注目のキーワード
文字サイズ

最新記事

尖閣諸島危機は日本の好機だ

特集

中国vs世界

権益を脅かす者には牙をむく
新・超大国と世界の新しい関係

2010.10.26
東アジア

尖閣諸島危機は日本の好機だ

China's Maritime Aggression A Wake-up Call to Japan

尖閣諸島から南シナ海まで中国は勢力拡張を目論むが、それは日本が地域外交で指導力を発揮するチャンスだ

2010年10月26日(火)12時02分
ダン・トワイニング(米シンクタンク、ジャーマン・マーシャルファンド上級フェロー)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷

 日本と中国、そして台湾が領有権を主張する尖閣諸島。その周辺で日本の海上保安庁の巡視船と中国のトロール船が衝突したのは9月7日のこと。翌8日に中国人船長が公務執行妨害で日本側に逮捕されたのを発端とする日中のにらみ合いは、25日の船長の釈放で一応の解決を見た。

 この間中国は、日本の大学生を上海万博に招待する計画を延期したり、米紙が中国政府による日本向けレアアース(希土類)の輸出禁止を報じるなど、強力な圧力をかけてきた。こうした行動は、アジアにおける勢力拡張を目指す中国の行動パターンの1つだ。

 中国はインドのアルナチャルプラデシュ州や、南シナ海の島々の領有権を主張。黄海では米韓軍事演習を牽制するかのように、中国海軍の軍事演習を立て続けに実施してきた。そして日本の近海でも挑発行動を続けてきた。

 今年4月には、キロ級攻撃潜水艦とソブレメンヌイ級駆逐艦を含む中国海軍の艦艇10隻が、東シナ海から宮古島沖を通って太平洋に「航行」して関係者の度肝を抜いた。中国海軍のヘリコプターが海上自衛隊の護衛艦に異常接近したり、日本の近海における中国の潜水艦の活動も活発化している。

 その背景には、東シナ海のガス田開発をめぐる日中の摩擦悪化がある(08年6月に両国による共同開発が合意されたはずなのだが)。また南シナ海の領有権問題では、中国は自国よりも小さな東南アジア諸国に対して見下すような態度を取ってきた。

 中国の外相は今年7月、ベトナムで開かれたASEAN(東南アジア諸国連合)地域フォーラム(ARF)で、南シナ海における中国の傍若無人な振る舞いを各国に批判され、騒がしいと反撃。アジア諸国の閣僚(とヒラリー・クリントン米国務長官)を唖然とさせた。

 ある主要国の外相によれば、とりわけ各国の閣僚に不快感を与えたのは、東南アジア諸国は中国との貿易によって繁栄している「小国」であり、中国は「大国だ」という楊の発言だったらしい。つまりこれらの弱小国が、中国と対等な関係を築く可能性などあり得ない、ということらしい。

忘れがちな日本の役割

 その上で楊は、南シナ海の領有権問題は沿岸各国と中国の2国間問題だと断言。各国はその問題をASEANなどの場で持ち出して「国際化」する前に、相手が自国よりもはるかに大きな中国であること(と中国市場への経済的依存)を考えるべきだと発言した。

 中国の強気の姿勢は、日本がアジアで再び指導力を発揮するチャンスでもある。

 鳩山由紀夫前首相は中国との協力関係を強化して、「友愛」という漠然とした概念に基づく「東アジア共同体」を提案した。だが日本からアジアの盟主の座を奪う野望に燃える中国を前に、日本政府は漠然とした構想を捨てて、現実的な態度を取り始めている。

 9月14日の民主党代表選挙で「親中派」の小沢一郎を破った菅直人首相は、日米同盟の強化を強調してきた。沖縄の米軍基地再編に関する米政府との合意遵守もその1つだ。一方、前原誠司外相は対中強硬派として知られ、日米同盟の強力な支持者だ。数年前に中国の軍事的近代化の脅威に警告を発したこともある。

 日本政府は現在新たな防衛大綱を作成中だが、それは中国の軍事的野心を考慮したものでなければならない。また中国の嫌がらせから日本を守る機能や装備を整えるための予算も必要だ。

 多くの民主党議員は「より対等な日米関係」を支持している。そうであるなら、アメリカに頼り過ぎずに独自のパンチを繰り出せるよう、国防能力の増強に前向きでなければならない。それなのに日本の防衛予算は、過去10年間で実質5%減ってきた。

最新ニュース

ビジネス

タカタ製エアバッグのリコール対象車数、米当局大幅引き上げ

2014.10.22

ビジネス

9月米消費者物価は小幅上昇、FRB緩和姿勢維持か

2014.10.22

ビジネス

APEC共同声明、柔軟な財政政策で経済・雇用創出を支援

2014.10.22

ビジネス

欧州ストレステストで18行失格、PIMCO幹部見込む

2014.10.22

新着

エネルギー

産油国ベネズエラが原油を輸入する不思議

世界最大の石油埋蔵量を誇る国が陥った「原油不足」 

2014.10.22
中国経済

チャイナ・アズ・No1でもあわてるな

中国が購買力平価で世界一の経済大国に。ただ指標としては必ずしも正確ではない [2014.10.21号掲載]

2014.10.22
イスラム教

ハラールの威力で盛況、ロシアのホテル

欧米の経済制裁で打撃を受けたロシア観光業界が、中東のイスラム教徒を呼び込むために変身中 

2014.10.21
ページトップへ

本誌紹介 最新号

2014.10.28号(10/21発売)

特集:エボラ拡大パニック

2014.10.28号(10/21発売)

国際社会の無策と無関心が招いたエボラ熱の拡大
「死のウイルス」は今後、どこまで広がるのか

感染症 無知と無策が引き起こしたエボラパニック

不安 ヒステリーを助長する5つの(愚かな)誤解

政策 ワクチン開発を遅らせた真犯人は誰だ?

アメリカ 米軍が乗り出した空前の作戦

西アフリカ 遺体を抱き締めたくて

雑誌を購入   デジタル雑誌を購入
最新号の目次を見る
本誌紹介一覧へ

Recommended

MAGAZINE

特集:エボラ拡大パニック

2014-10・28号(10/21発売)

国際社会の無策と無関心が招いたエボラ熱の拡大
「死のウイルス」は今後、どこまで広がるのか

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース
  1. 1

    西アフリカのエボラ支援で中国がはじくソロバン

    エボラ出血熱の悲劇が浮き彫りにする対外支援と貿易の…

  2. 2

    エボラ恐怖にパニクる米保守派の妄言ツイート

    「患者を焼き払え」などと触れ回るエボラそのものより…

  3. 3

    オスロ五輪招致撤退はIOCの接待要求のせい

    聞きしに勝るIOCの「たかり体質」にあきれ、冬季五…

  4. 4

    アメリカ株の急落は世界不況の前触れか

    FRBが楽観的な景況判断を発表したが、利上げへの警…

  5. 5

    「少女誘拐」ボコ・ハラムは既に1万人を殺害

    西欧の教育を否定し、ナイジェリアでイスラム国家の建…

  6. 6

    人民解放軍「暴走化」の読めない構図

    繰り返される挑発行為は習政権の統率力低下を示してい…

  7. 7

    コーヒー飲んだら運動、それともベッドイン?

    香りだけでストレスを和らげ集中力や記憶力を高めるカ…

  8. 8

    重罪人の安楽死は本当に人権の尊重か

    安楽死を認めるベルギーが抱えるもう一つの問題…

  9. 9

    「卵子凍結手当」は働く女性の味方?

    妊娠を先延ばしにできるフェイスブックの新制度に賛否…

  10. 10

    元祖弱腰大統領カーターがオバマ外交を大批判

    ISISの勢力拡大を許したのはオバマの弱腰のせいと…

  1. 1

    世界に広がった「性奴隷」の誤解をいかに解くか

    朝日新聞の誤報問題は国際的な広がりをみせ、韓国以…

  2. 2

    愛国歴史教育に対する「米高校生の異議申し立て」が勝利した日

    最近の各国の保守主義の運動には「自国の歴史に誇り…

  3. 3

    適切だったJR西日本の「早期運休判断」

    台風19号の上陸に備えて、JR西日本が早急に運休…

  4. 4

    成熟国家日本からなぜ「イスラム国」に参加したいのか

    古書店に掲示されたいい加減な張り紙を見てISIS…

  5. 5

    対クルド攻撃を優先させるトルコ

    イスラーム国を「殲滅する」と宣言して、シリア空爆…

  6. 6

    初の「エボラ発症」でもアメリカ社会が平静な理由

    これまでアメリカ国内では、搬送されたエボラ出血熱…

  7. 7

    虚妄の「加害者意識」が生む日韓の憎悪の悪循環

    このごろ在特会(在日特権を許さない市民の会)とい…

  8. 8

    『永遠の0』の何が問題なのか?

    先月に一時帰国した際、評判の映画『永遠の0』を観…

  9. 9

    黒田総裁はインフレ目標から逃げるが、岩田副総裁には逃げ道がない

    日本銀行の黒田東彦総裁が、昨年4月に「マネタリー…

  10. 10

    中国経済「崩壊論」の虚と実と

    北京市北部の新興住宅街でエステティックサロン兼美…

  1. 1

    ドル小幅高、底堅い米消費者信頼感受け安心感広がる=NY外為市場

    17日のニューヨーク外為市場では、ドルが主要通貨…

  2. 2

    米看護師が新たにエボラ陽性、当局は微熱で旅客機搭乗を許可

    米テキサス州保健局は15日、米国内で初めてエボラ…

  3. 3

    タカタ製エアバッグ不具合に絡み、米国で4人目の死者=監察医

    米フロリダ州で発生した交通事故で、ホンダの200…

  4. 4

    エボラ感染拡大、現実に起こり得る=米ダラス当局者

    米テキサス州ダラス郡の当局者は、米国内で初めてエ…

  5. 5

    エボラ熱がスペインとフランスで拡大か、1人は機内で発症

    スペイン当局は16日、エボラ出血熱が疑われる症状…

  6. 6

    GPIF改革、日本株「20%半ば」へ最終調整=政府筋

    年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が資産…

  7. 7

    三菱重会長「国産機の夢が現実に」、MRJを初公開

    三菱重工業と傘下の三菱航空機(名古屋市)は18日…

  8. 8

    ロンドン株急反発、米経済に明るい見方

    17日のロンドン株式市場は、FT100種総合株価…

  9. 9

    チェコ原子炉建設に中国が関心、東芝傘下も入札参加予定

    東芝傘下の米ウエスチングハウス(WH)などの企業…

  10. 10

    トヨタが世界で166万台超リコール、クラウンやレクサスの一部など

    トヨタ自動車は15日、高級車ブランド「レクサス」…

Sound's View 自分を創る音の風景 豊田泰久さん
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

STORIES ARCHIVE

  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月