最新記事

ユーロ危機

優雅で頑固な地中海文化がギリシャを殺す

Greece on the Skids

パパンドレウ首相は、国家財政の粉飾を暴き、緊縮を呼びかけるアングロサクソン的教養の持ち主。人生を楽しみたい国民とのギャップはあまりに大きい

2011年10月27日(木)12時59分
クリストファー・ディッキー(パリ支局長)

 ギリシャのヨルゴス・パパンドレウ首相を歓迎するカクテルパーティーが先週、ニューヨークのピエールホテルで開かれる予定だった。会場の天井には、ニューヨーク社交界のエリートたちと古代の神々が歓談する絵がある。一見すると立体的に見えるだまし絵だ。

 1人1000ドルの晩餐と1週間のアメリカ滞在の幕開けにはふさわしいセッティングだった。ミネソタ州で生まれたパパンドレウは結局、アテネ人であると同じくらいアメリカ人なのだから。

 パパンドレウはよく、全国民の改造をもくろんでおり専制的だと批判される。そしてギリシャ財政の破綻を防ぎ、欧州と世界を2度目の金融経済危機から救おうとするパパンドレウの尋常ならざる努力は、ピエールホテルの絵と同じ目くらましにすぎないと金融界から見なされている。

 結局、パパンドレウはパーティーには来なかった。彼はニューヨークに向かう途中、ロンドンで急きょギリシャへの帰国を決め、国連やIMF(国際通貨基金)、米財務省との会談をキャンセルした。

 帰国までして開いた緊急閣議で、ギリシャ政府は公共部門の人員削減を徐々に数万人上乗せすること、また年収5000ユーロ(約52万円)の低所得者世帯も含む幅広い層を対象に所得増税を行うことで合意した。
そのおかげで、喉から手が出るほど欲しかった80億ユーロの金融支援を得られるかもしれない。資金の出し手は、今はトロイカと呼ばれるIMFとEUと欧州中央銀行(ECB)だ。

 それでも、パパンドレウに対して公共部門の雇用や手当、年金にもっと切り込めという圧力は続いている。それは、彼が率いる与党・全ギリシャ社会主義運動(PASOK)の支持基盤の中核に切り込むことと同じだ。

「浪費国家の習慣」と戦う

 ギリシャの緊急閣議はこの世の終わりのような重い空気に包まれていた。デフォルト(債務不履行)は「避けられない運命だという雰囲気だった」と、閣僚の1人は言う。苦い薬も飲んだ。だが、別の政府高官が口にしたように「薬が患者を殺すこともある」。

 パパンドレウはプレッシャーに強い。彼が14歳だった67年、ギリシャ軍が実権を掌握し、兵士がアテネの彼の自宅に元首相の父アンドレアス・パパンドレウを捜しに来たときのこと。兵士らはパパンドレウの頭に銃を突き付け隠れている父親に呼び掛けた。「アンドレアス、出て来なければ息子の頭を撃ち抜くぞ」

 この事件は「パパンドレウにとって政治への洗礼になった」と、パパンドレウ家と付き合いがあるハーバード大学の経済学者リチャード・パーカーは言う。「パパンドレウは成長しながら、いったいどんな人物になりたいかについて大きな決断を下さなければならなかった」

ニュース速報

ワールド

EU首脳、ブレグジット交渉「第2段階」入りを正式承

ビジネス

歳出最大97.7兆円、新規国債33.7兆円に 18

ビジネス

ビットコインが最高値更新、1万8000ドルに迫る

ビジネス

MRJ受注で初のキャンセルの可能性、イースタン航空

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に備え

  • 3

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 4

    習近平、「南京事件」国家哀悼日に出席――演説なしに…

  • 5

    日本の敗退後、中国式「作らない製造業」が世界を制…

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    歴史的急騰が続くビットコイン 仕掛人は意外にも日…

  • 8

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 9

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 10

    宇宙国家アスガルディア、人工衛星の軌道投入成功を…

  • 1

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 2

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 3

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 4

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 5

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 6

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に…

  • 7

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    キャノーラ油で認知症が悪化する──米研究

  • 10

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 5

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 6

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 7

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 8

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査…

  • 9

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 10

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月