最新記事

株価

FB株暴落はIPO前からわかりきっていた

Facebook's Free Fall

フェイスブック株がウォール街で「落ちるナイフ」と言われたほど危なかった理由の数々

2012年9月6日(木)15時45分
ロブ・コックス(ビジネスコラムニスト)

 フェイスブックの株価下落はまだまだ止まりそうにない。8月に一時20ドルを割り込んだ同社の時価総額は5月のIPO(新規株式公開)以降、約500億ドルも減少した。

 この惨状は世界の10億人近いフェイスブック信奉者にはショックかもしれないが、IPOの目論見書を読めば予想できた。上場当初に飛び交っていた危険信号(高過ぎた価格設定、ずさんな企業統治、手ごわいライバル、傷ついたブランド)は未解決で、フェイスブックはウォール街でいう「落ちるナイフ」の典型。投資家が手を出せば「大けが」をしかねない。

 ロイターなどの分析によれば、当初予定していた公募価格の下限の1株28ドルでも、04年に上場した頃のグーグル並みの成長が必要だった。それには年間約1.8倍の増収と同時に高い利ざやも維持する必要があった。

 フェイスブックによれば12年上半期の売上高は前年同期比38%増の22億4000万ドル。しかし、コストは半年間で26億ドルに膨れ上がっている。

 業績としてはまずまずでも、これらの数字はフェイスブックのビジネスモデルのアキレス腱を露呈している──モバイル端末の広告戦略での苦戦だ。モバイル端末の月間利用者数は6月末時点で前年比67%増の5億4300万人と、全ユーザー数の半数を超えた。

 積み重なる失敗は悪循環を生み、数字以外の面でもその将来を脅かしている。実際、市場での低い評価が伝えられるほど、フェイスブックのイメージは傷つく。その結果、ユーザーのフェイスブック離れにつながる恐れがあるばかりか、優秀な人材の確保にも悪影響が出る。

 それでもCEOのザッカーバーグは株主の嘆きを無視できる。1株当たり10個の議決権が付く複数議決権株式を保有しているおかげだ。メディア王ルパート・マードックそっくりのやり口で、これも上場の時点で分かり切っていた。

 ほとんどの投資家が十分な吟味をしなかったことが悔やまれてならない。

© 2012, Slate

[2012年8月15日号掲載]

ニュース速報

ビジネス

金融庁、監査報告の長文化を検討へ 投資家への情報提

ビジネス

タカタが民事再生法申請、負債総額1.7兆円 会長は

ビジネス

日本マクドナルド、都内33店舗で「UberEATS

ワールド

北アイルランドのDUP党首、閣外協力で首相と26日

MAGAZINE

特集:インテリジェンス戦争 中国の標的

2017-6・27号(6/20発売)

CIAの情報提供者を処刑し、日本人12人を容赦なく拘束──。スパイ戦を強化する中国インテリジェンスの最終目標

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍とおぼしき機影

  • 2

    中国シェア自転車「悪名高きマナー問題」が消えた理由

  • 3

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 4

    ロンドン高層住宅の火災、火元は米ワールプールの冷…

  • 5

    イギリス高層住宅の外壁に可燃性素材 イングランド…

  • 6

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 7

    【動画】ISIS発祥の地ヌーリ・モスク最後の日

  • 8

    【動画】銃撃の中、イラク人少女を助けた米援助活動…

  • 9

    ブレグジット大惨事の回避策

  • 10

    中国の自転車シェアリング大手、世界へ拡大 7月には…

  • 1

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 2

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 3

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

  • 4

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍と…

  • 5

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 6

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 7

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 8

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 9

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 10

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 4

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 5

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 6

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 7

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 8

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 9

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 10

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ファウンダー」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月