最新記事

世界経済

ブラジルはユーロ危機の救世主?

Brazil to Help EU

債務危機に揺れるEUへの支援を表明したが、自国経済は失速、ロシア、中国、インドも無言のまま

2011年10月5日(水)16時47分
サラ・チルドレス

 ブラジルは巨額の債務危機に瀕しているEU(欧州連合)に助け舟を出すつもりらしい。世界経済におけるブラジルの地位を強化する狙いだ。

 ブラジル初の女性大統領ディルマ・ルセフは、ブリュッセルで開かれたEU=ブラジル首脳会談の場でEU支援を約束した。ブラジルには世界経済における役割を「果たす心づもりがある」と、ルセフ。「私たちを当てにしてほしい」

 ルセフは以前から、ブラジルをはじめとするBRICS諸国にはヨーロッパを危機から救う力があると語っていた。だが今のところ、他のBRICS諸国であるロシア、インド、中国、南アフリカから同調する声は聞かれない。

 ルセフはまたEU諸国に対し、これまでのように緊縮財政ばかりに注力するのではなく、経済成長と雇用の創出を促進していくべきだと助言した。「景気に悪い財政調整だけしていてはだめだ」と。

 ブラジルが、どんな支援を申し出るのかはまだ分からない。しかもルセフが景気よく約束した一方で、ブラジル経済は失速しつつある。世界経済の低迷と政府による歳出削減を受け、ブラジルの中央銀行は今年の経済成長率を4%から3.5%に下方修正した。ちなみに昨年のブラジルの成長率は7.5%だった。

 ここしばらく、ブラジル経済の過熱を懸念する見方が広がっている。とはいえ、破滅への道を進んでいるわけではない。少しだけ成長のペースを落としただけた。

 英フィナンシャルタイムズ紙はブラジル経済の動向について、ゴールドマンサックスのエコノミスト、アルベルト・ラモスの言葉を引用している。「ブラジルは地球の重力から逃れることはできない。彼らもグローバル経済の一部なのだから」

GlobalPost.com特約

ニュース速報

ビジネス

財務省、国債費24兆6174億円に減額へ=17年度

ワールド

焦点:返咲き目指すサルコジ氏、大統領選で移民に厳し

ビジネス

ANA、B787型機エンジン整備で9月末まで1日1

ワールド

米政府の支援は不十分、ジカ熱対策でフロリダ州知事が

MAGAZINE

特集:世界が期待するTOKYO

2016-8・30号(8/23発売)

リオ五輪の熱狂は4年後の東京大会へ── 世界は2020年のTOKYOに何を期待するのか

人気ランキング

  • 1

    オリンピック最大の敗者は開催都市

  • 2

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 3

    イタリア中部地震で37人死亡、市長「生き物の気配がしない」

  • 4

    イタリア中部地震、死者少なくとも159人 多くは休暇シーズンの観光客か

  • 5

    イタリア中部M6.2の地震で少なくとも6人死亡、建物損壊で住民が下敷きに

  • 6

    歯磨きから女性性器切除まで、世界の貧困解決のカギは「女性の自立」にある

  • 7

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 8

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 9

    自衛隊、安保法制に基づく駆け付け警護など「集団的自衛権」の訓練開始

  • 10

    氷河を堰き止めている棚氷が崩壊の危機

  • 1

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 2

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 3

    競泳金メダリストの強盗被害は器物損壊をごまかす狂言だった

  • 4

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 5

    オリンピック最大の敗者は開催都市

  • 6

    リオ五輪、英国のメダルラッシュが炙りだしたエリートスポーツの光と影

  • 7

    「ドーピング」に首まで浸かった中国という国家

  • 8

    リオ五輪でプロポーズが大流行 「ロマンチック」か「女性蔑視」か

  • 9

    中国を捨てて、いざ「イスラム国」へ

  • 10

    希望のない最小の島国ナウルの全人口をオーストラリアに移住させる計画はなぜ頓挫したか

  • 1

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 2

    中国衝撃、尖閣漁船衝突

  • 3

    戦死したイスラム系米兵の両親が、トランプに突きつけた「アメリカの本質」

  • 4

    日銀は死んだ

  • 5

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 6

    【原爆投下】トルーマンの孫が語る謝罪と責任の意味(前編)

  • 7

    トランプには「吐き気がする」──オランド仏大統領

  • 8

    イチロー3000本安打がアメリカで絶賛される理由

  • 9

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 10

    競泳金メダリストの強盗被害は器物損壊をごまかす狂言だった

 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
Newsweek特別試写会2016初秋「ハドソン川の奇跡
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

芸人も真っ青? 冗談だらけのトランプ劇場

小幡 績

日銀は死んだ

STORIES ARCHIVE

  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月