最新記事

スポーツ

NBAが巻き起こすビッグデータ革命

Big Data's Full-Court Press

選手とボールの動きをすべてデータ化し試合を100倍面白くする

2013年11月15日(金)08時00分
ケビン・メイニー

 NBA(全米プロバスケットボール協会)が、ビッグな男たちについてのビッグデータを公開するという。スポーツ観戦の楽しみを根底的に変えるかもしれない膨大な量のデータの公開は、テレビの発明に匹敵するほどの衝撃をもたらしそうだ。

 レブロン・ジェームズは火曜と金曜の試合ではどっちが調子がいいのか、あるチームのパスワークのパターンとは、どのパスコースを消せばゲームの主導権を握れるのか......。今まで曖昧だったこうした事柄についてのデータが大量に入手できるようになる。もちろんこうした情報の最善の活用法が確立されるのは何年も先になるだろうが。

 今シーズンからNBAのコートには、モーションキャプチャーシステム「スポートVU」が設置される。選手の動きを捉え、データを集積する技術だ。

 スポートVUは既に他の競技で導入されている。ヨーロッパの一部のプロサッカーチームは何年も前から使っているし、米メジャーリーグの球団も野手の動きを追跡し、守備を強化するために活用している。だがNBAのデータ収集は、こうした試みとは次元が違う。

 試合のたびに、6台のカメラで各選手とボールの位置を毎秒25コマ撮影する。NBAの試合時間は48分間なので、1試合につき40万以上のデータが集まることになる。

 とはいえ、データはそのままではただのデータだ。選別し、分類し、解析し、照合して初めて真価を発揮する。コーチとゼネラルマネジャーはそれを活用して斬新な戦術を編み出すだろう。チームのフロントは選手の価値を的確に査定できる。埋もれていた才能が発掘され、選手獲得にカネを使わずとも強いチームを作れるだろう。

 ビッグデータがもたらす変化はこの程度にとどまらない。NBAはデータをすべて公開する意向だ。公開が進むほど与えるインパクトは大きくなる。データ活用のためのアプリケーションも次々に開発され、素晴らしいアイデアも生まれるだろう。

ニュース速報

ワールド

北朝鮮がミサイル発射、失敗との見方 「内陸部に落下

ワールド

北朝鮮が弾道ミサイル発射、同国内陸部に落ち失敗のも

ワールド

北朝鮮問題で安保理閣僚級会合、米国「今こそ行動すべ

ビジネス

弱いGDPで小安い、アマゾンとアルファベットは最高

MAGAZINE

特集:国際情勢10大リスク

2017-5・ 2号(4/25発売)

北朝鮮問題、フランス大統領選、トランプ外交──。リーダーなき世界が直面する「10のリスク」を読み解く

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    半島危機:プーチン静観は、北朝鮮よりトランプのほうが危ないから

  • 2

    北朝鮮ミサイル実験「失敗」の真相

  • 3

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正常に発育

  • 4

    「空飛ぶ自動車」いよいよ発売、課題は大衆化

  • 5

    アメリカが北朝鮮を攻撃したときの中国の出方 ── 環…

  • 6

    イバンカのアパレル工場は時給1ドルのブラック企業だ…

  • 7

    トランプ、韓国を攻撃「FTA見直し、THAAD導入費負担…

  • 8

    チャリ通は長寿の秘訣。がんや心臓疾患のリスクが4割減

  • 9

    義を見てせざるは習近平、朝鮮有事に勇気なし

  • 10

    英「ロシアに核の先制使用も辞さず」── 欧州にもくす…

  • 1

    25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

  • 2

    ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメント拒否

  • 3

    北朝鮮ミサイル攻撃を警戒、日本で核シェルターの需要が急増

  • 4

    北朝鮮ミサイル実験「失敗」の真相

  • 5

    アメリカが北朝鮮を攻撃したときの中国の出方 ── 環…

  • 6

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝…

  • 7

    北朝鮮、軍創設記念日で大規模砲撃演習 米原潜は釜…

  • 8

    英「ロシアに核の先制使用も辞さず」── 欧州にもくす…

  • 9

    北朝鮮「超強力な先制攻撃」を警告 トランプは中国…

  • 10

    もし第3次世界大戦が起こったら

  • 1

    25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

  • 2

    「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝鮮庶民の本音

  • 3

    ユナイテッド航空「炎上」、その後わかった5つのこと

  • 4

    北朝鮮に対する軍事攻撃ははじまるのか

  • 5

    米空母「実は北朝鮮に向かっていなかった」判明まで…

  • 6

    15日の「金日成誕生日」を前に、緊張高まる朝鮮半島

  • 7

    北朝鮮への米武力攻撃をとめるためか?――習近平、ト…

  • 8

    北朝鮮近海に米軍が空母派遣、金正恩の運命は5月に決…

  • 9

    ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメ…

  • 10

    オーバーブッキングのユナイテッド航空機、乗客引き…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月