最新記事

テクノロジー

グーグルのメガネ型端末がもたらす未来

Great Invention, or New Way to Look Like a Nerd?

どこでもメール送受信や写真撮影ができる機能を備えたメガネの開発計画を発表したグーグル。画期的なアイデアだが、利用者には思わぬ難点も

2012年4月9日(月)17時55分
ステイシー・リースカ

 どうやらグーグルは本気で未来を変えようとしているらしい。だが、果たしてそれはより良い未来なのだろうか。

 グーグルは先週、メガネ型端末の開発計画「プロジェクト・グラス」を発表した。端末の詳しい仕様は公表されていないが、公開された動画によれば、メガネを装着したユーザーの視界にグーグルのさまざまなサービスが表示されるようだ。道を歩きながらナビ機能や写真撮影、メールの確認やSNS投稿もできる。

 SFの世界のようなプロジェクトだが、実際のところ、このメガネの評価はいかがなものか。

 まずはファッション性をチェック。発表されたのは、近未来的なシルバーのフレームに角ばった形状のデザインだが、ガジェット情報サイト「ギズモード」の評価は辛口だ。「このメガネ、めちゃくちゃオタクっぽい! グーグルはイケてる若手モデルたちを集めて試作品を付けさせてるけど、それでもかなりイケてない。クールなSF映画に出てくるグッズというより、地下の実験室に閉じこもるオタクの愛用品みたいだ」

 これはグーグルにとって、あまり幸先のいいスタートとは言えなさそうだ。では、見てくれはさておき機能のほうはどうだろう。

 グーグルが公開した動画によれば、このメガネをかければ手ぶらでEメールを送受信したり、お気に入りの店を予約したり、友人に電話をかけたり、ビデオチャットをしたり、スケジュールをチェックしたりできる。言ってみれば、顔にiPhoneを付けているようなもの。iPhoneと違うところは、一見すると変人っぽく見えかねないことくらいだ(携帯用ヘッドセットをつけて話している人が、独り言を言っていると勘違いされるのと同じ)。

 まあ、このメガネに250〜600ドルを払おうという時点で、もはや人からどう見られるかなんて気にしないのかもしれないが。

障害のある人にとっては便利だが

 以上、ここまではどれも些細なお笑い草かもしれない。だが、このメガネには深刻な問題が潜んでいる可能性もあるので要注意だ。ユーザーの個人情報が危険にさらされるかもしれない。

「このメガネをかけて街を歩けば、利用者の日常生活に関わる情報をグーグルが今まで以上に集められるようになるかもしれない」と、パソコン情報誌「PCWorld」は指摘している。

「公開された動画からは、このメガネがグーグルのさまざまなサービスと深く結び付いていることがよく分かる。つまり、利用者のあらゆる生活情報をグーグルとシェアするように仕向けているのだ。普段から、グーグルを使う時に表示される広告が自分の興味に合い過ぎていると思っている諸君。そうした広告が絶えずメガネのレンズにちらつく様子を想像するといい」

 もちろん、このメガネには長所だってある。手を使わずに操作できるから、身体に障害がある人はテクノロジーを利用しやすくなるだろう。

 それに、今回発表されたのは最終的な完成品ではない。グーグルは次のような声明を発表した。「現時点でこのプロジェクトを発表したのは、利用者の皆様との対話を通じてご意見をいただき、参考にしたいと思ったからです」

 私たちの声を聞きたいって? もうちょっとマシなデザインで、もうちょっとオタク度を薄め、もうちょっとまともにプライバシーを考えるのだったら協力してもいいけど。  

GlobalPost.com特約

ニュース速報

ワールド

独立宣言は撤回せず カタルーニャ州、中央政府の要求

ビジネス

英利上げへの賛成準備できず=ラムスデン中銀新副総裁

ビジネス

英中銀、「成長とインフレ」のトレードオフに依然直面

ビジネス

中国共産党大会、大幅な経済改革につながらない見通し

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 2

    石平「中国『崩壊』とは言ってない。予言したこともない」

  • 3

    北朝鮮「国連加盟国、米の軍事行動に参加しない限り核で攻撃せず」

  • 4

    年内にも発売されるセックスロボット、英研究者が禁…

  • 5

    オーストリアで「世界最年少」首相誕生へ 31歳が唱…

  • 6

    トランプ「ユネスコ脱退」、習近平「高笑い」

  • 7

    北朝鮮危機、ニクソン訪中に匹敵する米中合意の可能性

  • 8

    早わかり衆院選 主な争点別の各党の選挙公約

  • 9

    トランプに代わってクリントンが大統領になる道はま…

  • 10

    ネズミ被害に悩むワシントンDC、ストリート仕込みの…

  • 1

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 2

    イージス艦事故の黒幕は北朝鮮か? 最強の軍艦の思わぬ弱点

  • 3

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 4

    自転車大国オランダ、信号機を消してみたら起きたこ…

  • 5

    通勤時間というムダをなくせば、ニッポンの生産性は…

  • 6

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 7

    北朝鮮の送電網を破壊する、韓国「ブラックアウト爆…

  • 8

    カズオ・イシグロの「信頼できない語り手」とは

  • 9

    北朝鮮の金正恩が愛する実妹ヨジョン 党中枢部入り…

  • 10

    北朝鮮がフィッシング攻撃、米電力会社が標的に

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    カンボジアで飼育されている巨大変異ブタ、安全なの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月