VOICES コラム&ブログ
BLOG ブログ

From the Newsroom

カシミール紛争、解決のカギは日本?

2012年03月12日(月)03時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷

 インドの頭痛はおさまることがないだろう。

 3月9日、パキスタン軍の諜報機関であるISI(軍統合情報局)のアーマド・シャー・パシャ長官に代わり、第5軍団司令官のザヒール・ウル・イスラム中将が、新長官に任命された。パシャは引退し、イスラムは18日に就任する予定だ。

 パキスタンでは軍が絶大な力を持っており、ISIも国内での影響力は大きい。アフガニスタンでの対テロ戦争に多大なる影響をもつパキスタンで力のある諜報機関の人事は世界的にも注目された。

 そんな中でもとりわけ、このニュースに対して敏感に反応した国がある。インドだ。

 パキスタンとインドは過去に3度、戦火を交えており、そのうちの2度は、両国が領有権を主張するカシミール問題に起因した。カシミール紛争は、現在も解決されることがないまま、世界から忘れ去られている。

 背景を簡単に説明すると、いわゆる「カシミール」には、インド側、パキスタン側の2つがある。

 第一次印パ戦争で分断されたカシミール地方だが、そのうちの70%ほどはインド側が実行支配し、ジャム・カシミール州となった。残りはパキスタンに入り、アザド・カシミール州となった。ちなみに「アザド」とはパキスタンで話されるウルドゥー語で「自由」という意味。要するに、インドに支配されていないカシミール、という意味だ。

 これまで、パキスタンはイスラム武装組織を使い、イスラム教徒が多数派であるインドのジャム・カシミール州に駐留するインド軍などに武力攻撃を加えてきた。住民の多くがインドからの分離を望むジャム・カシミール州を混乱させて、パキスタンに併合しようとしてきた。これが今も続くカシミール紛争だ。

 先日、パキスタンのアザド・カシミール州で州首相を努めたバリスター・スルタン・マフムード・チョードリーが来日し、カシミール紛争の解決を訴えた。チョードリーは、「印パともに核兵器保有国だ。日本は核兵器がいかに危険であるか分かっている」と言う。カシミール問題で、長年のライバルで核保有国のインドとパキスタンが再び戦争にでも突入すれば、最悪のシナリオも考えられる。「カシミール紛争解決のために、日本政府にも重要な役割を担ってもらいたい」と、チョードリーは訴えた。

Choudhry.jpg   来日して懇親会に出席したチョードリー元州首相(Photo: Mohammad Zubair)

 インドはISI長官の人事で、パキスタンが今後のカシミール紛争をどう扱うのか、注目していた。だが、インドのヒンドゥスタン・タイムズ紙はインドの情報当局者のコメントを引用し、パキスタンを支配しているのは軍とISIだが、ISIの新長官はジャム・カシミール州への「テロ攻撃」をやめるつもりは毛頭ないと報じた。

 さらに08年にインド・ムンバイで発生したムンバイ同時多発テロには、ISIが関与したと言われているが、「当時のISI副長官のイスラム中将が長官になる」と、同紙は皮肉っている。

 結局、カシミール紛争で今も印パの狭間で苦しむカシミールの人々が受ける苦しみはまだ消えないだろう。もっとも、それが消えたとしても、インドの頭痛がおさまることはないだろうが。

――編集部・山田敏弘

最新ニュース

ワールド

ウクライナめぐる4者会談、暴力の即時停止求める声明採択

2014.04.18

ビジネス

米ゴールドマン第1四半期は11%減益、予想上回る

2014.04.18

ビジネス

米新規失業保険申請件数、なお危機前水準近辺

2014.04.18

ビジネス

米GEの第1四半期は減益も予想上回る、産業部門好調

2014.04.18

新着

反対派

オーストラリア人の94%が反捕鯨の理由

捕鯨問題はオーストラリア国民が党派の枠を超えて結束できる数少ないテーマだ [2014.4.15号掲載]

2014.04.17
ウクライナ

ウクライナ内戦への足音

ウクライナ軍が、東部を占拠していた親ロシア派の強制排除へ。プーチン大統領の軍事介入も近い? 

2014.04.16
軍事同盟

ウクライナ危機で問われるNATOの意味

アフガニスタン後の存在意義を見失いかけていたNATOをロシアが救う? [2014.4.15号掲載]

2014.04.16
ページトップへ

Recommended

BLOGGER'S PROFILE

ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。編集コンセプトは、世界と日本をさまざまな視点から見つめる「複眼思考」。編集部ブログでは国際情勢や世界経済、海外エンターテインメントの話題を中心に、ネットの速報記事や新聞・テレビではつかみづらいニュースの意味、解説、分析、オピニオンなどを毎日お届けしていきます。

MAGAZINE

特集:頼りない超大国

2014-4・22号(4/15発売)

ブッシュの失敗に懲りて軍事介入を避けるオバマ外交
曖昧過ぎる姿勢が同盟国を不安に陥れている

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版
Sound's View 自分を創る音の風景
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース
  1. 1

    米海軍の「海水燃料」がもたらす大変革

    海水から作る画期的な新エネルギー技術は将来、米軍艦…

  2. 2

    どん底イタリアに奇跡を起こす男

    猛烈な仕事人間でツイッター中毒……イタリア再生とい…

  3. 3

    場違いな「歴史論争」で中国にイエローカード

    ナチスの戦争犯罪を引き合いに対日批判ドイツとヨーロ…

  4. 4

    米軍のアフガン駐留を中国が望む理由

    新疆ウイグルを拠点に西方拡大を狙う中国だがテロ封じ…

  5. 5

    カンボジア労働者「集団失神」の謎

    衣料品工場で100人以上が倒れる集団ヒステリーが頻…

  6. 6

    ロボットスーツ実用化で無敵の米軍に?

    防弾から体温調節機能、暗視装置まで、過酷な戦場で役…

  7. 7

    銅の下落に世界の投資家が注目する訳

    1ポンド当たり3ドルを下回った銅価格は、投資家に大…

  8. 8

    ウクライナが招くドイツのエネルギー危機

    クリミア問題を受けてロシアへのエネルギー依存を見直…

  9. 9

    ロシアの次の標的はフィンランドか

    フィンランドとの国境付近で軍事演習を行ったプーチン…

  10. 10

    破綻しても変わらなかったGMの隠蔽体質

    税金で救済されて立ち直ったと思ったのは甘かった。「…

  1. 1

    シリコンバレーの意外な差別カルチャー

    外からはイノベーションと富を生み出す稀な土地と見…

  2. 2

    コピペがゼロで、100%オリジナルな学術論文は許されないという理由

    理研の「STAP細胞」研究をめぐる問題に関しては…

  3. 3

    中国の夢、それぞれの日々

    「息子がスマホにVPNを入れてくれたんですよ...…

  4. 4

    小保方氏の会見でみえた「科学コミュニケーション」のむずかしさ

    注目された小保方晴子氏のSTAP細胞についての記…

  5. 5

    消えたわけではない「ジャンボ・ジェット」

    70年代にデビューしたボーイング747型機は、世…

  6. 6

    来日26年目で発見した日本人の大きな変化

    今週のコラムニスト:李小牧 〔4月8日号掲載〕…

  7. 7

    カジノ合法化より問題? 日本人のギャンブル好き

    今週のコラムニスト:レジス・アルノー 〔4月1日号…

  8. 8

    悪性インフレで「貧困と格差の時代」がやってくる

    株価が下がり続け、アベノミクスの減速が目に見えて…

  9. 9

    愛国心教育で自己肯定感は向上するのか?

    一連の保守的な教育論議の中で、次のような仮説が語…

  10. 10

    道徳教材に「二宮金次郎」、何が問題なのか?

    先週、テレビ朝日の番組『朝まで生テレビ』に出演し…

  1. 1

    アングル:中国の「太子党ファンド」、著名投資家引きつけるコネと実力

    中国は世界で最も大規模な新興プライベートエクイティ…

  2. 2

    中国・蘭州市で水道水から発がん性物質、基準値の20倍

    中国北西部の甘粛省蘭州市で11日、水道水から安全基…

  3. 3

    インタビュー:カジノ候補地は「夢洲」に絞り込む=大阪府知事

    大阪府の松井一郎知事は14日、ロイターとのインタビ…

  4. 4

    欧州への天然ガス供給契約を順守=ロシアのプーチン大統領

    ロシアのプーチン大統領は11日、欧州への天然ガス供…

  5. 5

    G20はIMF改革遅延に「深く失望」、ウクライナめぐるリスクを注視

    ワシントンで開かれた20カ国・地域(G20)財務相…

  6. 6

    米シティグループ、200─300人を削減=WSJ紙

    米ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)紙が関…

  7. 7

    韓国沖の旅客船沈没、1人死亡=海洋警察

    韓国海洋警察によると、南西沖で起きた旅客船の沈没事…

  8. 8

    韓国沖の旅客船沈没、約300人の安否不明=海洋警察

    韓国海洋警察などによると、同国南西沖で起きた旅客船…

  9. 9

    ロシア、ウクライナ領土のさらなる編入望まず=外相

    ロシアのラブロフ外相は、ウクライナ領土のさらなる編…

  10. 10

    世界的な株安受けドル買い先行、新興国・高金利通貨に売り=NY市場

    11日終盤のニューヨーク外為市場では、世界的な株安…