Picture Power アーカイブ

たばこ天国に迫る禁煙の足音

 世界最大の喫煙者人口を誇る中国では、男性の約60%が喫煙し、全国で3億人以上がたばこを吸う。世界のたばこ消費量の37%以上を中国が占めている。「たばこ天国」の名に恥じな…

2010.06.15

世界報道写真コンテスト 「抗議の叫び」が大賞に

 2月12日にオランダのアムステルダムで、世界報道写真コンテストの結果発表と記者会見を終えた私たち審査員一同を待っていたのは、大賞をめぐる大論争だった。「報道写真に新たな…

2010.06.12

沖縄米軍基地の写されざる日常

迷走が続く普天間問題で、再び注目を浴びている在日米軍。鳩山政権が発足して以来、沖縄の住民は駐留米軍の規模が縮小される期待に賭けてきた。沖縄本島には現在、37の米軍施設があ…

2010.03.30

薬が効かない「超多剤耐性」結核の脅威

 世界保健機関(WHO)は3月18日、薬による治療が困難な「多剤耐性」(MDR)結核の感染者は08年で年間44万人、その約半数はインドと中国で発生しておりMDR結核の中で…

2010.03.24

伝説の写真家が遺した人間の詩

 雨の降るニューヨークのタイムズスクエアを、くわえたばこで肩をすくめ、重い足取りで歩く孤独感に満ちた男性。伝説のハリウッド俳優ジェームズ・ディーンを写したこのポートレート…

2010.03.03

MAGAZINE

特集:国際情勢10大リスク

2017-5・ 2号(4/25発売)

北朝鮮問題、フランス大統領選、トランプ外交──。リーダーなき世界が直面する「10のリスク」を読み解く

グローバル人材を目指す

人気ランキング

    • 1

      25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

    • 2

      米空母「実は北朝鮮に向かっていなかった」判明までの経緯

    • 3

      ロシア軍が北朝鮮に向け装備移動か 大統領府はコメント拒否

    • 4

      北朝鮮ミサイル攻撃を警戒、日本で核シェルターの需…

    • 5

      「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝…

    • 6

      北朝鮮「超強力な先制攻撃」を警告 トランプは中国…

    • 7

      北朝鮮、軍創設記念日で大規模砲撃演習 米原潜は釜…

    • 8

      北朝鮮・シリアの化学兵器コネクション

    • 9

      北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

    • 10

      ISISの終わりが見えた

    • 1

      25日に何も起こらなくても、北朝鮮「核危機」は再発する

    • 2

      「いま米軍が撃てば金正恩たちは全滅するのに」北朝鮮庶民の本音

    • 3

      ユナイテッド航空「炎上」、その後わかった5つのこと

    • 4

      北朝鮮に対する軍事攻撃ははじまるのか

    • 5

      米空母「実は北朝鮮に向かっていなかった」判明まで…

    • 6

      15日の「金日成誕生日」を前に、緊張高まる朝鮮半島

    • 7

      北朝鮮への米武力攻撃をとめるためか?――習近平、ト…

    • 8

      北朝鮮近海に米軍が空母派遣、金正恩の運命は5月に決…

    • 9

      オーバーブッキングのユナイテッド航空機、乗客引き…

    • 10

      ユナイテッド機の引きずり出し事件に中国人激怒、の…

    PICTURE POWER

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
    定期購読
    期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
    メールマガジン登録
    売り切れのないDigital版はこちら

    MOOK

    ニューズウィーク日本版 別冊

    0歳からの教育 知育諞

    絶賛発売中!