Picture Power アーカイブ

豊饒の地をむしばむ 環境汚染の呪縛

 人類が製造し、消費するものは、本をただせばすべて天然資源から造られている。そして、こうした製品に支えられた現代的な生活や社会の発展の代償として、人類は自然環境を自分勝手…

2013.07.03

5万の鳥たちと過ごした夜

私はアメリカのネブラスカ州で育った。あの大地と人々、そして自然が心から好きだった。  大学に通うためアリゾナ州に住んだ時に初めて、私の故郷が大半のアメリカ人に地味で野…

2013.06.15

アメリカの砂漠に現れた 人類と地球の未来

 広大な砂漠地帯の中に、SF映画に登場するような建造物が突然姿を見せる。米カリフォルニア州のモハベ砂漠で建設が進められている、アイバンパ太陽光発電システムだ。  写真家…

2013.04.02

NYが見棄てる中南米移民の砦

 マンハッタンの東に位置するクイーンズの片隅に、発展から完全に取り残された一角がある。ラガーディア空港に程近いウィレッツ・ポイント地区。グアテマラ出身の写真家ハイメ・ペル…

2013.03.21

震災を見つめる10の視点

 東日本大震災の発生からやがて2年。あの未曾有の災害も、人々の中で少しずつ記憶の彼方に過ぎ去っているようにみえる。人が生きていくうえでときに忘却は必要だ。しかし、3・11…

2013.03.05

世界報道写真コンテスト 「ガザの葬列」が大賞に

 2月15日、世界報道写真(World Press Photo)財団(本部・オランダ)が選ぶ第56回世界報道写真賞の各賞が発表になった。  大賞は、昨年11月イスラエル…

2013.02.16

ミシシッピに残る人種差別の遺産

 ミシシッピ州グリーンウッドで行われた葬儀会場で、参列した若者を前に牧師はこう話した。「ぶらぶらしていても救われない。刑務所か墓に入るだけだ」  2010年11月、18歳…

2013.02.05

大資本に奪われる 世界の農地

 地平線のかなたまで続く広大な農地で農作業にいそしむ人々。先祖代々の土地を耕すのどかな農村の風景に見える。だが、この農地は彼らのものではない。世界各地の農村地帯で莫大な資…

2013.01.04

「あの時代」と今を繋ぐ 旧日本領の鳥居

 太平洋戦争中に日本が占領していた地域には、戦後67年がたった現在でも支配の跡が数多く残されている。なかでも、写真家の下道基行が注目したのは「鳥居」だ。  大日本帝国に…

2012.12.22

写真が切り取った世界中の日常

 その日は多くの人々にとって、ごくありふれた一日だったかもしれない。いつもどおり家事をこなし、満員電車に揺られ、家族と言葉を交わす......。 今年、世界中の人々の「5…

2012.11.06

MAGAZINE

特集:国際情勢10大リスク

2017-5・ 2号(4/25発売)

北朝鮮問題、フランス大統領選、トランプ外交──。リーダーなき世界が直面する「10のリスク」を読み解く

グローバル人材を目指す

人気ランキング

    • 1

      25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

    • 2

      米空母「実は北朝鮮に向かっていなかった」判明までの経緯

    • 3

      ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメント拒否

    • 4

      北朝鮮ミサイル攻撃を警戒、日本で核シェルターの需…

    • 5

      「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝…

    • 6

      北朝鮮「超強力な先制攻撃」を警告 トランプは中国…

    • 7

      北朝鮮、軍創設記念日で大規模砲撃演習 米原潜は釜…

    • 8

      北朝鮮・シリアの化学兵器コネクション

    • 9

      北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

    • 10

      ISISの終わりが見えた

    • 1

      25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

    • 2

      「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝鮮庶民の本音

    • 3

      ユナイテッド航空「炎上」、その後わかった5つのこと

    • 4

      北朝鮮に対する軍事攻撃ははじまるのか

    • 5

      米空母「実は北朝鮮に向かっていなかった」判明まで…

    • 6

      15日の「金日成誕生日」を前に、緊張高まる朝鮮半島

    • 7

      北朝鮮への米武力攻撃をとめるためか?――習近平、ト…

    • 8

      北朝鮮近海に米軍が空母派遣、金正恩の運命は5月に決…

    • 9

      オーバーブッキングのユナイテッド航空機、乗客引き…

    • 10

      ユナイテッド機の引きずり出し事件に中国人激怒、の…

    PICTURE POWER

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
    定期購読
    期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
    メールマガジン登録
    売り切れのないDigital版はこちら

    MOOK

    ニューズウィーク日本版 別冊

    0歳からの教育 知育諞

    絶賛発売中!