最新記事

アップル

白いiPhoneはなぜ作りにくいのか

Why Is It So Hard to Make a White iPhone?

新型のiPhone 4が黒い機種しか入手できないのは部品メーカーのせいか、それとも──

2010年6月28日(月)16時58分
マーサ・ホワイト

 6月24日、iPhoneが新しく生まれ変わった。だが、新型のiPhone 4をすぐ手に入れたければ黒い機種で我慢するしかないことに、アップル信奉者は不満を漏らしている。
 
 自動車大手フォードの創業者ヘンリー・フォードに倣ってアップルが「製品の標準化」を決めたわけではない。同社の発表によると、白いiPhoneは「製造に想定以上の困難が伴う」ため、7月中旬まで販売できないという。

 なぜ色の違いによって問題が生じるのだろうか。

 いくつかの理由が考えられる。まず、白い機種の需要にアップルが不意を突かれた可能性がある。「製造上の困難」は失態を取り繕うための表現かもしれない。

 下請け業者の側に問題がある可能性もある。iPhone 4の部品メーカーの大半は、白い機種のある従来のiPhone 3GSと同じだが、ディスプレイはiPad用と同じく韓国のLGが製造している。iPhone 4のディスプレイは960x640ピクセルで3GSより解像度が高く、製造がより困難かもしれない。
 

白と黒は別の部品メーカー?

 LGは他社のスマートフォン(高機能携帯)にも、iPhoneより解像度は低いがディスプレイを供給している。他社向け部品の不足は報じられていないため、アップル仕様のディスプレイが製造のボトルネックになっているのではないかとの指摘が出ている。

 そうだとしても、なぜ黒色ではなく白色のiPhoneだけに影響があるのか。それを知るには、秘密のベールに覆われたアップルのサプライチェーン(原材料の調達から製造・販売までの流れ)を探る必要がある。

 白いiPhoneを白くしているのは、非常に複雑なレシピの中で使われるわずか1、2種の原料だ。問題の部品は複数の部品メーカーに作らせている可能性があり、白と黒を別々のメーカーに委託しているのかもしれない。

 白い部品の注文は黒い部品よりもはるかに少ないはず。このため、白担当の部品メーカーが何らかの事情で生産を減速させると、部品不足が生じかねない。

「ゴリラガラス」と色の相性は

 通常は部品を余分に作っておくため、製造工程でトラブルがあっても消費者は気付かない。だがアップルの出荷計画で白いiPhoneが比較的少量だった場合、予備の製造もそれほど多くないかもしれない。少数派になるであろう機種のために全体の発売を延期することもないはずだ(グーグルで検索された回数は「黒いiPhone 4」が「白いiPhone 4」の10倍多い)。

 もうひとつの可能性は、色自体の問題だ。3GSは変色するとの苦情が多かった。ただし、それはiPhone本体のせいではなく別売ケースの色素のせいとも指摘されていた。

 新型iPhoneの表面にはアルミニウムを含んだ「ゴリラガラス」が使われており、それが犯人かもしれない。ガラスには傷が付きにくくするイオン交換処理を施してあり、白色はそうした処理との相性がよくないと推測する人もいる

 アップルが製造を委託している渦中の中国の電子製品メーカー富士康(フォックスコン)には責任はないようだ。従業員の相次ぐ自殺を受けた賃上げがコスト増にはつながったが、iPhoneの出荷を遅らせるような混乱が組み立て工程で発生したという報道はまったくない。

The Big Money特約)

ニュース速報

ワールド

焦点:試されるOPEC価格維持の「本気度」

ビジネス

米国株は上昇、ハイテク株が高い 金融株は売られる

ビジネス

インフレ確実に加速するまで利上げ見送りを=米セント

ビジネス

EU、公正な通商で米中に強硬姿勢を示唆 相互性重要

MAGAZINE

特集:インテリジェンス戦争 中国の標的

2017-6・27号(6/20発売)

CIAの情報提供者を処刑し、日本人12人を容赦なく拘束──。スパイ戦を強化する中国インテリジェンスの最終目標

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍とおぼしき機影

  • 2

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 3

    ロンドン高層住宅の火災、火元は米ワールプールの冷蔵庫

  • 4

    オバマが報復表明、米大統領選でトランプを有利にし…

  • 5

    中国の自転車シェアリング大手、世界へ拡大 7月には…

  • 6

    【動画】銃撃の中、イラク人少女を助けた米援助活動…

  • 7

    早さより味 マックが賭ける生肉パティのクォーター…

  • 8

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 9

    【動画】ISIS発祥の地ヌーリ・モスク最後の日

  • 10

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 1

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 2

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 3

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

  • 4

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 5

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 6

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 7

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 8

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍と…

  • 9

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 10

    イーロン・マスク「火星移住は生きている間に可能だ…

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 4

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 5

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 6

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 7

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 8

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 9

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 10

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ファウンダー」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月