コラム

現代アートの動機(2):制度への言及と異議/アクチュアリティと政治

2017年03月09日(木)15時05分
現代アートの動機(2):制度への言及と異議/アクチュアリティと政治

Chim↑Pom, U.S.A. Visitor Center,2016, Photo: Osamu Matsuda, (C)Chim↑Pom, Courtesy of the artist and MUJIN-TO Production

<現代アートの作家が抱く創作の動機はどういったものなのか。ここでは「制度への言及と異議」「アクチュアリティと政治」について考えよう>

【前回の記事】現代アートの動機:新しい視覚・感覚の追求/メディウムの探究

「メディウムの探究」の別の例として、アントニー・ゴームリーの彫刻、イリヤ&エミリア・カバコフのインスタレーション、ティノ・セーガルのパフォーマンスなどを挙げたいところだが、先を急ごう。

次は「制度への言及と異議」を取り上げる。ここで言う「制度」とはもちろんアート制度のこと。したがって前回説明した「新しい視覚・感覚の追求」と「メディウムの探究」の双方にかなりの部分重なり合う。「追求」は制度に新たな視覚・感覚の追加を要請する。「探究」はメディウムの、以前には存在しなかった可能性を問う。どちらも現状の改革を求めるわけであり、すなわち「異議」の申し立てにほかならない。不変不動を装うシステムに「これだってアートだろう?」と疑義を申し立て、アートの定義の書き換え、もしくはアートの守備範囲の拡大を迫ってそれを認めさせようとする。

アート史上、この動機において最も衝撃的で、最も影響力があったのは、何度でも繰り返すがマルセル・デュシャンの「泉」である。デュシャン以降(正確にはその意義がアート界において広く認識された20世紀後半以降)、巨人の影響力を免れている現代アーティストはひとりもいないし、巨人を超える存在もいまだに出現していない。「泉」には視覚的インパクトもあったが、何よりも「アートはこんなにも自由だ」という強烈なメッセージを放っていた。長く続くアート革命の、最初にして最大の英雄だと言えるだろう。

【参考記事】デュシャンの「便器」の果てに

「言及」は「参照」や「引用」にほぼ等しく、先行作品へのオマージュや批判を作品内に組み込む行為を指す。デュシャンが「L.H.O.O.Q」で絵葉書の「モナリザ」に髭を描き加え、タイトルに卑猥な意味を込めて以来(「L.H.O.O.Q」をフランス語で読み下すと「エラショーオーキュー」となり、「彼女の尻は熱い」という卑語とほぼ同音になる)、多くの現代アーティストが様々な美術史・アート史上の名作に、強迫観念的に言及してきた。アート史の節目となった1989年以降も、作家の姿勢に変わりはない。ジェフ・クーンズしかり、デミアン・ハーストしかり、村上隆しかり、会田誠しかり......。

作家のみならず、アートワールド全体がこの姿勢を全面的に支持し、歓迎している。これも繰り返しになるが、僕もプロフェッショナルな作家やアーティストを志す者がこの姿勢を貫くのは当然であり、アート史を学ぶのは義務であるとさえ思う。小説家や詩人が文学史を、作曲家や演奏家が音楽史を、映画監督が映画史を、劇作家や演出家が演劇史を、建築家が建築史を学ばなければならないのと同じことだ。問題は、アマチュアの鑑賞者がどこまでアート史をわきまえておくべきかだが、これについては連載の最後に論じよう。

プロフィール

小崎哲哉

1955年、東京生まれ。ウェブマガジン『REALTOKYO』『REALKYOTO』発行人兼編集長。京都造形芸術大学大学院学術研究センター客員研究員。2002年、20世紀に人類が犯した愚行を集めた写真集『百年の愚行』を刊行し、03年には和英バイリンガルの現代アート雑誌『ART iT』を創刊。13年にはあいちトリエンナーレ2013のパフォーミングアーツ統括プロデューサーを担当し、14年に『続・百年の愚行』を執筆・編集した。

ニュース速報

ビジネス

ドル112円前半で動きづらい、ユーロ/ドルは1年ぶ

ビジネス

出光興産、月岡社長らの取締選任議案を可決

ワールド

シリア、米警告で化学兵器封印か マティス国防長官が

ワールド

武装勢力が占拠の比マラウィ、頭切断された住民5人の

MAGAZINE

特集:安心なエアラインの選び方

2017-7・ 4号(6/27発売)

アメリカの航空会社で続発する乗客トラブル。トラブルを避け、快適な空の旅を楽しむ「新基準」とは

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    アメリカで「最も憎まれる男」の所業とは?

  • 2

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」の証言

  • 3

    トランプが特別検察官ムラーを恐れる理由

  • 4

    米国はシリアでイスラーム国に代わる新たな「厄介者…

  • 5

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 6

    中国シェア自転車「悪名高きマナー問題」が消えた理由

  • 7

    地方学生が抱える奨学金ローンの破綻リスク

  • 8

    ベネズエラ、警察ヘリが最高裁と内務省を攻撃 大統…

  • 9

    東京都議選の候補者が、政策を訴えるビラを配れない…

  • 10

    シリア東部はアサドとイランのものにすればいいーー米…

  • 1

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」の証言

  • 2

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍とおぼしき機影

  • 3

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 4

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 5

    中国シェア自転車「悪名高きマナー問題」が消えた理由

  • 6

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 7

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 8

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 9

    ロンドン高層住宅の火災、火元は米ワールプールの冷…

  • 10

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 4

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 5

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 6

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 7

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 8

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 9

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 10

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!