最新記事

アップル

白いiPhoneはなぜ作りにくいのか

Why Is It So Hard to Make a White iPhone?

新型のiPhone 4が黒い機種しか入手できないのは部品メーカーのせいか、それとも──

2010年6月28日(月)16時58分
マーサ・ホワイト

 6月24日、iPhoneが新しく生まれ変わった。だが、新型のiPhone 4をすぐ手に入れたければ黒い機種で我慢するしかないことに、アップル信奉者は不満を漏らしている。
 
 自動車大手フォードの創業者ヘンリー・フォードに倣ってアップルが「製品の標準化」を決めたわけではない。同社の発表によると、白いiPhoneは「製造に想定以上の困難が伴う」ため、7月中旬まで販売できないという。

 なぜ色の違いによって問題が生じるのだろうか。

 いくつかの理由が考えられる。まず、白い機種の需要にアップルが不意を突かれた可能性がある。「製造上の困難」は失態を取り繕うための表現かもしれない。

 下請け業者の側に問題がある可能性もある。iPhone 4の部品メーカーの大半は、白い機種のある従来のiPhone 3GSと同じだが、ディスプレイはiPad用と同じく韓国のLGが製造している。iPhone 4のディスプレイは960x640ピクセルで3GSより解像度が高く、製造がより困難かもしれない。
 

白と黒は別の部品メーカー?

 LGは他社のスマートフォン(高機能携帯)にも、iPhoneより解像度は低いがディスプレイを供給している。他社向け部品の不足は報じられていないため、アップル仕様のディスプレイが製造のボトルネックになっているのではないかとの指摘が出ている。

 そうだとしても、なぜ黒色ではなく白色のiPhoneだけに影響があるのか。それを知るには、秘密のベールに覆われたアップルのサプライチェーン(原材料の調達から製造・販売までの流れ)を探る必要がある。

 白いiPhoneを白くしているのは、非常に複雑なレシピの中で使われるわずか1、2種の原料だ。問題の部品は複数の部品メーカーに作らせている可能性があり、白と黒を別々のメーカーに委託しているのかもしれない。

 白い部品の注文は黒い部品よりもはるかに少ないはず。このため、白担当の部品メーカーが何らかの事情で生産を減速させると、部品不足が生じかねない。

「ゴリラガラス」と色の相性は

 通常は部品を余分に作っておくため、製造工程でトラブルがあっても消費者は気付かない。だがアップルの出荷計画で白いiPhoneが比較的少量だった場合、予備の製造もそれほど多くないかもしれない。少数派になるであろう機種のために全体の発売を延期することもないはずだ(グーグルで検索された回数は「黒いiPhone 4」が「白いiPhone 4」の10倍多い)。

 もうひとつの可能性は、色自体の問題だ。3GSは変色するとの苦情が多かった。ただし、それはiPhone本体のせいではなく別売ケースの色素のせいとも指摘されていた。

 新型iPhoneの表面にはアルミニウムを含んだ「ゴリラガラス」が使われており、それが犯人かもしれない。ガラスには傷が付きにくくするイオン交換処理を施してあり、白色はそうした処理との相性がよくないと推測する人もいる

 アップルが製造を委託している渦中の中国の電子製品メーカー富士康(フォックスコン)には責任はないようだ。従業員の相次ぐ自殺を受けた賃上げがコスト増にはつながったが、iPhoneの出荷を遅らせるような混乱が組み立て工程で発生したという報道はまったくない。

The Big Money特約)

ニュース速報

ビジネス

中国、企業のレバレッジ上昇で構造改革急務に=米財務

ワールド

情報BOX:トランプ米次期政権の閣僚候補者の顔ぶれ

ワールド

豪中銀、政策金利を予想通り1.50%に据え置き 成

ビジネス

トヨタ、パワートレーン刷新 21年には販売車両60

MAGAZINE

特集:THE FUTURE OF WAR 未来の戦争

2016-12・13号(12/ 6発売)

AI、ドローン、ロボット兵士......進歩する軍事技術は 新時代の戦場と戦闘の姿をここまで変える

人気ランキング

  • 1

    トランプ氏、ツイッターで中国批判 為替・南シナ海めぐり

  • 2

    トランプ-蔡英文電話会談ショック「戦争はこうして始まる」

  • 3

    イギリス空軍、日本派遣の戦闘機を南シナ海へ 20年には空母も

  • 4

    インターポールも陥落、国際機関を囲い込む中国の思惑

  • 5

    トランプ・蔡英文電話会談は周到に準備されていた?

  • 6

    内モンゴル自治区の民主化団体が東京で連帯組織を結…

  • 7

    ネットに広がる「フェイク・ニュース」― 嘘と真実の…

  • 8

    初の極右国家元首ならず、オーストリア大統領選は親…

  • 9

    甘酒......心の傷まで治してくれる、飲む点滴・甘酒

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 1

    トランプ氏、ツイッターで中国批判 為替・南シナ海めぐり

  • 2

    トランプ-蔡英文電話会談ショック「戦争はこうして始まる」

  • 3

    イギリス空軍、日本派遣の戦闘機を南シナ海へ 20年には空母も

  • 4

    「3.9+5.1=9.0」が、どうして減点になるのか?

  • 5

    内モンゴル自治区の民主化団体が東京で連帯組織を結…

  • 6

    悪名高き軍がミャンマーで復活

  • 7

    新卒採用で人生が決まる、日本は「希望格差」の国

  • 8

    東京は泊まりやすい? 一番の不満は「値段」じゃな…

  • 9

    偽ニュース問題、米大統領選は始まりに過ぎない?

  • 10

    バルト3国発、第3次大戦を画策するプーチン──その時…

  • 1

    トランプファミリーの異常な「セレブ」生活

  • 2

    「トランプ勝利」世界に広がる驚き、嘆き、叫び

  • 3

    68年ぶりの超特大スーパームーン、11月14日に:気になる大地震との関連性

  • 4

    注目は午前10時のフロリダ、米大統領選の結果は何時…

  • 5

    トランプに熱狂する白人労働階級「ヒルビリー」の真実

  • 6

    米大統領選、クリントンはまだ勝つ可能性がある──専…

  • 7

    トランプ勝利で日本はどうなる? 安保政策は発言通…

  • 8

    【敗戦の辞】トランプに完敗したメディアの「驕り」

  • 9

    安倍トランプ会談、トランプは本当に「信頼できる指…

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「五輪に向けて…外国人の本音を聞く」
リクルート
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

『ハリー・ポッター』魔法と冒険の20年

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月