Picture Power

「虹の国」南アフリカ20年目の希望と絶望

RAINBOW TRANSIT

Photographs by Per-Anders Pettersson

「虹の国」南アフリカ20年目の希望と絶望

RAINBOW TRANSIT

Photographs by Per-Anders Pettersson

ケープタウン近郊の旧黒人居住区カエリチャで踊る少女。貧困層の子供たち向けのNGO「ダンス・フォー・オール」のプログラムに参加している

 南アフリカは来年、アパルトヘイト(人種隔離政策)が撤廃され、初の全人種参加選挙が行われた94年から20周年を迎える。この決断で弾圧と人種差別の国は、多人種国家として奇跡的な発展を実現した。黒人のニューエリートが現れ、黒人の中間所得層も台頭。「黒いダイヤモンド」と呼ばれる彼らの購買力は、アパルトヘイト撤廃の最大の産物だ。都市部の最貧困層にとっては、その成功こそ憧れであり希望である。

 写真家のペール・アンデシュ・ペッテションは94年、全人種参加選挙を取材するため南アフリカを訪れた。そしてこの国に魅了された彼はその後、黒人と白人双方の複雑な真実を追い続けた。

 南アフリカにとって民主主義は、多くの犠牲を払って手に入れた宝石だ。しかしこれは大きな見返りとともに、国民に新たな苦難をもたらしている。凶悪犯罪の急増や貧困、高い失業率、疫病......。貧困層が抱いてきた憧れや希望も、過去10年間の強欲と幻滅の中で失われつつある。
 20年前、初の黒人大統領となったネルソン・マンデラが目指した「虹の国」。現在のこの国は彼の夢にどれだけ近づいたのだろう。

Photographs from "Rainbow Transit" (Dewi Lewis Publishing) by Per-Anders Pettersson
新刊写真集「Rainbow Transit」
<本誌2013年8/13,20日号掲載>

MAGAZINE

特集:北朝鮮の歴史

2017-11・28号(11/21発売)

核・ミサイル開発に日本人拉致問題、テロ活動...... 不可解過ぎる「金王朝」を歴史で読み解く

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 4

    北朝鮮問題、中国の秘策はうまくいくのか――特使派遣…

  • 5

    トランプは金正恩を利用しているだけ、戦争する気は…

  • 6

    アメリカは「安倍トラ」に無関心

  • 7

    日本に定住した日系ブラジル人たちはいま何を思うのか

  • 8

    堤未果:アメリカを貧困大国にしトランプ大統領を誕…

  • 9

    「嫌な気持ちは寝て忘れちゃえ」は逆効果?

  • 10

    北朝鮮、女性への性的暴行や栄養障害が多発 脱北し…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 5

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 6

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 7

    アメリカで黒人の子供たちがたたき込まれる警官への…

  • 8

    子供を叩かないで! 体罰の影響を科学的に研究 

  • 9

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 10

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮の電磁パルス攻撃で「アメリカ国民90%死亡」――専門家が警告

  • 3

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 4

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 5

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 6

    人はロボットともセックスしたい──報告書

  • 7

    北朝鮮経済の「心臓」を病んだ金正恩─電力不足で節約…

  • 8

    トランプは宣戦布告もせず北朝鮮を攻撃しかねない

  • 9

    北朝鮮危機「アメリカには安倍晋三が必要だ」

  • 10

    「トランプ歓迎会に元慰安婦」の陰に中国?

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!