コラム

これはアマチュアだからこそ撮れる写真なのか?

2017年03月14日(火)11時01分
これはアマチュアだからこそ撮れる写真なのか?

From Matthew Wylie @m_mateos

<プロの写真家でないからこそ良い写真を撮りやすい――。そんなことを痛感させるマシュー・ワイリーの作品の特徴とは>

80年代、好きだったある関西の写真家が、アマチュアのほうがある意味では良い写真を撮りやすい、少なくともその私的な世界にのめり込むことができる、と嘆いていたことがあった。

しばしばそれを痛感させられる。今回紹介するのは、そんなノン・プロフェッショナルな写真家だ。カナダのトロントで文学と哲学を教えている、37歳のマシュー・ワイリーである。

彼の作品は、強烈な光と陰のコントラストを重視した白黒写真、あるいはフレームの中で色彩をシュールに計算したカラー写真が特徴だ。一見すると、ここ数年の流行りのパターンを踏襲しているだけにも見える。実際、彼に影響を与えた写真家は、ソール・ライターやレイ・メツカー、森山大道、あるいは、インスタグラムで光と陰の魅力を十二分に引き出して作品を発表し続けている著名な写真家たちだ。

【参考記事】シャッターを切るまでに「半年~1年」と学者のように語った

だが、形だけ真似をしたポスト・プロダクションの写真ではない。ワイリーの作品プロセスは、iPhoneもしくはリコー「GR II」を使い、Hipstamatic のアプリを多用しているが、大半は撮影前にセットしたそのアプリのデジタル・フィルムとレンズのコンボによって撮影したものだ。

かつてフィルムの時代、プラスティックレンズのホルガ・カメラやポラロイドの持ち味を全面に押し出した作品が流行したことがあったが、それと基本的には同じ論理だ。ちなみに彼が本格的に写真を撮り出すようになったのはiPhone 4Sを使い始めてからだというが、それまでにしばしば使っていたカメラはポラロイドだった。

Flowers • Toronto #flowers #toronto #streetphotography #everydayjapan

Matthew Wylieさん(@m_mateos)がシェアした投稿 -

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

ニュース速報

ビジネス

ユーロ圏の1行、資本要件満たさず=ECB年次報告

ビジネス

歳出最大97兆7100億円 18年度予算案、閣僚折

ビジネス

18年大胆予測、日銀YCC放棄 1ドル100円に=

ビジネス

中国の中央経済工作会議が開幕、来年の計画策定へ=新

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    米国防総省の極秘調査から出てきたUFO映像

  • 2

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 3

    歴史的急騰が続くビットコイン 仕掛人は意外にも日本の個人投資家

  • 4

    ひき肉の偽装表示も99%の精度で暴く

  • 5

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 6

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 7

    ウクライナ紛争ではびこる性暴力

  • 8

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 9

    孤独なオタクをのみ込む極右旋風

  • 10

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 3

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 4

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に…

  • 5

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 6

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 7

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    ビットコインのために自宅を担保にするバカ、米当局…

  • 10

    習近平、「南京事件」国家哀悼日に出席――演説なしに…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 4

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 5

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 6

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査…

  • 7

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 8

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 9

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 10

    「軍事衝突は近い。国防総省は在韓米軍の家族を退避…

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!