コラム

女性はなぜ「リスクを取る勇気」がないのか/gravitate towards(引き寄せられる)

2017年02月14日(火)12時07分
女性はなぜ「リスクを取る勇気」がないのか/gravitate towards(引き寄せられる)

www.ted.comより


【今週のTED Talk動画】Teach girls bravery, not perfection
http://www.ted.com/talks/reshma_saujani_teach_girls_bravery_not_perfection

登壇者:レシュマ・サウジャニ

人口の約50%を占めるにもかかわらず、技術職から企業幹部、議員まで、あらゆる分野で活躍している女性は圧倒的に少ないのが現実だ。このTEDトークでは、若い女性にコンピュータープログラミングを教える組織を創立したレシュマ・サウジャニ氏が、男女格差への対策について紹介している。

彼女の考察によれば、格差の原因は女性と男性の育ち方の違いにあるという。男性はリスクを取るように育てられる一方、女性は完璧さを追求して安全な道を選ぶよう教えられ育てられている。その結果、キャリアのこととなると、女性はリスクを取らないために取り残される。要するに、女性はキャリア昇進に必要となる"リスクを取る勇気"を十分に兼ね備えていないということだ。

立候補して選挙に出た自らの経験をはじめ、この現象について様々な例を紹介しているこのサウジャニ氏の主張には、それだけの説得力があると言える。このTEDトークは、女性をどのように育てればよいかを考えさせられるトークとなっている。

【参考記事】女性を男性の基準で評価することが男女平等ではない/champion(擁護する)

キーフレーズ解説

gravitate towards
~の引力に引き寄せられる
(動画2:25より)

物理学では一般に、重力のあるものは周りのものを引きつけることが知られています。この概念に基づけば、人があるものに引き寄せられるのは、それが何らかの魅力を持っているからだと考えられます。要するに、人はそのものに引き寄せられ近づくために、ほかの選択肢を置いてそれを選ぶ傾向にあるということです。

ここではtowardsの代わりにtoも使われていますが、両者は同じ意味を持っています。このTEDトークでサウジャニ氏は、多くの女性は自分が必ず上手くこなすことができる職務にgravitate towardsしていると言います。

ここでいくつかこの表現を用いた例を紹介します:

●Many students gravitate toward consulting due to the high salaries.
(高い給料のため、多くの学生が〔就職活動をする時に〕コンサルティングに引き寄せられている)

●People are starting to gravitate to rural areas to escape urban crowding.
(混雑した都会から逃げ出すために、地方に行く人が増えはじめている)

●Dinner conversations in our household always tend to gravitate to politics.
(わが家での夕食時の会話はいつもなんとなく政治の話題になる傾向にある)

【参考記事】育児や介護から仕事に復帰する方法/Come to the table with(~を提供する)

プロフィール

ロッシェル・カップ

Rochelle Kopp 異文化コミュニケ−ション、グローバル人材育成、そして人事管理を専門とする経営コンサルタント。日本の多国籍企業の海外進出や海外企業の日本拠点をサポートするジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社の創立者兼社長。イェ−ル大学歴史学部卒業、シガゴ大学経営大学院修了(MBA)。『シリコンバレーの英語――スタートアップ天国のしくみ』(IBC出版)、『グローバル エリートのビジネス・キーワード100――成功を収めたリーダーたちの言葉の使い方』(IBC出版)、『見出しとリードで読み解く英語ニュース』(語研)など著書多数。

ニュース速報

ビジネス

米利上げ継続必要、財政刺激など景気見通し改善=NY

ビジネス

ユーロ下落1.07ドル割れ、米債利回り上昇や経済指

ワールド

朴前大統領の逮捕状発付、韓国地裁が承認 拘置所に収

ビジネス

米国株式は上昇、第4四半期GDP上方改定受け ナス

MAGAZINE

特集:フランス大統領選 ルペンの危険度

2017-4・ 4号(3/28発売)

4月末のフランス大統領選で大躍進が見込まれる極右・国民戦線の女性党首ルペンが支持を広げる理由

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    コンゴで警察官42人殺害、国連専門家も遺体で発見

  • 2

    王毅外相「日本は『心の病』を治せ!」――中国こそ歴史を直視せよ

  • 3

    究極のブラックホールをつくりだす、地上で最も黒い素材とは?

  • 4

    肺にまさかの「造血」機能、米研究者が発見

  • 5

    東芝は悪くない

  • 6

    一歩も引かないプーチンに、にじり寄る安倍の思惑

  • 7

    トランプの「反・温暖化対策」に反対する意外な面々

  • 8

    ロシアの反政府デモにたまらず参加した子供たち

  • 9

    スコットランド2度目の独立投票で何が起こるか

  • 10

    中国の人権をめぐって日米の立場が「大逆転」

  • 1

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 2

    金正男殺害の容疑者は北朝鮮の秘密警察に逮捕されていた

  • 3

    肺にまさかの「造血」機能、米研究者が発見

  • 4

    東芝は悪くない

  • 5

    トランプは張り子の虎、オバマケア廃止撤回までの最…

  • 6

    亡命ロシア下院議員ボロネンコフ、ウクライナで射殺

  • 7

    米ビール業界を襲うマリファナ「快進撃」

  • 8

    「日本の汚染食品」告発は誤報、中国官制メディアは…

  • 9

    「スイッチ」で任天堂はよみがえるか

  • 10

    コンゴで警察官42人殺害、国連専門家も遺体で発見

  • 1

    ウーバーはなぜシリコンバレー最悪の倒産になりかねないか

  • 2

    買い物を「わり算」で考えると貧乏になります

  • 3

    英女王「死去」の符牒は「ロンドン橋が落ちた」

  • 4

    韓国セウォル号、沈没から1073日目で海上へ 引き揚…

  • 5

    金正男の長男ハンソル名乗る動画 身柄保全にオラン…

  • 6

    ISISが中国にテロ予告

  • 7

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 8

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 9

    スカーレット・ヨハンソンが明かしたイバンカ・トラ…

  • 10

    ウィリアム王子が公務をさぼって美女と大はしゃぎ、…

Hondaアコードの魅力

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

原子力緊急事態への対応力を向上
日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!