コラム

娘を撮り続ける「ファミリーフォトジャーナリズム」とは何か

2015年12月08日(火)11時55分
娘を撮り続ける「ファミリーフォトジャーナリズム」とは何か

From Gwen Coyne @gwencoyne

 自分の子供をドキュメンタリーとして本格的に写真に収めることは、ポピュラーとはいかないまでも、フォトドキュメンタリーの世界では時々行われる。優れた作品になることもある。今回紹介するカリフォルニア在住のInstgramフォトグラファー、グエン・コインもその一人だ。彼女はグラフィック・デザイナーでもある。

 数年前から娘グレッタの幼少時代、その成長過程を撮り続けている。舞台はカリフォルニアだ。コイン自身、#familyphotojournalismとハッシュタグをインスタグラムに付けてそのプロジェクトを位置づけているように、ビーチやプレイグラウンド、あるいは家でくつろぐ娘の姿を、客観的に捉えている。カリフォルニアの眩しい陽光とハイコントラストが生み出す影と光の爆発、あるいは逆に柔らかい光を巧みに取り入れて、幼少時代の子供が持つ純粋さや無邪気さを表しているのだ。

 同時にどこかダークな神秘性も漂っている。作品に強烈な光が多用されているにも関わらず、またグレッタのあどけなさにも関わらず、大人がつい見逃しがちな、子供たちの不安さ、危うさが見え隠れするのである。実のところ、この二律背反性がコインの作品の最大の魅力だ。それがなければ、単なる親バカ的な、可愛さだけを捉える写真で終わってしまうだろう。

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

ニュース速報

ビジネス

焦点:米ゴールドマン決算、取引収益悪化は業界の縮図

ワールド

アングル:トランプ政権半年、8人に1人が「今なら投

ワールド

スパイサー米大統領報道官が辞任、スカラムチ氏が新広

ワールド

トランプ氏長男と弁護士の面会、特別検察官が記録保全

MAGAZINE

特集:劉暁波死去 中国民主化の墓標

2017-7・25号(7/19発売)

ノーベル平和賞受賞者・劉暁波の「非業の死」は中国民主化の終わりか、新たな始まりか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 2

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあの2人

  • 3

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 4

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 5

    北の最高指導者が暗殺されない理由

  • 6

    中国人の収入は日本人より多い? 月給だけでは見え…

  • 7

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 8

    英女王「死去」の符牒は「ロンドン橋が落ちた」

  • 9

    ウィリアム王子が公務をさぼって美女と大はしゃぎ、…

  • 10

    アメックスから見た、日本人がクレジットカードを使…

  • 1

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 2

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 3

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあの2人

  • 4

    軍事でも外交でもない、北朝鮮問題「第3の解決策」

  • 5

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 6

    アメックスから見た、日本人がクレジットカードを使…

  • 7

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 8

    北の最高指導者が暗殺されない理由

  • 9

    「休みたいから診断書をください」--現役精神科医「…

  • 10

    アメリカの部活動は、なぜ「ブラック化」しないのか

  • 1

    中国「三峡ダム」危機--最悪の場合、上海の都市機能が麻痺する

  • 2

    アメックスから見た、日本人がクレジットカードを使わない理由

  • 3

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」の証言

  • 4

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、…

  • 5

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 6

    「地球の気温は250度まで上昇し硫酸の雨が降る」ホー…

  • 7

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 8

    資本主義はついにここまで来た。「自分」を売り出すV…

  • 9

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍と…

  • 10

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!