コラム

誘惑に打ち勝つ意思決定の方法/disabuse(誤った考えを捨てさせる)

2017年01月17日(火)20時17分
誘惑に打ち勝つ意思決定の方法/disabuse(誤った考えを捨てさせる)

www.ted.comより


【今週のTED Talk動画】The battle between your present and future self
http://www.ted.com/talks/daniel_goldstein_the_battle_between_your_present...

登壇者:ダニエル・ゴールドステイン

 ギリシア神話のオデュッセウスとセイレーン(半人半鳥の海の妖精で、近くを通る船の船員をその甘い歌声で誘惑し、自分の座る岩に座礁させてしまう)の話が、私たちの日々の意思決定とどのような関わりを持っているのだろうか? マイクロソフトの研究所に勤める意思決定専門の研究者ダニエル・ゴールドステイン氏は、この話をTEDトークの冒頭で紹介し、サイレーンの歌をどうしても聴きたい「現在の自分」と高齢まで生き続けることで形作られる「将来の自分」とのバランスの難しさについて語っている。

 彼はこのTEDトークの中でオデュッセウスが使った対策をcommitment device(背水の陣)の一種であると説明し、誘惑に抵抗するためのその方法に潜む問題点を指摘している。彼はまた、いま研究している「将来の自分」のニーズを取り入れる方法についても紹介している。ダイエットにしても貯金を増やすにしても、理想的な自分の将来像を描きたいと思っている人にとって、とても参考になる内容となっている。

【参考記事】良い人生とは何か、ハーバード75年間の研究の成果/wildest dreams(無謀な夢)

キーフレーズ解説

disabuse
(人に誤った考えを)捨てさせる
(動画15:35より)

 人が何か間違ったアイデアや誤解、迷いなどを持っている時に、その人をそのようなしがらみから解放するという意味で使われます。文章で使う際には「誰を」(普通は人、特定の人や世間一般の人々)と「何から」(考えや信念)disabuseするのかを明確にする必要があるので、それを示す言葉が必ず同じ文章の中に存在します。

 このTEDトークでは、ゴールドステイン氏がコンピューターグラフィックによって老化の加工を施された同僚の写真を聴衆に見せた後、そのイメージをdisabuseすべきだ、要するに、皆がそれを忘れるようにしなければならないと冗談っぽく話しています。

 ここでいくつかこの表現を用いた例を紹介します:

●Studying history should disabuse anyone of the idea that there are upsides to war.
(歴史を勉強することによって、戦争には良い側面があるという考えから誰もが解放されるだろう)

●The teacher tried to disabuse his students of their stereotypes about poor people.
(その先生は生徒たちが貧しい人々に対する固定観念を捨て去るよう努力した)

●The movie's goal is to disabuse people of the misunderstanding that their efforts don't matter.
(自分の努力は意味がないという誤解から人々を解放することがその映画の狙いだ)

【参考記事】現代人の時間管理は根本的に間違っている/I question(疑問を持つ)

プロフィール

ロッシェル・カップ

Rochelle Kopp 異文化コミュニケ−ション、グローバル人材育成、そして人事管理を専門とする経営コンサルタント。日本の多国籍企業の海外進出や海外企業の日本拠点をサポートするジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社の創立者兼社長。イェ−ル大学歴史学部卒業、シガゴ大学経営大学院修了(MBA)。『シリコンバレーの英語――スタートアップ天国のしくみ』(IBC出版)、『グローバル エリートのビジネス・キーワード100――成功を収めたリーダーたちの言葉の使い方』(IBC出版)、『見出しとリードで読み解く英語ニュース』(語研)など著書多数。

ニュース速報

ビジネス

EU、予算見直し議論へ 英離脱で財源縮小

ビジネス

BMW、「3シリーズ」の電気自動車版でテスラに対抗

ビジネス

NYタイムズ、料理レシピサイトを有料化

ワールド

米国務省、イスラム圏6カ国のビザ希望者に対する指針

MAGAZINE

特集:安心なエアラインの選び方

2017-7・ 4号(6/27発売)

アメリカの航空会社で続発する乗客トラブル。トラブルを避け、快適な空の旅を楽しむ「新基準」とは

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    アメリカで「最も憎まれる男」の所業とは?

  • 2

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」の証言

  • 3

    トランプが特別検察官ムラーを恐れる理由

  • 4

    米国はシリアでイスラーム国に代わる新たな「厄介者…

  • 5

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 6

    中国シェア自転車「悪名高きマナー問題」が消えた理由

  • 7

    地方学生が抱える奨学金ローンの破綻リスク

  • 8

    ベネズエラ、警察ヘリが最高裁と内務省を攻撃 大統…

  • 9

    シリア東部はアサドとイランのものにすればいいーー米…

  • 10

    東京都議選の候補者が、政策を訴えるビラを配れない…

  • 1

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」の証言

  • 2

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍とおぼしき機影

  • 3

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 4

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 5

    中国シェア自転車「悪名高きマナー問題」が消えた理由

  • 6

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 7

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 8

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 9

    ロンドン高層住宅の火災、火元は米ワールプールの冷…

  • 10

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 4

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 5

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 6

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 7

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 8

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 9

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 10

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!