で米中衝突が現実に?

  • 3

    トランプ大統領就任式ボイコット続出、仕掛け人のジョン・ルイスって誰?

  • 4

    ナイジェリアを「金で買った」中国――「一つの中国」…

  • 5

    「南シナ海の人工島封鎖なら、米国は戦争覚悟すべき…

  • 6

    トルコ航空貨物機、キルギスで墜落 少なくとも20人…

  • 7

    ダライ・ラマ制裁に苦しむ、モンゴルが切るインドカ…

  • 8

    韓国ユン外交部長官「釜山の少女像は望ましくない」

  • 9

    サイバー対策の責任者となるジュリアーニの、お粗末…

  • 10

    トランプ政権国務長官「TPPは終焉」 今後は2国間…

  • 1

    オバマ米大統領の退任演説は「異例」だった

  • 2

    トランプ当選初会見でメディアを批判 ツイッターなどSNS大炎上

  • 3

    韓国ユン外交部長官「釜山の少女像は望ましくない」

  • 4

    「南シナ海の人工島封鎖なら、米国は戦争覚悟すべき…

  • 5

    トランプの娘婿クシュナーが大統領上級顧問になる悪夢

  • 6

    オバマ、バイデン副大統領に最後のサプライズで勲章…

  • 7

    ロシアのサイバー攻撃をようやく認めたトランプ

  • 8

    ダライ・ラマ制裁に苦しむ、モンゴルが切るインドカ…

  • 9

    iPhoneはなぜ割れるのか?<iPhone 10周年>

  • 10

    オバマ大統領が最後の演説、米国の価値の低下阻止訴…

  • 1

    オバマ米大統領の退任演説は「異例」だった

  • 2

    キャリー・フィッシャー死去、でも「2017年にまた会える」

  • 3

    オバマが報復表明、米大統領選でトランプを有利にした露サイバー攻撃

  • 4

    「知能が遺伝する」という事実に、私たちはどう向き…

  • 5

    トルコのロシア大使が射殺される。犯人は「アレッポ…

  • 6

    トランプ当選初会見でメディアを批判 ツイッターな…

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    日本の制裁措置に韓国反発 企画財政省「スワップ協…

  • 9

    韓国ユン外交部長官「釜山の少女像は望ましくない」

  • 10

    安倍首相の真珠湾訪問を中国が非難――「南京が先だろ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本の観光がこれで変わる?
リクルート
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 臨時増刊

世界がわかる国際情勢入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月