最新記事

シリーズ日本再発見

仏壇・お墓から「機械式納骨堂」へ!? 日本の供養が変わる

2017年07月29日(土)17時57分
熊谷祐司
仏壇・お墓から「機械式納骨堂」へ!? 日本の供養が変わる

mykeyruna-iStock.

<日本独自に進化を遂げた仏壇も、祖先供養に欠かせないお墓も、いま曲がり角に来ている。そこで注目を集めているのが、まるでコインロッカーや立体駐車場のような納骨堂だ>

祖先供養のかたちとして、日本独自の進化を遂げたのが家庭用の仏壇だ。仏教発祥の地のインドはもちろん、仏教国として知られるタイにも、日本のような仏壇はない。

他の主な宗教も同様だ。キリスト教には成仏や供養という概念はなく、仏壇のような個人用の祭壇スペースに、位牌を置いて祀ることは基本的にない。偶像崇拝が禁じられているイスラム教は、言うまでもないだろう。

そんな日本の仏壇も、住宅事情の変化などを主な背景として、保有率の低下が進んでいる。戸建てに比べて床面積が制限されがちなマンション世帯の増加で、仏壇用の部屋やスペースを確保できないケース。あるいは核家族や単身世帯など、同居する家族構成が小規模化しているため、場所の問題だけでなくそもそも仏壇を置く意味を見いだせないケースもある。

経済産業省の商業統計によれば、仏壇や宗教用具の市場規模はこの20年で半減した。

東京・港区の寺院を運営する住職は、匿名を条件にこう現状を嘆く。「仏壇はいわばお寺の『支店』。お寺の墓参りへ足が遠のく人が増えているのと同様に、自宅での仏壇の存在感も小さいものとなってきている」

その住職によれば、「年1回はお参りに来ていた人が、2年間隔、3年間隔となり、ついには来なくなり音信も不通になる、そんなケースが珍しくなくなってきている」。

地方と都会それぞれの深刻な「お墓」問題

仏壇以上に深刻なのが、お墓の問題だ。

仏壇の所有や配置はあくまで私有財産の問題だが、お墓の場合はお寺や霊園の敷地を借りる形態のため、ある日突然「止めます!」「引っ越します!」というわけにはいかないからだ。

簡単にはなくせないからといって安泰とはならず、少子高齢化、そして都心部への人口集中により、特に地方では「荒れ墓」が目立つようになってきた。誰もお参りすることなく、風雨にさらされ朽ちる一方の、荒れるに任せた墓のことである。

一方、人口過密状態にある都心部も問題を抱えている。お墓用の土地が足りないのだ。

最も顕著な東京都を例に挙げてみよう。全日本墓園協会の調査によれば、東京都の墓地需要数が2010~2015年は約1万5000基だったのに対し、2015~2020年は約1万8000基、2020~2025年は2万基以上が必要になる。

その後も2060年まで需要は漸増の予測が続く。一定の面積に区切られた区画に墓石を置き、遺骨を納めて節目節目にお参りするスタイルに限界が来ているとも言える。

【参考記事】夏に初詣も!? 御朱印ブームだけじゃない神社界の新潮流

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 2

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 3

    金正恩の「聖地登山」はインスタ映え狙って演出か 超能力伝説でイメージ作りも

  • 4

    孤独なオタクをのみ込む極右旋風

  • 5

    ひき肉の偽装表示も99%の精度で暴く

  • 6

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に…

  • 7

    歴史的急騰が続くビットコイン 仕掛人は意外にも日…

  • 8

    算数が得意な富裕層の子どもと、家庭科が得意な低所…

  • 9

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 10

    プーチンの本音は「五輪禁止」に感謝?

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 3

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を甘く見た」ツケ

  • 4

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に…

  • 5

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 6

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 7

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    ビットコインのために自宅を担保にするバカ、米当局…

  • 10

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 4

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 5

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 6

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 7

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査…

  • 8

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 9

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 10

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!