VOICES コラム&ブログ
BLOG ブログ

From the Newsroom

男がCAやったっていいじゃないか!

2013年07月03日(水)14時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷

「欧米系の話ですが、日本人乗務員を募集すると、かなりの男性が応募してきます」

 知人のアジア系航空会社職員のメールに、思わず目を疑った。エアラインの客室乗務員(CA)といえば、今も昔も華やかな女性というイメージが筆者の頭に刷り込まれていたからだ。そんな話は聞いたことがないし、現実に世界の航空会社で日本人男性CAが増えているならニュースだ。Newsweek日本版7月9日号の特集『エアライン新常識』のリサーチ段階でこの話が飛び込んで来て、実際に取材を始め、関係者に話を聞けば聞くほど、航空業界のCAをめぐる意外な「真実」が浮かび上がって来た。

 まず、男女を問わずかなり多くのCAが各国のエアラインで働いているのに、その総数や彼女ら彼らの国籍、性別に関する統計のたぐいが世界には一切存在しない。最近急速に成長している中東系エアラインでも約3500人のCAがいることを考えれば、おそらく全世界のエアラインには数十万人単位で「機上労働者」がいるだろう。華やかなイメージで語られることが多いが、CAの労働の実態は過酷だ。週に1回程度のフライトではあるが、いったん勤務に入れば現地までの10数時間ほぼ働き詰めで、実はかなり重い荷物を運ぶ肉体労働もあり、時には「モンスター」な客の相手もしなければならず、現地で時差ぼけを直す暇もなく帰りの便に乗る――。イメージと現実の乖離が知られていないのは、CA業界の全体像が把握されていないこととも関係しているはずだ。

 次に取材を進めて分かったのは、日本人男性CAが増えつつあるのは、主に欧州系と中東系エアラインらしい、ということ。欧州系航空会社が採用するのは、伝統的に男女の分け隔てなく人材を採用する伝統があるからだが、中東系での採用が増えているのは、明らかにオイルマネーを背景にした路線数の拡大が背景にある。ある北欧系エアラインは約100人いる日本人CAのうち10人が、中東系だと約50人のうち4人が男性を占める。爆発的に増えているという訳ではないが、規制緩和を背景に路線拡大で採用を増やす欧州系や中東系エアラインで徐々に数を増している――。どうやらこういう現状らしい。

 日本人男性のCA希望者が欧州や中東のエアラインに向かうのは、そこにしか働き口がないからでもある。日本のJALやANAは採用試験でこそ男女の区別をしていないが、実態としては客室乗務員の専門職として男性を採用していない(いわゆるパーサーは総合職の男性職員が配置転換で管理職として勤務しているだけで、CAとして採用されたわけではない)。「CAとしての能力的にまだ女性の方が高いのも原因だが」と、エアライン就職支援コンサルタント『ストラッセ東京』の古澤有可代表は言う。「職業と性について、日本人の意識の中に動かしがたい壁が存在する」。中東系と同じく猛スピードで業務を拡大しているアジアのエアラインが、男性CAの採用に必ずしも積極的でないのも、同じ「壁」が利用者や採用する航空会社側に根強いからだろう。

 日本人男性CAが増えているのは、働く日本人男性側の意識の変化もある。「もともと飛行機が好きで、世界に飛び出す仕事がしたかった」と、ある北欧系エアラインの日本人男性CAは言う。「自分自身に『女性の仕事をする』という抵抗感はなかったし、周りからも反対されなかった」。『ストラッセ東京』の古澤代表によれば、男性のCA志望者は英語ができて海外で仕事がしたい、というタイプが多い。採用実績がないにもかかわらず、JALやANAの採用試験にチャレンジする健気な人もいるのだという。

 実は男性CAを採用するメリットも航空会社にはある。産休や育休で職場を抜けることの少ない男性は、会社側から見れば女性に比べて管理がしやすい安定した働き手だからだ。世界のエアラインだけでなく、実は日本でもJALやANA以外の新興エアラインやLCC(格安航空会社)で男性CAが少しずつ増え始めているのは、そういった背景ゆえだ。

「スター」も生まれている。中東系エアラインに勤務する菅谷基広氏(31)は名古屋市立中学校の理科教員からCAに転職したが、すぐれた働きぶりが評価され、このエアラインの「Premium Crew of the month」「Star Performer」といった賞を獲得。日本人として初めて、「Onboard Coach」としてほかのCAの教育係に就任することが決まった。

 CAは空の接客係であると同時に、1万メートルの高度で乗客の安全に責任を持つ旅客機の精神的支柱でもある。責任ある仕事なのに、規制緩和の時代におけるコストカットのしわ寄せはCAにも容赦なく来ている。『ストラッセ東京』の古澤代表によれば、日本のエアラインに勤務する女性CAの多くは契約社員で、給与も手取りで月20万円に満たない人が多いという。

 せっかく生まれた一度きりの人生なのだから、男性も女性も自分のやりたい仕事を思い切りやればいい、と思う。職業におけるジェンダーなど、実はほとんど存在しない。あるとすれば、それは思い込みでしかない。男性CAは会社側にとって突然休むことのない便利な存在かもしれないが、その反面で長期雇用が前提の簡単にクビを切れない働き手でもある。男性CAの存在が、航空会社によって「搾取」されがちなCAの雇用現場の改善につながる――かもしれない。

 毎年5月、CAを含めた全員が男性クルーのJALの「こいのぼりフライト」がニュースになるのは、男性CAが「逆差別」されていることの裏返しだ。ただ外堀は埋まりつつある。JALやANAでも日本人男性CAが採用される日はそう遠くないはずだ。

――編集部・長岡義博(@nagaoka1969)

最新ニュース

ビジネス

アングル:日銀支店長会議、増税の影響「想定内」

2014.04.17

ビジネス

輸出伸びない背景に海外企業の競争力向上=日銀地域経済報告

2014.04.17

ワールド

クリミアでルーブルへの移行加速させる=ロシア大統領

2014.04.17

ビジネス

国内の長期投資家、かすかに日本株投資の動き

2014.04.17

新着

反対派

オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

捕鯨問題はオーストラリア国民が党派の枠を超えて結束できる数少ないテーマだ [2014.4.15号掲載]

2014.04.17
ウクライナ

ウクライナ内戦への足音

ウクライナ軍が、東部を占拠していた親ロシア派の強制排除へ。プーチン大統領の軍事介入も近い? 

2014.04.16
軍事同盟

ウクライナ危機で問われるNATOの意味

アフガニスタン後の存在意義を見失いかけていたNATOをロシアが救う? [2014.4.15号掲載]

2014.04.16
ページトップへ

Recommended

BLOGGER'S PROFILE

ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。編集コンセプトは、世界と日本をさまざまな視点から見つめる「複眼思考」。編集部ブログでは国際情勢や世界経済、海外エンターテインメントの話題を中心に、ネットの速報記事や新聞・テレビではつかみづらいニュースの意味、解説、分析、オピニオンなどを毎日お届けしていきます。

MAGAZINE

特集:頼りない超大国

2014-4・22号(4/15発売)

ブッシュの失敗に懲りて軍事介入を避けるオバマ外交
曖昧過ぎる姿勢が同盟国を不安に陥れている

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版
Sound's View 自分を創る音の風景
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース
  1. 1

    米海軍の「海水燃料」がもたらす大変革

    海水から作る画期的な新エネルギー技術は将来、米軍艦…

  2. 2

    どん底イタリアに奇跡を起こす男

    猛烈な仕事人間でツイッター中毒……イタリア再生とい…

  3. 3

    米軍のアフガン駐留を中国が望む理由

    新疆ウイグルを拠点に西方拡大を狙う中国だがテロ封じ…

  4. 4

    銅の下落に世界の投資家が注目する訳

    1ポンド当たり3ドルを下回った銅価格は、投資家に大…

  5. 5

    カンボジア労働者「集団失神」の謎

    衣料品工場で100人以上が倒れる集団ヒステリーが頻…

  6. 6

    場違いな「歴史論争」で中国にイエローカード

    ナチスの戦争犯罪を引き合いに対日批判ドイツとヨーロ…

  7. 7

    ロボットスーツ実用化で無敵の米軍に?

    防弾から体温調節機能、暗視装置まで、過酷な戦場で役…

  8. 8

    ロシアの次の標的はフィンランドか

    フィンランドとの国境付近で軍事演習を行ったプーチン…

  9. 9

    破綻しても変わらなかったGMの隠蔽体質

    税金で救済されて立ち直ったと思ったのは甘かった。「…

  10. 10

    さらば、ジャンボジェット

    大きな機体で空の旅の新時代を切り開いたボーイング7…

  1. 1

    小保方氏の会見でみえた「科学コミュニケーション」のむずかしさ

    注目された小保方晴子氏のSTAP細胞についての記…

  2. 2

    シリコンバレーの意外な差別カルチャー

    外からはイノベーションと富を生み出す稀な土地と見…

  3. 3

    消えたわけではない「ジャンボ・ジェット」

    70年代にデビューしたボーイング747型機は、世…

  4. 4

    コピペがゼロで、100%オリジナルな学術論文は許されないという理由

    理研の「STAP細胞」研究をめぐる問題に関しては…

  5. 5

    中国の夢、それぞれの日々

    「息子がスマホにVPNを入れてくれたんですよ...…

  6. 6

    カジノ合法化より問題? 日本人のギャンブル好き

    今週のコラムニスト:レジス・アルノー 〔4月1日号…

  7. 7

    来日26年目で発見した日本人の大きな変化

    今週のコラムニスト:李小牧 〔4月8日号掲載〕…

  8. 8

    愛国心教育で自己肯定感は向上するのか?

    一連の保守的な教育論議の中で、次のような仮説が語…

  9. 9

    道徳教材に「二宮金次郎」、何が問題なのか?

    先週、テレビ朝日の番組『朝まで生テレビ』に出演し…

  10. 10

    消費税アップに対応した「非接触式IC乗車券」、東京五輪ではどうなる?

    今回の消費税率アップにあたってJR東日本は、切符…

  1. 1

    アングル:中国の「太子党ファンド」、著名投資家引きつけるコネと実力

    中国は世界で最も大規模な新興プライベートエクイティ…

  2. 2

    中国・蘭州市で水道水から発がん性物質、基準値の20倍

    中国北西部の甘粛省蘭州市で11日、水道水から安全基…

  3. 3

    焦点:領土問題で中国がけん制強める、米大統領のアジア訪問控え

    米国のヘーゲル国防長官が今週中国で行った率直な意見…

  4. 4

    欧州への天然ガス供給契約を順守=ロシアのプーチン大統領

    ロシアのプーチン大統領は11日、欧州への天然ガス供…

  5. 5

    インタビュー:カジノ候補地は「夢洲」に絞り込む=大阪府知事

    大阪府の松井一郎知事は14日、ロイターとのインタビ…

  6. 6

    G20はIMF改革遅延に「深く失望」、ウクライナめぐるリスクを注視

    ワシントンで開かれた20カ国・地域(G20)財務相…

  7. 7

    米シティグループ、200─300人を削減=WSJ紙

    米ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)紙が関…

  8. 8

    訂正:焦点:ブラックボックス発見で始まる「試練」、不明機回収は難航か

    行方不明となっているマレーシア航空MH370便の捜…

  9. 9

    ロシア、ウクライナ領土のさらなる編入望まず=外相

    ロシアのラブロフ外相は、ウクライナ領土のさらなる編…

  10. 10

    トヨタが世界で639万台リコールへ、ステアリングや座席に不具合

    トヨタ自動車は、ステアリングや座席などの不具合のた…