コラム

相次ぐ黒人男性の殺害、どうしたら偏見を乗り越えられるか/Double down on(~に倍の力を入れる)

2016年02月28日(日)16時12分
相次ぐ黒人男性の殺害、どうしたら偏見を乗り越えられるか/Double down on(~に倍の力を入れる)

【今週のTED Talk動画】 How to overcome our biases? Walk boldly toward them - Verna Myers
http://www.ted.com/talks/verna_myers_how_to_overcome_our_biases_walk....

登壇者:ヴァーナ・マイアズ

 2014年8月、ミズーリ州ファーガソン市で18歳のマイケル・ブラウンが警察によって殺され、アメリカで大きなニュースとなった。この事件は黒人男性が警察によって殺された有名なケースの1つとなった。このような事件が次から次へと起きていることが、アメリカにとって深刻な問題となっている。

【参考記事】警官を見たら殺し屋と思え? アブなすぎるアメリカの実態

 それを踏まえ、黒人女性コンサルタントのヴァーナ・マイアズが、自身のメッセージを広く伝え知ってもらおうと、このTED Talkを行った。マイアズ氏は、人が無意識的な偏見を自覚することでその偏見を乗り越えるという方法を教えている。彼女が指摘している黒人男性に関する偏見は日本人でも持っているかもしれないし、彼女が提案している考え方は様々な「自分と違った人」に対しても応用できる。そういった点で非常に示唆に富んだ内容となっている。

【参考記事】白人が作った「自由と平等の国」で黒人として生きるということ

キーフレーズ解説

Double down on
~に倍の力を入れる

(動画7:02より)

 この表現は本来、ギャンブルにおいて、負けるたびに賭け金を2倍ずつ増やし続けることを意味します。負けが続いても、勝った時点でそれまでの損金を全て取り戻すことができるという考えに基づいています。より一般的な意味としては、何かの戦略や行動に対して、自分の決意と努力を強化するということを表します。このTED Talkでは、マイアズ氏は「人種を無視するやり方に倍の力を入れる」のは良い戦略ではないと主張しているのです。

 典型的な使用例を紹介します:

●Central banks doubled down on the quantitative easing approach in the third quarter.
(中央銀行は第3四半期に量的緩和のアプローチを強化した)

●Government should stop subsidizing old energy industries and double down on clean energy.
(政府は古いエネルギー産業への補助をやめ、クリーンエネルギーに2倍の力を投入するべきだ)

●Tim Cook vowed to double down on secrecy to avoid leaks before Apple product launches.
(ティム・クックはアップルの新製品発売の前の漏洩を避けるために、秘密主義を強化するよう約束した)

プロフィール

ロッシェル・カップ

Rochelle Kopp 異文化コミュニケ−ション、グローバル人材育成、そして人事管理を専門とする経営コンサルタント。日本の多国籍企業の海外進出や海外企業の日本拠点をサポートするジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社の創立者兼社長。イェ−ル大学歴史学部卒業、シガゴ大学経営大学院修了(MBA)。『シリコンバレーの英語――スタートアップ天国のしくみ』(IBC出版)、『グローバル エリートのビジネス・キーワード100――成功を収めたリーダーたちの言葉の使い方』(IBC出版)、『見出しとリードで読み解く英語ニュース』(語研)など著書多数。

ニュース速報

ワールド

焦点:試されるOPEC価格維持の「本気度」

ビジネス

米国株は上昇、ハイテク株が高い 金融株は売られる

ビジネス

インフレ確実に加速するまで利上げ見送りを=米セント

ビジネス

EU、公正な通商で米中に強硬姿勢を示唆 相互性重要

MAGAZINE

特集:インテリジェンス戦争 中国の標的

2017-6・27号(6/20発売)

CIAの情報提供者を処刑し、日本人12人を容赦なく拘束──。スパイ戦を強化する中国インテリジェンスの最終目標

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍とおぼしき機影

  • 2

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 3

    ロンドン高層住宅の火災、火元は米ワールプールの冷蔵庫

  • 4

    オバマが報復表明、米大統領選でトランプを有利にし…

  • 5

    中国の自転車シェアリング大手、世界へ拡大 7月には…

  • 6

    早さより味 マックが賭ける生肉パティのクォーター…

  • 7

    【動画】銃撃の中、イラク人少女を助けた米援助活動…

  • 8

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 9

    【動画】ISIS発祥の地ヌーリ・モスク最後の日

  • 10

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 1

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 2

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 3

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

  • 4

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 5

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 6

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 7

    イーロン・マスク「火星移住は生きている間に可能だ…

  • 8

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 9

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 10

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 4

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 5

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 6

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 7

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 8

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 9

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 10

    モンゴル人を大量「虐殺」 記憶遺産に値する中国の罪

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ファウンダー」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!