コラム

相次ぐ黒人男性の殺害、どうしたら偏見を乗り越えられるか/Double down on(~に倍の力を入れる)

2016年02月28日(日)16時12分
相次ぐ黒人男性の殺害、どうしたら偏見を乗り越えられるか/Double down on(~に倍の力を入れる)

【今週のTED Talk動画】 How to overcome our biases? Walk boldly toward them - Verna Myers
http://www.ted.com/talks/verna_myers_how_to_overcome_our_biases_walk....

登壇者:ヴァーナ・マイアズ

 2014年8月、ミズーリ州ファーガソン市で18歳のマイケル・ブラウンが警察によって殺され、アメリカで大きなニュースとなった。この事件は黒人男性が警察によって殺された有名なケースの1つとなった。このような事件が次から次へと起きていることが、アメリカにとって深刻な問題となっている。

【参考記事】警官を見たら殺し屋と思え? アブなすぎるアメリカの実態

 それを踏まえ、黒人女性コンサルタントのヴァーナ・マイアズが、自身のメッセージを広く伝え知ってもらおうと、このTED Talkを行った。マイアズ氏は、人が無意識的な偏見を自覚することでその偏見を乗り越えるという方法を教えている。彼女が指摘している黒人男性に関する偏見は日本人でも持っているかもしれないし、彼女が提案している考え方は様々な「自分と違った人」に対しても応用できる。そういった点で非常に示唆に富んだ内容となっている。

【参考記事】白人が作った「自由と平等の国」で黒人として生きるということ

キーフレーズ解説

Double down on
~に倍の力を入れる

(動画7:02より)

 この表現は本来、ギャンブルにおいて、負けるたびに賭け金を2倍ずつ増やし続けることを意味します。負けが続いても、勝った時点でそれまでの損金を全て取り戻すことができるという考えに基づいています。より一般的な意味としては、何かの戦略や行動に対して、自分の決意と努力を強化するということを表します。このTED Talkでは、マイアズ氏は「人種を無視するやり方に倍の力を入れる」のは良い戦略ではないと主張しているのです。

 典型的な使用例を紹介します:

●Central banks doubled down on the quantitative easing approach in the third quarter.
(中央銀行は第3四半期に量的緩和のアプローチを強化した)

●Government should stop subsidizing old energy industries and double down on clean energy.
(政府は古いエネルギー産業への補助をやめ、クリーンエネルギーに2倍の力を投入するべきだ)

●Tim Cook vowed to double down on secrecy to avoid leaks before Apple product launches.
(ティム・クックはアップルの新製品発売の前の漏洩を避けるために、秘密主義を強化するよう約束した)

プロフィール

ロッシェル・カップ

Rochelle Kopp 異文化コミュニケ−ション、グローバル人材育成、そして人事管理を専門とする経営コンサルタント。日本の多国籍企業の海外進出や海外企業の日本拠点をサポートするジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社の創立者兼社長。イェ−ル大学歴史学部卒業、シガゴ大学経営大学院修了(MBA)。『シリコンバレーの英語――スタートアップ天国のしくみ』(IBC出版)、『グローバル エリートのビジネス・キーワード100――成功を収めたリーダーたちの言葉の使い方』(IBC出版)、『見出しとリードで読み解く英語ニュース』(語研)など著書多数。

ニュース速報

ビジネス

米国株式市場は反落、金融株の勢い止まる

ビジネス

ドル下落、雇用統計受け利上げペースに疑問=NY市場

ビジネス

トランプ氏が雇用創出諮問委、委員に米主要企業のトッ

ワールド

ロシアの原油生産が記録的水準、約束の減産控え

MAGAZINE

特集:トランプ時代の国際情勢

2016-12・ 6号(11/29発売)

トランプ次期米大統領が導く「新秩序」は世界を新たな繁栄に導くのか、混乱に陥れるのか

人気ランキング

  • 1

    内モンゴル自治区の民主化団体が東京で連帯組織を結成した理由

  • 2

    東京は泊まりやすい? 一番の不満は「値段」じゃなかった

  • 3

    プーチン年次教書「世界の中心で影響力」を発揮する

  • 4

    「3.9+5.1=9.0」が、どうして減点になるのか?

  • 5

    イギリス空軍、日本派遣の戦闘機を南シナ海へ 20年…

  • 6

    トランプの外交政策は孤立主義か拡張主義か

  • 7

    百田尚樹氏の発言は本当に”ヘイトスピーチ”なのか?…

  • 8

    イタリア政府、憲法改正国民投票を12月4日実施 首相…

  • 9

    新卒採用で人生が決まる、日本は「希望格差」の国

  • 10

    【動画】 ペットボトルを便利なヒモに変身させるカッ…

  • 1

    「3.9+5.1=9.0」が、どうして減点になるのか?

  • 2

    スラバヤ沖海戦で沈没の連合軍軍艦が消えた 海底から資源業者が勝手に回収か

  • 3

    悪名高き軍がミャンマーで復活

  • 4

    新卒採用で人生が決まる、日本は「希望格差」の国

  • 5

    トランプも南シナ海の「主導権」追求へ 中国政府系…

  • 6

    バルト3国発、第3次大戦を画策するプーチン──その時…

  • 7

    偽ニュース問題、米大統領選は始まりに過ぎない?

  • 8

    東京は泊まりやすい? 一番の不満は「値段」じゃな…

  • 9

    「ドイツ版CIA」の情報部員はISISのスパイだ…

  • 10

    イタリア政府、憲法改正国民投票を12月4日実施 首相…

  • 1

    トランプファミリーの異常な「セレブ」生活

  • 2

    68年ぶりの超特大スーパームーン、11月14日に:気になる大地震との関連性

  • 3

    「トランプ勝利」世界に広がる驚き、嘆き、叫び

  • 4

    注目は午前10時のフロリダ、米大統領選の結果は何時…

  • 5

    トランプに熱狂する白人労働階級「ヒルビリー」の真実

  • 6

    米大統領選、クリントンはまだ勝つ可能性がある──専…

  • 7

    トランプ勝利で日本はどうなる? 安保政策は発言通…

  • 8

    【敗戦の辞】トランプに完敗したメディアの「驕り」

  • 9

    まさかの逆転劇 トランプの支持率、クリントンを僅…

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「五輪に向けて…外国人の本音を聞く」
リクルート
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

『ハリー・ポッター』魔法と冒険の20年

絶賛発売中!