最新記事

投資

ドラキュラの古城が買い手を募集中

Now You Can Own Dracula's Castle

ドラキュラ伝説の舞台とされるルーマニアの城を購入する条件は

2014年5月15日(木)17時19分
ジェス・ジマーマン

 ルーマニアのトランシルバニア地方の山上にそびえたつブラン城は、別名「ドラキュラ城」。もちろん、吸血鬼のドラキュラ伯爵はアイルランド人作家ブラム・ストーカーが19世紀末に発表した恐怖小説に登場する架空の存在だから、この城に本当にドラキュラが住んでいたわけではない。
 
 それでも、中世に建てられたゴシック調の重厚な要塞には、ドラキュラ伝説を彷彿とさせる不気味さが漂っている。しかも、15世紀に実在し、ドラキュラ伯爵のモデルになったといわれる残忍なブラド3世が、この城に幽閉されていたという説もある。

 そんないわくつきの古城が今、新たな所有者を探している。とてつもなく強力なコネと莫大な財産があれば、あなたも世界的に有名なブラン城のオーナーになれるかもしれない。

 「売り出し中」といっても、吸血鬼とその犠牲者たちの魂がさまよっている城だけに、誰にでも売れるというわけにはいかない。城の現在のオーナーは、オーストリア=ハンガリー帝国とルーマニア王室の血を引くドミニク・ハプスブルク大公と2人の妹。彼らから売却を委託されているニューヨークの弁護士マーク・メイヤーは、「妥当な価格での申し入れがあれば、しかるべき人物かどうかを調べたうえで真剣に検討する」と語っている。

 城の所有権争いでライバルとなるのはルーマニア政府かもしれない。ハプスブルク大公らはルーマニア政府に対し、8000万ドルでの売却を提案しているといわれており、購入希望者はそれ以上の金額を提示する必要がありそうだ。

 購入後は莫大な維持管理費用も負担しなければならない。ブラン城には現在、年間56万人の観光客が訪れており、その入場料をあてにせざるを得ないだろう。

 さらに、水道施設の不備にも目をつぶる必要がある。観光客向けのトイレはあるものの、居住部分の水道設備は、ブラン城がチャウシェスク独裁政権の管理下に置かれた時代に破壊されてしまった。

 それでも、さまざまな障害を乗り越えてこの城のオーナーになった暁には、何にも代えがたい経験ができるはずだ。どんな銃撃にもびくともしない城壁、波乱に満ちた歴史(ルーマニア王室も1948年までブラン城に居住していた)、丘の上からの絶景。そして、数え切れないほどある寝室のどこかには、今もドラキュラに狙われた美女の亡霊が眠っているかもしれない。

From GlobalPost.com特約

ニュース速報

ビジネス

ムーディーズ、英格付けを「Aa2」に引き下げ EU

ビジネス

米12月利上げに予断なし、低インフレをなお懸念=ダ

ワールド

北朝鮮、水爆実験強硬なら分水嶺 米国は深刻に受け止

ワールド

OPEC内外の閣僚監視委、減産延長巡る決定時期で意

MAGAZINE

特集:対中国の「切り札」 インドの虚像

2017-9・26号(9/20発売)

中国包囲網、IT業界牽引、北朝鮮問題解決...... 世界の期待が高まるが、インドの実力と真意は不透明だ

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    北朝鮮外相「太平洋でかつてない規模の水爆実験」示唆

  • 3

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

  • 4

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 5

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 6

    日本はなぜここまで教育にカネを使わないのか

  • 7

    猫は固体であると同時に液体でもあり得るのか!? 

  • 8

    ラットの頭部移植に成功 年末には人間で?

  • 9

    世界初の頭部移植は年明けに中国で実施予定

  • 10

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 3

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 4

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

  • 5

    AV強要の実態に、胸を締めつけられ、そして驚かされる

  • 6

    北朝鮮外相「太平洋でかつてない規模の水爆実験」示唆

  • 7

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 8

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 9

    トランプ、北朝鮮の「完全破壊」を警告 初の国連演…

  • 10

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 4

    北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

  • 5

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 6

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

  • 7

    イルカの赤ちゃんはなぶり殺しだった

  • 8

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 9

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 10

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ザ・サークル」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月