最新記事

欧州債務危機

ユーロの運命を握ったイタリア人

Can this man save Europe?

大丈夫? 欧州中央銀行(ECB)の新総裁は放漫国家イタリアの中銀総裁だったこの人

2011年12月1日(木)13時01分
マイケル・ゴールドファーブ

 欧州中央銀行(ECB)総裁なんて、昔は目立たない存在だった。それが昨今の世界金融危機で突如、スポットライトが当たるようになった。

 11月1日にECB総裁に就任するイタリア銀行総裁マリオ・ドラギは冷静で地味、私生活を見せない男だ。その彼をギリシャ救済にユーロ圏におけるインフレとデフレ回避、小口金融や市場の支払い能力の監督といった難題が待ち受けている。

「グローバル経済にとって過去70年で最も重要な時期だ」と、英ケント大学のヨーロッパ政治経済学者アドリアン・パブストは言う。「ドラギには大きな決断力と知恵、少しばかりの幸運が必要だ」

 ドラギはローマのサピエンツァ大学出身。ケンブリッジ大学、マサチューセッツ工科大学でも学び、ゴールドマン・サックスを経て80年代に世界銀行の専務理事に。プリンストン高等研究所やブルッキングズ研究所の理事も務めている。

 もっとも、ECB総裁就任の理由はこの経歴ではない。ECBは98年に設立されてからオランダ人とフランス人が総裁を務めてきた。次期総裁の最有力候補はドイツ連邦銀行のアクセル・ウェーバー総裁だったが、そのウェーバーが今年になって辞任。選択肢としてドラギだけが残された。

 この人選が不快なドイツ人もいるようだ。ドイツの大衆紙ビルトは、「スパゲティといえばトマトソース」のように「インフレとイタリア」はお似合いだとちゃかした。

 他方、ヨーロッパ外交評議会ローマ支部のシルビア・フランチェコンは、そうした反応は理解できるが、「傑出したイタリア人はスーパースターになれる。ドラギはそういった人物だ」と語る。「彼は客観的な視点を持つことができる。イタリア人というよりヨーロッパ人として、ヨーロッパを救うために働くだろう」

 ドラギは自己を律するタイプだ。ベルルスコーニ首相のようにパーティー三昧の生活とは無縁。フランチェコンによると趣味は「山登り」だという。「困難な状況に対処できる男だ」

 ヨーロッパの債務危機は世界的な問題だ。ドラギも今後の任期8年の仕事ぶりで自分の評価が決まることを理解していると、パブストは言う。「ユーロ崩壊を見届けた総裁として歴史に名を残したくはないはずだ」

GlobalPost.com特約

[2011年11月 2日号掲載]

ニュース速報

ワールド

トランプ米大統領、EUを「完全に支持」と表明

ワールド

ドイツ最大の貿易相手国に中国が浮上、米国抜く

ワールド

トランプ大統領が中国批判、「為替操作のグランドチャ

ビジネス

民需主導の好循環、賃上げなど企業の取り組みで確立=

MAGAZINE

特集:北朝鮮 暗殺の地政学

2017-2・28号(2/21発売)

異国の地マレーシアで殺害された金正男──。その死の背景には北朝鮮をめぐる地政学の変化があった

人気ランキング

  • 1

    トランプはゴルフしすぎ、すでに税金11億円以上浪費

  • 2

    人類共通の目標に大きな一歩、NASAが地球と似た惑星を7つ発見

  • 3

    オルト・ライト(オルタナ右翼)の寵児、「小児性愛OK」発言で転落

  • 4

    韓国外交部、釜山市らに慰安婦問題の「少女像」移転…

  • 5

    金正男暗殺で、また注目される「女性工作員」

  • 6

    トランプのメキシコいじめで不法移民はかえって増える

  • 7

    日本でコストコが成功し、カルフールが失敗した理由

  • 8

    児童相談所=悪なのか? 知られざる一時保護所の実態

  • 9

    金正男氏を「暗殺者に売った」のは誰か

  • 10

    金正男暗殺、北朝鮮大使館2等書記官も容疑者 マレー…

  • 1

    金正男氏を死に追いやった韓国誌「暴露スクープ」の中身

  • 2

    日本でコストコが成功し、カルフールが失敗した理由

  • 3

    金正男殺害を中国はどう受け止めたか――中国政府関係者を直撃取材

  • 4

    金正男の暗殺事件で北朝鮮の男を逮捕 謎の男の正体…

  • 5

    金正男暗殺事件、マレーシア首相が北朝鮮を暗に批判…

  • 6

    「ペンス大統領」の誕生まであと199日?

  • 7

    海上自衛隊、18年度から4年間で新型護衛艦8隻建造へ

  • 8

    金正男氏を「暗殺者に売った」のは誰か

  • 9

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 10

    一般市民まで脅し合う、不信に満ちた中国の脅迫社会

  • 1

    金正男氏を死に追いやった韓国誌「暴露スクープ」の中身

  • 2

    日本でコストコが成功し、カルフールが失敗した理由

  • 3

    金正男殺害を中国はどう受け止めたか――中国政府関係者を直撃取材

  • 4

    トランプを追い出す4つの選択肢──弾劾や軍事クーデタ…

  • 5

    日本でもAmazon Echo年内発売?既に業界は戦々恐々

  • 6

    東芝が事実上の解体へ、なぜこうなったのか?

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    マティス国防長官日韓訪問に中国衝撃!――「狂犬」の…

  • 9

    金正男クアラルンプール暗殺 北朝鮮は5年前から機…

  • 10

    トランプ、入国制限に反対の司法長官代行を1時間後…

グローバル人材を目指す

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「日本の新しいモノづくり」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 臨時増刊

世界がわかる国際情勢入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月