コラム

中国政府が新たに始めた「外国人差別」の脅威

2017年01月10日(火)15時20分
中国政府が新たに始めた「外国人差別」の脅威

<中国政府が都市部で試行を開始した外国人の労働許可制度は、人材を3つのランクに分類して管理する「差別的」な仕組み>

 1958年1月9日、毛沢東は「中華人民共和国戸籍登記条例」に関する主席令にサインし、この法律を公布した。中国人の戸籍を都市と農村の2つに分け、移住の自由を制限し、当局の許可がないまま元の居住地を離れた農民が「盲流」と呼ばれ、政府によって逮捕あるいは強制的労働教養所送りにされる制度だ。この時から農民は自由を失い、土地にしばりつけられた1ランク下の「賎民階級」となってしまった。改革開放後の数十年間で戸籍制度は何度も改革されたが、都市と農村という二元構造の本質はまったく変わることがなかった。中国が抱える都市と農村の隔絶、大き過ぎる貧富の格差という問題の根っこはここにある。

 人をランク付けするこの種のやり方は重大な人権侵害だ。しかし戸籍制度のある社会で長く暮らし過ぎたため、中国人の感覚はすっかり麻痺し、この種の別のニュースが起きても、それが大きな問題を含んでいることに気づかなくなっている。

【参考記事】PM2・5襲来に習近平がクールでいられるのは

 16年10月から17年3月にかけて、中国は北京、上海など重点都市で働く外国人を対象にした労働許可制度を試行し始めた。この制度は「ハイレベル人材を歓迎し、一般レベル人材はコントロールし、低レベル人材は制限する」を原則に、中国で働く外国人をA、B、Cの三ランクに分類する。給与や教育水準、中国での勤務の長さ、中国語のレベル、年齢と中国での居住地......といった個別の指標に基づいて評価を行い、0~120点の間で点数を付ける。85点以上はAランク、60~84点はBランク、59点以下がCランクだ。

 Aランクは中国政府が歓迎する外国人で、政府が必要としている人材だから何の心配もない。Bランクもほぼ問題ないと言えるだろう。Cランクは中国戸籍制度の農民のように、入国と労働で大きな制限を受ける。居住ビザを継続するのも簡単ではない。まるで中国の都市に住む農民のようだ。

 中国政府は自分たちの国民に対していまだに都市と農村に基づく戸籍管理によって、人権を侵害し続けている。そんな政府が新たに実施する外国人管理制度に対して、人々が疑念を抱くのは無理からぬことだ。

※ラージャオ(辣椒)の初の単著『マンガで読む 嘘つき中国共産党』(新潮社)がこのたび発刊されました。「亡命漫画家」が命がけで描く中国の真実&特ダネが満載です!

プロフィール

辣椒(ラージャオ、王立銘)

風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送っている。

ニュース速報

ワールド

トランプ氏「北朝鮮は大きな問題」、安倍氏と制裁強化

ビジネス

米GDP第1四半期1.2%増に上方改定、弱含み一時

ワールド

対北朝鮮制裁強化へ、安倍・トランプ両氏が一致=ホワ

ワールド

欧州委員長、トランプ氏が独通商政策を批判との報道を

MAGAZINE

特集:トランプの陰謀

2017-5・30号(5/23発売)

アメリカを再び揺るがす大統領側近たちの策謀──。「ロシアゲート」はウォーターゲート事件と同じ展開になるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    最凶な露フーリガン対策でロシアが用意した切り札とは...?

  • 2

    ヨーロッパを遠ざけロシアを引き寄せたトランプのNATO演説

  • 3

    1人の時間が必要な内向型、人と会って元気になる外向型

  • 4

    ネガティブになりがちな内向型人間にも、10の強みが…

  • 5

    ISのテロが5月27日からのラマダーン月に起きるかもし…

  • 6

    メラニア夫人が手つなぎ「拒否」、トランプは弱って…

  • 7

    フィリピン南部に戒厳令  ドゥテルテ大統領が挑む過…

  • 8

    イランはトランプが言うほど敵ではない

  • 9

    ドイツが独自の「EU軍」を作り始めた チェコやルー…

  • 10

    レイプ事件を届け出る日本の被害者は氷山の一角

  • 1

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 2

    「パスワードは定期的に変更してはいけない」--米政府

  • 3

    メラニア夫人が手つなぎ「拒否」、トランプは弱っている?

  • 4

    アリアナコンサートで容疑者拘束、死者22人で不明者…

  • 5

    北朝鮮危機が招いた米中接近、「台湾化」する日本の…

  • 6

    トランプ政権のスタッフが転職先を探し始めた

  • 7

    ドイツが独自の「EU軍」を作り始めた チェコやルー…

  • 8

    キャサリン妃妹ピッパのウェディング、でも主役は花…

  • 9

    最凶な露フーリガン対策でロシアが用意した切り札と…

  • 10

    米政府からまたリーク、マンチェスター自爆テロ容疑…

  • 1

    ディズニーランド「ファストパス」で待ち時間は短くならない

  • 2

    ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン

  • 3

    北朝鮮ミサイル実験「失敗」の真相

  • 4

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 5

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 6

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 7

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 8

    ニクソンより深刻な罪を犯したトランプは辞任する

  • 9

    「男と女のどちらを好きになるか」は育つ環境で決ま…

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
ニューズウィーク試写会「しあわせな人生の選択」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!