注目のキーワード
文字サイズ

最新記事

尖閣諸島危機は日本の好機だ

特集

中国vs世界

権益を脅かす者には牙をむく
新・超大国と世界の新しい関係

2010.10.26
東アジア

尖閣諸島危機は日本の好機だ

China's Maritime Aggression A Wake-up Call to Japan

尖閣諸島から南シナ海まで中国は勢力拡張を目論むが、それは日本が地域外交で指導力を発揮するチャンスだ

2010年10月26日(火)12時02分
ダン・トワイニング(米シンクタンク、ジャーマン・マーシャルファンド上級フェロー)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷

 日本と中国、そして台湾が領有権を主張する尖閣諸島。その周辺で日本の海上保安庁の巡視船と中国のトロール船が衝突したのは9月7日のこと。翌8日に中国人船長が公務執行妨害で日本側に逮捕されたのを発端とする日中のにらみ合いは、25日の船長の釈放で一応の解決を見た。

 この間中国は、日本の大学生を上海万博に招待する計画を延期したり、米紙が中国政府による日本向けレアアース(希土類)の輸出禁止を報じるなど、強力な圧力をかけてきた。こうした行動は、アジアにおける勢力拡張を目指す中国の行動パターンの1つだ。

 中国はインドのアルナチャルプラデシュ州や、南シナ海の島々の領有権を主張。黄海では米韓軍事演習を牽制するかのように、中国海軍の軍事演習を立て続けに実施してきた。そして日本の近海でも挑発行動を続けてきた。

 今年4月には、キロ級攻撃潜水艦とソブレメンヌイ級駆逐艦を含む中国海軍の艦艇10隻が、東シナ海から宮古島沖を通って太平洋に「航行」して関係者の度肝を抜いた。中国海軍のヘリコプターが海上自衛隊の護衛艦に異常接近したり、日本の近海における中国の潜水艦の活動も活発化している。

 その背景には、東シナ海のガス田開発をめぐる日中の摩擦悪化がある(08年6月に両国による共同開発が合意されたはずなのだが)。また南シナ海の領有権問題では、中国は自国よりも小さな東南アジア諸国に対して見下すような態度を取ってきた。

 中国の外相は今年7月、ベトナムで開かれたASEAN(東南アジア諸国連合)地域フォーラム(ARF)で、南シナ海における中国の傍若無人な振る舞いを各国に批判され、騒がしいと反撃。アジア諸国の閣僚(とヒラリー・クリントン米国務長官)を唖然とさせた。

 ある主要国の外相によれば、とりわけ各国の閣僚に不快感を与えたのは、東南アジア諸国は中国との貿易によって繁栄している「小国」であり、中国は「大国だ」という楊の発言だったらしい。つまりこれらの弱小国が、中国と対等な関係を築く可能性などあり得ない、ということらしい。

忘れがちな日本の役割

 その上で楊は、南シナ海の領有権問題は沿岸各国と中国の2国間問題だと断言。各国はその問題をASEANなどの場で持ち出して「国際化」する前に、相手が自国よりもはるかに大きな中国であること(と中国市場への経済的依存)を考えるべきだと発言した。

 中国の強気の姿勢は、日本がアジアで再び指導力を発揮するチャンスでもある。

 鳩山由紀夫前首相は中国との協力関係を強化して、「友愛」という漠然とした概念に基づく「東アジア共同体」を提案した。だが日本からアジアの盟主の座を奪う野望に燃える中国を前に、日本政府は漠然とした構想を捨てて、現実的な態度を取り始めている。

 9月14日の民主党代表選挙で「親中派」の小沢一郎を破った菅直人首相は、日米同盟の強化を強調してきた。沖縄の米軍基地再編に関する米政府との合意遵守もその1つだ。一方、前原誠司外相は対中強硬派として知られ、日米同盟の強力な支持者だ。数年前に中国の軍事的近代化の脅威に警告を発したこともある。

 日本政府は現在新たな防衛大綱を作成中だが、それは中国の軍事的野心を考慮したものでなければならない。また中国の嫌がらせから日本を守る機能や装備を整えるための予算も必要だ。

 多くの民主党議員は「より対等な日米関係」を支持している。そうであるなら、アメリカに頼り過ぎずに独自のパンチを繰り出せるよう、国防能力の増強に前向きでなければならない。それなのに日本の防衛予算は、過去10年間で実質5%減ってきた。

最新ニュース

ビジネス

11月コンビニ既存店売上高は前年比1.7%減、8カ月連続のマイナス

2014.12.22

ビジネス

日銀月報「企業物価は当面下落」、需給ギャップ7─9月に小幅悪化

2014.12.22

ビジネス

ドル午後も119円半ばで方向性出ず、参加者少なく取引低調

2014.12.22

ビジネス

焦点:上海・香港の株式相互取引「大誤算」、参加者は投機筋ばかり

2014.12.22

新着

現地取材

ウクライナ紛争の勝者はどこに?(前編)

抗議デモから1年。親ロ派勢力が独立を宣言したドネツクで見つけた「革命」のグロテスクな姿 [2014.12.16号掲載]

2014.12.22
映画

ルコント久々の大人の恋愛物語『暮れ逢い』

20世紀初頭のドイツを舞台に、若妻と青年の恋を描いたパトリス・ルコント監督に聞く 

2014.12.19
安全保障

「アジアはアジアで守る」中国・脱アメリカ宣言の思惑

地域安全保障の主導権をアメリカから取り戻すという名目でアジアでの覇権を狙う中国の危険な構想 [2014.12.16号掲載]

2014.12.19
ページトップへ

本誌紹介 最新号

2014.12.23号(12/16発売)

特集:首脳の成績表

2014.12.23号(12/16発売)

民主化の旗手から外交の達人、苛酷な独裁者まで
世界のリーダーたちの資質と実績を徹底分析

ウラジーミル・プーチン 独特のカリスマも強硬策が裏目

アンゲラ・メルケル 「緊縮の鬼」は実はきまじめな慎重派

デービッド・キャメロン 貴族宰相が冷笑を買うトラブルメーカーに

バラク・オバマ 強力な指導力を発揮し始めた「弱腰大統領」

専制政治 懲りない独裁者7人の明暗

習近平 汚職狩りでは剛腕も外交は場当たり的?

ナレンドラ・モディ 実は民生重視で外交上手な人気宰相の秘密

安倍晋三 得意の外交で存在感見せるが内政は留守がち?

■おしゃれ ファッションリーダーは誰?

レジェップ・タイップ・エルドアン 独裁色強める中東のキーパーソン

フランソワ・オランド 経済立て直しが進まぬうち女性問題が浮上

テイン・セイン 開放路線は成功したが、民主化は道半ば

エンリケ・ペニャ・ニエト 治安問題でただいま支持率急落中

トニー・アボット アジア外交で成果、環境政策には非難が

ハサン・ロウハニ 核協議再開も国民の締め付けは緩めず

■夫人 ファーストレディー世界一は誰?

朴槿恵 レームダック化避ける秘策は財閥へのくさび

マッテオ・レンツィ 結果を出せない「若き改革者」

新興国 不安な5カ国の舵取りは

■中東 出口なき泥沼から抜け出せるか

雑誌を購入   デジタル雑誌を購入
最新号の目次を見る
本誌紹介一覧へ

Recommended

MAGAZINE

特集:首脳の成績表

2014-12・23号(12/16発売)

民主化の旗手から外交の達人、苛酷な独裁者まで
世界のリーダーたちの資質と実績を徹底分析

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース
  1. 1

    ルーブル危機でロシア経済はもう手遅れ

    危機回避にはウクライナ問題で譲歩して欧米の制裁を解…

  2. 2

    米ロの軍事「スター・ウォーズ」第2章

    宇宙での武器使用を制限しようとするロシアと、それに…

  3. 3

    アマゾンで買わないクリスマス

    低賃金で従業員をこき使う「ブラック企業」ぶりに、ボ…

  4. 4

    水責めだけじゃないCIAの拷問法

    米上院委員会の報告で明らかになった、テロ容疑者への…

  5. 5

    原油安はエコカー神話の終わりの始まり?

    テスラの株価急落に消費者の「ガソリン車回帰説」…

  6. 6

    チキンレースに賭けたOPECの大誤算

    原油価格の急落に耐えてシェアを守り、シェールオイル…

  7. 7

    熾烈、オーストラリア版テロとの戦い

    ISISとの関連も疑われる人質立てこもり事件はオー…

  8. 8

    この程度の民主化なら国名をビルマに戻せ

    野党のスー・チーを大統領選から締め出し、少数民族の…

  9. 9

    「改革派」ブッシュ弟は予備選を生き残れるか

    16年米大統領選への出馬が有力視されるジェブ・ブッ…

  10. 10

    「アジアはアジアで守る」中国・脱アメリカ宣言の思惑

    地域安全保障の主導権をアメリカから取り戻すという名…

  1. 1

    55年体制に回帰した政治の本当の争点

    総選挙では与党の勢力がほとんど変わらず、「第三極…

  2. 2

    企業秘密だけじゃない、ソニーがハッカー攻撃で失ったもの

    ソニーのハッキング事件が面白いことになってきた。…

  3. 3

    与党圧勝を、アメリカはどう見ているのか?

    解散の際には「その意味」を東京発で必死に説明して…

  4. 4

    原油暴落でアベノミクスは死んだが日本経済は生き返る

    原油価格が暴落している。特に11月27日のOPE…

  5. 5

    景気後退でも与党が圧勝する日本の構造問題

    戦後最低の52・66%という投票率については、要…

  6. 6

    ピケティ的な格差は日本でも拡大するか

    世界中でベストセラーになったトマ・ピケティの『2…

  7. 7

    スパイ組織CIAが陥った「腐敗」

    今月9日に米上院情報特別委員会が公表した、ブッシ…

  8. 8

    中東と東アジアをつないだ国際会議

    オーストラリアでカフェが乗っ取られたり、パキスタ…

  9. 9

    蔓延するヘンな英語用法に異議あり!

    年寄りはいつも、若者のマナー低下を嘆く投書を書い…

  10. 10

    人種対立暴動の背景にある3段階の差別とは

    ミズーリ州ファーガソンでの白人警官による黒人少年…

  1. 1

    原油安で地政学的緊張高まる可能性=英中銀報告

    イングランド銀行(英中央銀行)は16日、原油安で…

  2. 2

    ルーブル流動性ひっ迫、ロシア中銀が外貨スワップ規模引き上げ

    ロシア中銀は19日、同日の外貨スワップの規模を2…

  3. 3

    中国当局、家族が海外移住の官僚1000人を降格

    新華社通信によると、中国の当局は腐敗官僚の取り締…

  4. 4

    タリバン学校襲撃で生徒ら130人超死亡、マララさん悲しみの声明

    パキスタン北西部カイバル・パクトゥンクワ州ペシャ…

  5. 5

    米国株3日続伸、エネルギー株がけん引

    19日の米国株式市場は3日続伸して取引を終えた。…

  6. 6

    「サイバー攻撃は北朝鮮の犯行」、オバマ氏が対抗措置表明

    オバマ米大統領は19日、ソニーの米映画子会社、ソ…

  7. 7

    焦点:安倍政権は予算編成加速、歳出絞り込みが財政再建の試金石

    師走の衆院選は、自民党の圧勝に終わった。安倍晋三…

  8. 8

    原油価格下落は一時的、生産削減難しい=サウジ石油相

    サウジアラビアのヌアイミ石油鉱物資源相は、現在の…

  9. 9

    焦点:ルーブル危機、「プーチン帝国」崩壊への序曲か

    ロシアの通貨ルーブルは16日に急落、本格的な通貨…

  10. 10

    シドニー立てこもりで警官が突入、人質2人と容疑者死亡

    オーストラリア最大都市シドニー中心部のカフェで1…

ニューズウィーク日本版2015冬特別試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

STORIES ARCHIVE

  • 2014年12月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月