最新記事

テクノロジー

グーグルのメガネ型端末がもたらす未来

Great Invention, or New Way to Look Like a Nerd?

どこでもメール送受信や写真撮影ができる機能を備えたメガネの開発計画を発表したグーグル。画期的なアイデアだが、利用者には思わぬ難点も

2012年4月9日(月)17時55分
ステイシー・リースカ

 どうやらグーグルは本気で未来を変えようとしているらしい。だが、果たしてそれはより良い未来なのだろうか。

 グーグルは先週、メガネ型端末の開発計画「プロジェクト・グラス」を発表した。端末の詳しい仕様は公表されていないが、公開された動画によれば、メガネを装着したユーザーの視界にグーグルのさまざまなサービスが表示されるようだ。道を歩きながらナビ機能や写真撮影、メールの確認やSNS投稿もできる。

 SFの世界のようなプロジェクトだが、実際のところ、このメガネの評価はいかがなものか。

 まずはファッション性をチェック。発表されたのは、近未来的なシルバーのフレームに角ばった形状のデザインだが、ガジェット情報サイト「ギズモード」の評価は辛口だ。「このメガネ、めちゃくちゃオタクっぽい! グーグルはイケてる若手モデルたちを集めて試作品を付けさせてるけど、それでもかなりイケてない。クールなSF映画に出てくるグッズというより、地下の実験室に閉じこもるオタクの愛用品みたいだ」

 これはグーグルにとって、あまり幸先のいいスタートとは言えなさそうだ。では、見てくれはさておき機能のほうはどうだろう。

 グーグルが公開した動画によれば、このメガネをかければ手ぶらでEメールを送受信したり、お気に入りの店を予約したり、友人に電話をかけたり、ビデオチャットをしたり、スケジュールをチェックしたりできる。言ってみれば、顔にiPhoneを付けているようなもの。iPhoneと違うところは、一見すると変人っぽく見えかねないことくらいだ(携帯用ヘッドセットをつけて話している人が、独り言を言っていると勘違いされるのと同じ)。

 まあ、このメガネに250〜600ドルを払おうという時点で、もはや人からどう見られるかなんて気にしないのかもしれないが。

障害のある人にとっては便利だが

 以上、ここまではどれも些細なお笑い草かもしれない。だが、このメガネには深刻な問題が潜んでいる可能性もあるので要注意だ。ユーザーの個人情報が危険にさらされるかもしれない。

「このメガネをかけて街を歩けば、利用者の日常生活に関わる情報をグーグルが今まで以上に集められるようになるかもしれない」と、パソコン情報誌「PCWorld」は指摘している。

「公開された動画からは、このメガネがグーグルのさまざまなサービスと深く結び付いていることがよく分かる。つまり、利用者のあらゆる生活情報をグーグルとシェアするように仕向けているのだ。普段から、グーグルを使う時に表示される広告が自分の興味に合い過ぎていると思っている諸君。そうした広告が絶えずメガネのレンズにちらつく様子を想像するといい」

 もちろん、このメガネには長所だってある。手を使わずに操作できるから、身体に障害がある人はテクノロジーを利用しやすくなるだろう。

 それに、今回発表されたのは最終的な完成品ではない。グーグルは次のような声明を発表した。「現時点でこのプロジェクトを発表したのは、利用者の皆様との対話を通じてご意見をいただき、参考にしたいと思ったからです」

 私たちの声を聞きたいって? もうちょっとマシなデザインで、もうちょっとオタク度を薄め、もうちょっとまともにプライバシーを考えるのだったら協力してもいいけど。  

GlobalPost.com特約

ニュース速報

ビジネス

米利上げを急ぐことに疑問=ミネアポリス連銀総裁

ワールド

米上院共和党、オバマケア代替法案の採決先送り

ビジネス

米国株式市場は下落、オバマケア代替法案の採決先送り

ビジネス

ユーロ10カ月ぶり高値、ECB総裁発言などで=NY

MAGAZINE

特集:安心なエアラインの選び方

2017-7・ 4号(6/27発売)

アメリカの航空会社で続発する乗客トラブル。トラブルを避け、快適な空の旅を楽しむ「新基準」とは

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」の証言

  • 2

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 3

    乗員7人死亡の米イージス駆逐艦、衝突前コンテナ船がライトで警告

  • 4

    中国シェア自転車「悪名高きマナー問題」が消えた理由

  • 5

    トランプが特別検察官ムラーを恐れる理由

  • 6

    東京都議選の候補者が、政策を訴えるビラを配れない…

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 9

    健全財政という危険な観念

  • 10

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 1

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」の証言

  • 2

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍とおぼしき機影

  • 3

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 4

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 5

    中国シェア自転車「悪名高きマナー問題」が消えた理由

  • 6

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 7

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 8

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 9

    ロンドン高層住宅の火災、火元は米ワールプールの冷…

  • 10

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 4

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 5

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 6

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 7

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 8

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 9

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 10

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ファウンダー」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月