最新記事

日本経済

"アベノミクス"への熱狂と警戒〈後編〉

A Lesson in “Abenomics”

市場の投資マインドを刺激した効果は大きいが、長期的な構造改革を後回しにしているという批判も

2013年2月13日(水)18時26分
ジャスティン・マッカリー

 前編より

...一方で、経済立て直しの大きな障害となっている消費の低迷に対してはほとんど何の手も打たれていない。雇用が安定せず、将来の収入に不安が付きまとう状況が続く限り、消費の拡大など見込めない。

 消費税がこの3年以内に現行の5%から10%へと増税されれば、家計はさらに圧迫される。

 東京のテンプル大学現代アジア研究所のロバート・デュジャリック研究所長は、「消費の回復のためには多くの対策が必要」と指摘する。「20年もの間不況にあえいできた国民を状況が変わったと説得するには、さまざまなことをする必要がある」

 また「アベノミクスに欠けているのは、女性の社会進出を後押しし、子どもを持ちやすい環境を作るミクロ経済の部分における構造改革だ」とも指摘する。

 経済評論家たちは、アベノミクスがかつてのバラまき型の公共事業へ逆戻りしているのかどうかを見定めようとしている。重要な選挙区で人気取りのために不必要な公共事業を行うというのは、戦後続いた自民党政権を特徴づけるものだった。

 上智大学の中野晃一教授は「結局、地方の支持者たちにを中心に利害関係者に対するバラまきに終わるという可能性はある」と指摘する。「だから金の流れをよく見ておく必要がある」

 さらに安倍は、日本がGDPの2倍以上という巨額の財政赤字かかえている問題は後回しにしている様子だ。円高から脱却した輸出業者は喜んでいるが、エネルギーをはじめ輸入に大きく依存しているモノの価格は円安によって上昇するため経常収支を悪化させている。

 一方でTPPへの参加については、自民党の多くの議員が市場開放に反対する農業団体からの支持を受けているため、安倍政権にとっては優先順位が低い政策のようだ。

 先般、国会で可決された10兆円を超える景気刺激対策を含む国の予算総額は過去最高となった。加えて与党の経済政策を支持する新しい日銀総裁が来月選ばれる予定であることなど、アベノミクスは勢いに乗っている。

 麻生太郎財務大臣は先週「この政府にとっての最大の優先課題は、雇用と所得を増やし、円高とデフレによる不況からこの国の経済を立て直すことだ」と言った。

 崇高な目標だが、こうした前向きな目標によって深刻な経済問題が覆い隠されている。安倍が真剣に構造改革に取り組まなければ経済問題の傷口は広がるばかりだろう。

 オリエンタルエコノミスト誌のリチャード・カッツ編集長が今週のウォールストリートジャーナル紙にこう書いている。「健全なマクロ経済政策は構造改革の痛みを和らげ成果を上げるのに役立つが、金融緩和や景気刺激策といった安倍のマクロ政策は構造改革から逃れるための鎮痛剤としか思えない」

 鎮痛剤は、打ち続けなければ効果が切れるのだが。

GlobalPost.com特約

ニュース速報

ワールド

トランプ氏「北朝鮮は大きな問題」、安倍氏と制裁強化

ビジネス

米GDP第1四半期1.2%増に上方改定、弱含み一時

ワールド

対北朝鮮制裁強化へ、安倍・トランプ両氏が一致=ホワ

ワールド

欧州委員長、トランプ氏が独通商政策を批判との報道を

MAGAZINE

特集:トランプの陰謀

2017-5・30号(5/23発売)

アメリカを再び揺るがす大統領側近たちの策謀──。「ロシアゲート」はウォーターゲート事件と同じ展開になるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    最凶な露フーリガン対策でロシアが用意した切り札とは...?

  • 2

    ヨーロッパを遠ざけロシアを引き寄せたトランプのNATO演説

  • 3

    1人の時間が必要な内向型、人と会って元気になる外向型

  • 4

    ネガティブになりがちな内向型人間にも、10の強みが…

  • 5

    ISのテロが5月27日からのラマダーン月に起きるかもし…

  • 6

    メラニア夫人が手つなぎ「拒否」、トランプは弱って…

  • 7

    フィリピン南部に戒厳令  ドゥテルテ大統領が挑む過…

  • 8

    イランはトランプが言うほど敵ではない

  • 9

    ドイツが独自の「EU軍」を作り始めた チェコやルー…

  • 10

    レイプ事件を届け出る日本の被害者は氷山の一角

  • 1

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 2

    「パスワードは定期的に変更してはいけない」--米政府

  • 3

    メラニア夫人が手つなぎ「拒否」、トランプは弱っている?

  • 4

    アリアナコンサートで容疑者拘束、死者22人で不明者…

  • 5

    北朝鮮危機が招いた米中接近、「台湾化」する日本の…

  • 6

    トランプ政権のスタッフが転職先を探し始めた

  • 7

    ドイツが独自の「EU軍」を作り始めた チェコやルー…

  • 8

    キャサリン妃妹ピッパのウェディング、でも主役は花…

  • 9

    米政府からまたリーク、マンチェスター自爆テロ容疑…

  • 10

    ベネズエラほぼ内戦状態 政府保管庫には大量の武器

  • 1

    ディズニーランド「ファストパス」で待ち時間は短くならない

  • 2

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 3

    北朝鮮ミサイル実験「失敗」の真相

  • 4

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 5

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 6

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 7

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 8

    ニクソンより深刻な罪を犯したトランプは辞任する

  • 9

    「男と女のどちらを好きになるか」は育つ環境で決ま…

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
ニューズウィーク試写会「しあわせな人生の選択」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月