コラム

絵画と写真の危機

2017年06月19日(月)12時00分
絵画と写真の危機

ヴォルフガング・ティルマンス   Wolfgang Tillmans: Your Body is Yours-Youtube

<絵画や写真が、単独で3次元以上のメディアに匹敵する芸術的効果を生み出すのは、現代では容易ではない。もしかすると、絵画や写真をあえて現代アートに含める必要はないのかもしれない。その理由は...>

前回「採点」したアート作品に、ある偏りがあったことに気づいた方はどれほどおられるだろうか。すべて1989年以降に制作・発表されている。人気アーティストの手に成るもので、色々な意味で話題となった。ダムタイプのメンバーに女性はいるが、それ以外はすべて男性作家がつくったもの......。いずれも正解だが、もっと根本的な偏りがある。立体が4作、パフォーマンスが1作。そう、絵画、写真、版画など、平面作品がひとつもない。

平面作品を採点することはもちろんできる。画家にも写真家にも、優れたアーティストはたくさんいる。彼ら彼女らの作品を採点するのはしかし、あまり面白くない。なぜか?

ひとつには、作品の地位が相対的に下がり、評価が難しくなっているからだ。何に対して「相対的」なのだろう。天文学的なスケールで増加し続ける、アート作品自体をも含むあらゆる画像に対してだろうか。確かに、画像は増える一方である。

市場リサーチ会社のキーポイントインテリジェンスによれば、2016年に携帯電話あるいはデジタルカメラで撮影された画像は1・1兆枚以上。2020年には1・4兆枚を超えると予測されるという(エド・リー「How Long Does it Take to Shoot 1 Trillion Photos?」。2016年5月31日付『Info Blog』)。コンサルタント会社のデロイトは、2016年にオンラインでシェアあるいは保存される画像は2・5兆枚ほどだと予測していた(ポール・リー+ダンカン・スチュワート「Photo sharing: trillions and rising」。デロイト『TMT Predictions 2016』)。いずれにせよ天文学的と呼んでいい数である。

1兆とは、1の下に0が12個並ぶ数字。1秒に1枚写真を撮ったとして、1・4兆枚撮るには4万5千年、2・5兆枚撮るには7万9千年近くかかる。天文学者がどう感じるかはわからないが、個人的にはまったくリアリティのない数値だ。7万9千年? プルトニウム239の半減期である「2万4千年」も現実感がないけれど、その3倍以上である。

これに加え、日々放映されるテレビの映像、新聞や雑誌やウェブに掲載される写真やイラスト、出版・上映・配信・販売されるマンガ、アニメ、映画、ゲームなどがある。20世紀後半から情報環境は大幅に変わったと言われるが、21世紀に入ってからもなお、視覚情報は指数関数的に増加している。巨大な画像の海が我々を取り囲み、その海は猛スピードで拡大を続けている。

プロフィール

小崎哲哉

1955年、東京生まれ。ウェブマガジン『REALTOKYO』『REALKYOTO』発行人兼編集長。京都造形芸術大学大学院学術研究センター客員研究員。2002年、20世紀に人類が犯した愚行を集めた写真集『百年の愚行』を刊行し、03年には和英バイリンガルの現代アート雑誌『ART iT』を創刊。13年にはあいちトリエンナーレ2013のパフォーミングアーツ統括プロデューサーを担当し、14年に『続・百年の愚行』を執筆・編集した。

ニュース速報

ワールド

北朝鮮の脅威への対抗がトランプ大統領の「最優先課題

ビジネス

独仏伊、EUに欧州企業買収の規制強化を要請=伊紙

ワールド

北朝鮮問題、非核化の意思と行動見せるまで圧力=河野

ビジネス

想定金利最低の1.2%、国債費抑制23.8兆円=1

MAGAZINE

特集:プーチンの新帝国

2017-8・29号(8/22発売)

内向きのトランプを尻目に中東、欧州そして北極へと「新帝国」拡大を目指すプーチン露大統領の野心と本心

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 2

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 3

    英ケンブリッジ大学がチャイナ・マネーに負けた!----世界の未来像への警鐘

  • 4

    トランプ ─ 北朝鮮時代に必読、5分でわかる国際関係論

  • 5

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 6

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 7

    垂れ耳猫のスコフォがこの世から消える!? 動物愛…

  • 8

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 9

    自動車軽量化へ「木」に脚光 鉄の5倍強い新素材CNF…

  • 10

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と…

  • 1

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 2

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 3

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種の拷問

  • 4

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 5

    バルセロナで車暴走テロ、はねられて「宙に舞う」観…

  • 6

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

  • 7

    北の譲歩は中国の中朝軍事同盟に関する威嚇が原因

  • 8

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 9

    垂れ耳猫のスコフォがこの世から消える!? 動物愛…

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 1

    マライア・キャリー、激太り120キロでも気にしない!?

  • 2

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 3

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 4

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショ…

  • 5

    日本の先進国陥落は間近、人口減少を前に成功体験を…

  • 6

    北朝鮮、グアム攻撃計画8月中旬までに策定 島根・広…

  • 7

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 8

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしま…

  • 9

    対北朝鮮「戦争」までのタイムテーブル 時間ととも…

  • 10

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!