コラム

ニューヨークの地下鉄の匂いを掴み取る情熱の写真家

2016年12月23日(金)11時35分
ニューヨークの地下鉄の匂いを掴み取る情熱の写真家

From Stephen Reel @stephen.reel

<ニューヨークをベースに活動するベテラン写真家スティーブン・リール。最も力を注いでいるプロジェクトは、地下鉄シリーズとポートレート・シリーズだ>

 情熱は、写真家にとってもっとも大切なことの1つだ。情熱がなければ、いくら才能があっても写真を撮り続けることはできない。目の前にチャンスが訪れても、確実に掴みとろうとする意気込みがなければ、あるいは決定的瞬間をその沸点まで執拗に追い求めようとする意志がなければ、写真は簡単に凡庸になってしまう。

 今回紹介するのは、アイルランドのダブリン出身だが、ニューヨークをベースに活動しているスティーブン・リール。現在45歳だが、そんな情熱を持ち続けている写真家だ。27年間、ニューヨークで揉まれ続けてきた経験と感性を生かして、パーソナル・プロジェクトをインスタグラムで発表している。

 リールが最も力を注いでいるプロジェクトは、ニューヨークの地下鉄シリーズである。シリーズには2種類あり、1つは"THROUGH THE LOOKING GLASS"(窓越しに)だ。ニューヨークの地下鉄のある路線に絞った、車両の窓越しに見える乗客のポートレイト・シリーズである。そのさまざまな顔を通して、ニューヨーカーの、ニューヨークそのものの鼓動を表そうとしている。

 もう1つは"GHOSTS IN THE MACHINE"(マシーンの中の幽霊たち)。コンセプチュアルだ。通勤通学者たちの地下鉄での日常の動きをゴースト(幽霊)として捉えているのである。実験的でもある。三脚を立て、ピンホール・カメラ、長時間露光を用いて、あるいは古い8ミリカメラで撮影したモーション・フィルムをスティール写真として処理する。ちなみに、サウンドを入れたモーション・フィルムのプロジェクトにもなっている。

【参考記事】 NY音楽シーンの熱気を伝える、撮影者と被写体の信頼感

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

ニュース速報

ワールド

トランプ氏「北朝鮮は大きな問題」、安倍氏と制裁強化

ビジネス

米GDP第1四半期1.2%増に上方改定、弱含み一時

ワールド

対北朝鮮制裁強化へ、安倍・トランプ両氏が一致=ホワ

ワールド

欧州委員長、トランプ氏が独通商政策を批判との報道を

MAGAZINE

特集:トランプの陰謀

2017-5・30号(5/23発売)

アメリカを再び揺るがす大統領側近たちの策謀──。「ロシアゲート」はウォーターゲート事件と同じ展開になるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    最凶な露フーリガン対策でロシアが用意した切り札とは...?

  • 2

    ヨーロッパを遠ざけロシアを引き寄せたトランプのNATO演説

  • 3

    1人の時間が必要な内向型、人と会って元気になる外向型

  • 4

    ネガティブになりがちな内向型人間にも、10の強みが…

  • 5

    ISのテロが5月27日からのラマダーン月に起きるかもし…

  • 6

    メラニア夫人が手つなぎ「拒否」、トランプは弱って…

  • 7

    フィリピン南部に戒厳令  ドゥテルテ大統領が挑む過…

  • 8

    イランはトランプが言うほど敵ではない

  • 9

    ドイツが独自の「EU軍」を作り始めた チェコやルー…

  • 10

    レイプ事件を届け出る日本の被害者は氷山の一角

  • 1

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 2

    「パスワードは定期的に変更してはいけない」--米政府

  • 3

    メラニア夫人が手つなぎ「拒否」、トランプは弱っている?

  • 4

    アリアナコンサートで容疑者拘束、死者22人で不明者…

  • 5

    北朝鮮危機が招いた米中接近、「台湾化」する日本の…

  • 6

    トランプ政権のスタッフが転職先を探し始めた

  • 7

    ドイツが独自の「EU軍」を作り始めた チェコやルー…

  • 8

    キャサリン妃妹ピッパのウェディング、でも主役は花…

  • 9

    最凶な露フーリガン対策でロシアが用意した切り札と…

  • 10

    米政府からまたリーク、マンチェスター自爆テロ容疑…

  • 1

    ディズニーランド「ファストパス」で待ち時間は短くならない

  • 2

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 3

    北朝鮮ミサイル実験「失敗」の真相

  • 4

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 5

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 6

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 7

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 8

    ニクソンより深刻な罪を犯したトランプは辞任する

  • 9

    「男と女のどちらを好きになるか」は育つ環境で決ま…

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
ニューズウィーク試写会「しあわせな人生の選択」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!