最新記事

株価

FB株暴落はIPO前からわかりきっていた

Facebook's Free Fall

フェイスブック株がウォール街で「落ちるナイフ」と言われたほど危なかった理由の数々

2012年9月6日(木)15時45分
ロブ・コックス(ビジネスコラムニスト)

 フェイスブックの株価下落はまだまだ止まりそうにない。8月に一時20ドルを割り込んだ同社の時価総額は5月のIPO(新規株式公開)以降、約500億ドルも減少した。

 この惨状は世界の10億人近いフェイスブック信奉者にはショックかもしれないが、IPOの目論見書を読めば予想できた。上場当初に飛び交っていた危険信号(高過ぎた価格設定、ずさんな企業統治、手ごわいライバル、傷ついたブランド)は未解決で、フェイスブックはウォール街でいう「落ちるナイフ」の典型。投資家が手を出せば「大けが」をしかねない。

 ロイターなどの分析によれば、当初予定していた公募価格の下限の1株28ドルでも、04年に上場した頃のグーグル並みの成長が必要だった。それには年間約1.8倍の増収と同時に高い利ざやも維持する必要があった。

 フェイスブックによれば12年上半期の売上高は前年同期比38%増の22億4000万ドル。しかし、コストは半年間で26億ドルに膨れ上がっている。

 業績としてはまずまずでも、これらの数字はフェイスブックのビジネスモデルのアキレス腱を露呈している──モバイル端末の広告戦略での苦戦だ。モバイル端末の月間利用者数は6月末時点で前年比67%増の5億4300万人と、全ユーザー数の半数を超えた。

 積み重なる失敗は悪循環を生み、数字以外の面でもその将来を脅かしている。実際、市場での低い評価が伝えられるほど、フェイスブックのイメージは傷つく。その結果、ユーザーのフェイスブック離れにつながる恐れがあるばかりか、優秀な人材の確保にも悪影響が出る。

 それでもCEOのザッカーバーグは株主の嘆きを無視できる。1株当たり10個の議決権が付く複数議決権株式を保有しているおかげだ。メディア王ルパート・マードックそっくりのやり口で、これも上場の時点で分かり切っていた。

 ほとんどの投資家が十分な吟味をしなかったことが悔やまれてならない。

© 2012, Slate

[2012年8月15日号掲載]

ニュース速報

ビジネス

トランプ氏、次期FRB議長人事は「間もなく決断」

ビジネス

人口・企業減下の金融機関の競争激化、経営不安定化の

ワールド

APECでの米ロ首脳会談、現時点で予定されず=ロシ

ビジネス

外貨建て債券5割増、海外クレジットも積み増し=朝日

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過激度

  • 2

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料まとめ・前編)

  • 3

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料まとめ・後編)

  • 4

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料ま…

  • 5

    早わかり衆院選 主な争点別の各党の選挙公約

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 8

    「ヒュッゲ」ブームの火付け役が日本人に伝えたい幸…

  • 9

    衆院選、自公が300議席超えか 希望は伸び悩み・立憲…

  • 10

    年内にも発売されるセックスロボット、英研究者が禁…

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料まとめ・前編)

  • 3

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過激度

  • 4

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 5

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 8

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 9

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為…

  • 10

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 8

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月