最新記事

製造業

金属も成型できる3Dプリンターが登場

Testing Your Metal

ついこの間までプラスチック成型が精一杯だった3Dプリンターに金属の時代がやってきた

2013年12月17日(火)17時47分
ガブリール・ジョナス

 全世界の「DIY派」の夢がかなおうとしている。米ミシガン工科大学が、手近な材料で安価に組み立てられる3D金属プリンターの設計図を無料提供すると発表したのだ。

 これまで個人用の3Dプリンターはプラスチック成形用で、商用の金属プリンターは50万ドル以上もした。だが、公開された試作品のパーツ代や材料費は1500ドル以下。同大学では、空き缶からさまざまな道具や部品を製造できる進化型プリンターの開発にも取り組んでいる。

 3Dプリンターの活発な商業利用は数年前に始まったばかりだが、既に市場規模22億ドルの成長産業。金融大手ゴールドマン・サックスによれば、21年には売上高100億ドルを突破する見込みだ。クレディ・スイス銀行は、個人や小規模企業向けの市場も年率100%以上のペースで成長すると予測する。

 ミシガン大の研究者たちの目標は、地方の人々の生活を劇的に改善させることだ。「現在は地方を中心に、トラクターや自転車の交換パーツが入手できずに困っている人がたくさんいる」と、プロジェクトリーダーのジョシュア・ピアースは言う。「特注の部品や交換パーツが安価に『プリント』できるようになれば、とてつもなく大きな経済的メリットがある」

 さらにピアースは、スーダンの病院が無料の設計図をダウンロードして安価な3Dプリンターを組み立て、医療用機器を製造するシーンを思い描く。このプロジェクトは途上国で多くの命を救うことにもなりそうだ。

[2013年12月17日号掲載]

ニュース速報

ワールド

仏軍艦艇が佐世保入港、日米英と共同訓練へ 北朝鮮な

ワールド

北朝鮮が安保理直後に弾道ミサイル、米韓は失敗と推定

ワールド

米空母カール・ビンソンが日本海に到達、北朝鮮に圧力

ワールド

北朝鮮が弾道ミサイル発射、同国内陸部に落ち失敗のも

MAGAZINE

特集:国際情勢10大リスク

2017-5・ 2号(4/25発売)

北朝鮮問題、フランス大統領選、トランプ外交──。リーダーなき世界が直面する「10のリスク」を読み解く

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    半島危機:プーチン静観は、北朝鮮よりトランプのほうが危ないから

  • 2

    北朝鮮ミサイル実験「失敗」の真相

  • 3

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正常に発育

  • 4

    「空飛ぶ自動車」いよいよ発売、課題は大衆化

  • 5

    チャリ通は長寿の秘訣。がんや心臓疾患のリスクが4割減

  • 6

    アメリカが北朝鮮を攻撃したときの中国の出方 ── 環…

  • 7

    トランプ、韓国を攻撃「FTA見直し、THAAD導入費負担…

  • 8

    イバンカのアパレル工場は時給1ドルのブラック企業だ…

  • 9

    義を見てせざるは習近平、朝鮮有事に勇気なし

  • 10

    英「ロシアに核の先制使用も辞さず」── 欧州にもくす…

  • 1

    25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

  • 2

    ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメント拒否

  • 3

    北朝鮮ミサイル攻撃を警戒、日本で核シェルターの需要が急増

  • 4

    北朝鮮ミサイル実験「失敗」の真相

  • 5

    アメリカが北朝鮮を攻撃したときの中国の出方 ── 環…

  • 6

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝…

  • 7

    北朝鮮、軍創設記念日で大規模砲撃演習 米原潜は釜…

  • 8

    英「ロシアに核の先制使用も辞さず」── 欧州にもくす…

  • 9

    北朝鮮「超強力な先制攻撃」を警告 トランプは中国…

  • 10

    半島危機:プーチン静観は、北朝鮮よりトランプのほ…

  • 1

    25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

  • 2

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝鮮庶民の本音

  • 3

    ユナイテッド航空「炎上」、その後わかった5つのこと

  • 4

    北朝鮮に対する軍事攻撃ははじまるのか

  • 5

    米空母「実は北朝鮮に向かっていなかった」判明まで…

  • 6

    15日の「金日成誕生日」を前に、緊張高まる朝鮮半島

  • 7

    北朝鮮への米武力攻撃をとめるためか?――習近平、ト…

  • 8

    北朝鮮近海に米軍が空母派遣、金正恩の運命は5月に決…

  • 9

    ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメ…

  • 10

    オーバーブッキングのユナイテッド航空機、乗客引き…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月