最新記事

電子書籍

グーグルeBooksは本当にオープンか

Google's "Open" Books

グーグルの「オープン性」という売り文句は、政治家の言う「超党派」や石油会社の言う「環境配慮」と変わらない

2010年12月24日(金)12時06分
ファハド・マンジュー

 待ちに待ったグーグルの電子書店eBooksがオープンした。でも、アマゾンのそれとどこが違うのか。価格設定や割引セールのタイミングは、どちらもほとんど同じ。有力出版社はどちらとも組んでいるから、品ぞろえもほぼ同じだ。

 端末の性能も期待外れ。アマゾンのキンドルにはある「しおり機能」も辞書機能もない。

 グーグル自慢のオープンさはどうか。同社は「読書体験を自由に」するとうたっていた。だからユーザー名とパスワードさえ登録すれば「どの端末でも閲覧可能」と売り込んでいた。

 私は電子ブック市場の開放をずっと待っていた。2年前にはキンドルがこの市場をほぼ独占していて、ユーザーを強引に囲い込んでいた。今は状況が変わりつつあるが、当時はキンドル用の電子ブックはキンドル公認端末でしか読めなかった。

 では、グーグルの参入で市場はオープンになったか。いや、グーグルの言う「オープン性」は政治家の言う「超党派」や石油会社の言う「環境配慮」と同じで、中身がない。

 グーグルの電子ブックには(アマゾンのもそうだが)デジタル著作権管理(DRM)がかかっており、著作権の存続している本の回し読みや転売はできない仕組みになっている。

 ただしグーグル書店で買った本は、アドビの「コンテンツサーバ4」に対応する端末ならどれでも読める。ソニーリーダーでもiPadでもOKだ。

 では互換性でグーグル端末はキンドルに勝ると言えるのか。いや、今はアマゾンも互換性の向上に取り組んでいる。電子ブックをウェブ上で閲覧できる「Kindle for the Web」も、間もなく提供される予定だ。

「開放性」は絶対必要?

 ただし、キンドル書店で買った本はアドビの方式を採用した端末では読めない。グーグル書店で買った本も、キンドル端末では読めない。キンドルが市場の約半分を牛耳っている現状からすれば、グーグルは苦しい。

 グーグルの電子ブックは一部の一般書店でも買える。だが、これも開放性の証拠にはならない。どこで買っても値段は同じ。売り上げの一部は書店に入るが、「Kindle for the Web」でもその点は同じだ。

 筆者とてグーグルを責めるつもりはない。著作権保護を求めているのは出版界だし、グーグル用の電子ブックをキンドルで読めないのはアマゾンの排他的な方針のせいだ(かつてのアマゾンはもっと「オープン」だったと思うのだが)。

 しかし、グーグルも大して「オープン」ではない。もちろん、何でもオープンにすればいいとは限らない。

 グーグルは携帯電話向けOS「アンドロイド」の発表に当たり、アップルのiPhoneよりも「オープン」だと宣伝した。正当な主張である。グーグルはOSのソースコード(基本設計情報)を公開し、端末メーカーに加工を許し、アプリ配信にも制限を設けなかった。

 対してアップルCEOのスティーブ・ジョブズは、「オープン」にしても品質は向上しない、第三者の手が加わればインターフェースは醜くなり、魅力が失われると言い放った。

 結果はどうか。ソフト開発に関する縛りがきついアップルのほうが多数の人気アプリを生み出しているし、売り上げも多い。

 要するに「オープン」さは絶対的な強みにならない。そもそも消費者は、オープンさで製品を選ぶわけではない。

 グーグルの電子ブック市場参入で競争が増えるのはいい。だが半ば閉じているものを「完全にオープン」と宣伝するのは欺瞞だ。他社と差別化したいなら、競うべきは品ぞろえや価格、機能やレビューの充実だろう。

Slate.com特約

[2010年12月22日号掲載]

ニュース速報

ワールド

北朝鮮局長「核保有は死活問題」、米国と協議計画せず

ワールド

焦点:中国の「バブル世代」、苦労知らずの若者が抱く

ワールド

アングル:中国バブル世代、若者が語る「夢と現実」

ビジネス

FRBトップにパウエル・テイラー両氏、トランプ氏が

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料まとめ・前編)

  • 2

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過激度

  • 3

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    「チョコレートは、あなたの脳力をブーストする」と…

  • 6

    【セックスロボット】数年以内に「初体験の相手」と…

  • 7

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と…

  • 8

    年内にも発売されるセックスロボット、英研究者が禁…

  • 9

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料ま…

  • 10

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料ま…

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 3

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過激度

  • 4

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料ま…

  • 5

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え…

  • 6

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 7

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 8

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 9

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為…

  • 10

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月