最新記事

欧州債務危機

ユーロの運命を握ったイタリア人

Can this man save Europe?

大丈夫? 欧州中央銀行(ECB)の新総裁は放漫国家イタリアの中銀総裁だったこの人

2011年12月1日(木)13時01分
マイケル・ゴールドファーブ

 欧州中央銀行(ECB)総裁なんて、昔は目立たない存在だった。それが昨今の世界金融危機で突如、スポットライトが当たるようになった。

 11月1日にECB総裁に就任するイタリア銀行総裁マリオ・ドラギは冷静で地味、私生活を見せない男だ。その彼をギリシャ救済にユーロ圏におけるインフレとデフレ回避、小口金融や市場の支払い能力の監督といった難題が待ち受けている。

「グローバル経済にとって過去70年で最も重要な時期だ」と、英ケント大学のヨーロッパ政治経済学者アドリアン・パブストは言う。「ドラギには大きな決断力と知恵、少しばかりの幸運が必要だ」

 ドラギはローマのサピエンツァ大学出身。ケンブリッジ大学、マサチューセッツ工科大学でも学び、ゴールドマン・サックスを経て80年代に世界銀行の専務理事に。プリンストン高等研究所やブルッキングズ研究所の理事も務めている。

 もっとも、ECB総裁就任の理由はこの経歴ではない。ECBは98年に設立されてからオランダ人とフランス人が総裁を務めてきた。次期総裁の最有力候補はドイツ連邦銀行のアクセル・ウェーバー総裁だったが、そのウェーバーが今年になって辞任。選択肢としてドラギだけが残された。

 この人選が不快なドイツ人もいるようだ。ドイツの大衆紙ビルトは、「スパゲティといえばトマトソース」のように「インフレとイタリア」はお似合いだとちゃかした。

 他方、ヨーロッパ外交評議会ローマ支部のシルビア・フランチェコンは、そうした反応は理解できるが、「傑出したイタリア人はスーパースターになれる。ドラギはそういった人物だ」と語る。「彼は客観的な視点を持つことができる。イタリア人というよりヨーロッパ人として、ヨーロッパを救うために働くだろう」

 ドラギは自己を律するタイプだ。ベルルスコーニ首相のようにパーティー三昧の生活とは無縁。フランチェコンによると趣味は「山登り」だという。「困難な状況に対処できる男だ」

 ヨーロッパの債務危機は世界的な問題だ。ドラギも今後の任期8年の仕事ぶりで自分の評価が決まることを理解していると、パブストは言う。「ユーロ崩壊を見届けた総裁として歴史に名を残したくはないはずだ」

GlobalPost.com特約

[2011年11月 2日号掲載]

ニュース速報

ビジネス

ECB資産買い入れ、独国債不足が延長巡る議論で鍵に

ビジネス

景気拡大継続へ、弱い基調インフレで緩和は当面維持=

ワールド

英高層公営住宅の火災、火元は米ホットポイント製冷蔵

ワールド

アングル:海自の護衛艦いずも、九段線に接近 レーダ

MAGAZINE

特集:インテリジェンス戦争 中国の標的

2017-6・27号(6/20発売)

CIAの情報提供者を処刑し、日本人12人を容赦なく拘束──。スパイ戦を強化する中国インテリジェンスの最終目標

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら......

  • 2

    【動画】銃撃の中、イラク人少女を助けた米援助活動家の勇気

  • 3

    支持率急降下の安倍首相、3期目に暗雲 7月の都議選が試金石に

  • 4

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 5

    『ハクソー・リッジ』1度も武器を取らず仲間を救っ…

  • 6

    早さより味 マックが賭ける生肉パティのクォーター…

  • 7

    アメリカ南西部で52.8℃という猛暑 高齢者など4人死亡

  • 8

    小池都政に「都民」と「民意」は何を求めているのか

  • 9

    アマゾンのホールフーズ買収は止めるべきか

  • 10

    気になるCMを連発、旅行サイト「トリバゴ」の意外な…

  • 1

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 2

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 3

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える「貧富の格差」

  • 4

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

  • 5

    イーロン・マスク「火星移住は生きている間に可能だ…

  • 6

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 7

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 8

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 9

    米イージス艦事故と映画『バトルシップ』の意外な共…

  • 10

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 4

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 5

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 6

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 7

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 8

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 9

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 10

    メラニア夫人が手つなぎ「拒否」、トランプは弱って…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ファウンダー」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月