注目のキーワード
文字サイズ
VOICES コラム&ブログ
BLOG ブログ

From the Newsroom

カシミール紛争、解決のカギは日本?

2012年03月12日(月)03時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷

 インドの頭痛はおさまることがないだろう。

 3月9日、パキスタン軍の諜報機関であるISI(軍統合情報局)のアーマド・シャー・パシャ長官に代わり、第5軍団司令官のザヒール・ウル・イスラム中将が、新長官に任命された。パシャは引退し、イスラムは18日に就任する予定だ。

 パキスタンでは軍が絶大な力を持っており、ISIも国内での影響力は大きい。アフガニスタンでの対テロ戦争に多大なる影響をもつパキスタンで力のある諜報機関の人事は世界的にも注目された。

 そんな中でもとりわけ、このニュースに対して敏感に反応した国がある。インドだ。

 パキスタンとインドは過去に3度、戦火を交えており、そのうちの2度は、両国が領有権を主張するカシミール問題に起因した。カシミール紛争は、現在も解決されることがないまま、世界から忘れ去られている。

 背景を簡単に説明すると、いわゆる「カシミール」には、インド側、パキスタン側の2つがある。

 第一次印パ戦争で分断されたカシミール地方だが、そのうちの70%ほどはインド側が実行支配し、ジャム・カシミール州となった。残りはパキスタンに入り、アザド・カシミール州となった。ちなみに「アザド」とはパキスタンで話されるウルドゥー語で「自由」という意味。要するに、インドに支配されていないカシミール、という意味だ。

 これまで、パキスタンはイスラム武装組織を使い、イスラム教徒が多数派であるインドのジャム・カシミール州に駐留するインド軍などに武力攻撃を加えてきた。住民の多くがインドからの分離を望むジャム・カシミール州を混乱させて、パキスタンに併合しようとしてきた。これが今も続くカシミール紛争だ。

 先日、パキスタンのアザド・カシミール州で州首相を努めたバリスター・スルタン・マフムード・チョードリーが来日し、カシミール紛争の解決を訴えた。チョードリーは、「印パともに核兵器保有国だ。日本は核兵器がいかに危険であるか分かっている」と言う。カシミール問題で、長年のライバルで核保有国のインドとパキスタンが再び戦争にでも突入すれば、最悪のシナリオも考えられる。「カシミール紛争解決のために、日本政府にも重要な役割を担ってもらいたい」と、チョードリーは訴えた。

Choudhry.jpg   来日して懇親会に出席したチョードリー元州首相(Photo: Mohammad Zubair)

 インドはISI長官の人事で、パキスタンが今後のカシミール紛争をどう扱うのか、注目していた。だが、インドのヒンドゥスタン・タイムズ紙はインドの情報当局者のコメントを引用し、パキスタンを支配しているのは軍とISIだが、ISIの新長官はジャム・カシミール州への「テロ攻撃」をやめるつもりは毛頭ないと報じた。

 さらに08年にインド・ムンバイで発生したムンバイ同時多発テロには、ISIが関与したと言われているが、「当時のISI副長官のイスラム中将が長官になる」と、同紙は皮肉っている。

 結局、カシミール紛争で今も印パの狭間で苦しむカシミールの人々が受ける苦しみはまだ消えないだろう。もっとも、それが消えたとしても、インドの頭痛がおさまることはないだろうが。

――編集部・山田敏弘

最新ニュース

ビジネス

ECB、さらに政策調整行う用意=ドラギ総裁

2014.08.23

ビジネス

出口戦略見直し、次回か次々回のFOMCで=米連銀総裁

2014.08.23

ビジネス

労働市場は依然回復途中、実用的な政策判断必要=イエレン議長

2014.08.23

ワールド

アルゼンチン、米判事判断「帝国主義的」と批判

2014.08.23

新着

インド

ヒンディー語強制策が多言語国家インドを分断 

英植民地との決別 とはいえ、100以上もの他の言語を誇りとする民族をモディはどうまとめるのか [2014.8.26号掲載]

2014.08.22
テクノロジー

グーグルが軍事施設を丸裸に

グーグルマップのコンテスト参加者が描いてしまった禁断の地図 [2014.8.12号掲載]

2014.08.22
シリア

殺害されたジャーナリストはISISへの「生け贄」だった

残虐な処刑映像が公開されたジェームズ・フォーリーは、ダウード旅団がISISに貢いだ人質だった 

2014.08.21
ページトップへ

Recommended

BLOGGER'S PROFILE

ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。編集コンセプトは、世界と日本をさまざまな視点から見つめる「複眼思考」。編集部ブログでは国際情勢や世界経済、海外エンターテインメントの話題を中心に、ネットの速報記事や新聞・テレビではつかみづらいニュースの意味、解説、分析、オピニオンなどを毎日お届けしていきます。

MAGAZINE

特集:地球を壊す海の病

2014-8・26号(8/19発売)

今世紀末までに多くの海洋生物が姿を消すかもしれない──
水産資源や生態系を脅かす温暖化の真の破壊力とは

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版
Sound's View 自分を創る音の風景 豊田泰久さん
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース
  1. 1

    韓国が輸出する超小型犬の悲劇

    ティーカップサイズでセレブに人気の超小型犬は韓国の…

  2. 2

    イラク危機に中国が沈黙を守り続ける理由

    「大国扱い」を求める一方で国際社会に貢献する気はな…

  3. 3

    インドにも「侵入」を繰り返す中国

    実効支配地域の認識は食い違うが、現状維持では一致す…

  4. 4

    反日による日本人欠場でゲーム大会中止に

    日中の尖閣問題からアメリカのイラン制裁まで、国家間…

  5. 5

    殺害されたジャーナリストはISISへの「生け贄」だった

    残虐な処刑映像が公開されたジェームズ・フォーリーは…

  6. 6

    中国が刺激したロシア海軍の復活

    地位復権・領土拡大・経済的利益・・・・・・海に向か…

  7. 7

    黒人射殺事件を引き起こした「利益追求型」警察

    アメリカを揺るがす事件が起きた背景には、予算確保の…

  8. 8

    想像を絶するアフリカ難民の死にざま

    虐殺されたユダヤ人のように折り重なって冷凍庫に………

  9. 9

    これは本当にゴジラ映画か?

    ハリウッドで生まれ変わった『GODZILLA ゴジ…

  10. 10

    中国に逆らい日本を支持したフィリピンの思惑

    アキノ大統領が東南アジア諸国で初めて「侵略国」日本…

  1. 1

    リトルリーグに現れた「少女エース」の快投

    昨年もこのブログでお話した、アメリカ東海岸の夏の…

  2. 2

    慰安婦問題の本質は大誤報を認めても謝罪しない「朝日新聞問題」だ

    8月5日から6日にわたって朝日新聞は慰安婦問題の…

  3. 3

    田母神俊雄氏のイスラエル訪問計画、3つの懸念

    田母神俊雄氏(元自衛隊航空幕僚長)の支持グループ…

  4. 4

    休暇とストレスの悲しい関係

    夏の休暇中、一度も仕事のメールチェックをしない!…

  5. 5

    『永遠の0』の何が問題なのか?

    先月に一時帰国した際、評判の映画『永遠の0』を観…

  6. 6

    ミズーリ州の暴動は沈静化へ向かうのか?

    ミズーリ州セントルイス近郊のファーガソン市では、…

  7. 7

    イラク新首相、任命されたはいいが

    8月8日、イラク北部で大きな脅威となった「イスラ…

  8. 8

    石油ショックは再来するか

    「石油ショック」といっても、もう歴史上の出来事とし…

  9. 9

    電気代が5割上がる現実を直視しよう

    北海道電力は、7月30日に予定していた電気料金の…

  10. 10

    違反きっぷに異議あり!の時のお助けアプリ

    お上にもの申す。そんなこともアプリがやってくれる…

  1. 1

    「イスラム国」が米国人記者の殺害発表、米政府は真偽検証中

    イスラム教スンニ派の過激派組織「イスラム国」は1…

  2. 2

    エボラ出血熱、抑制に半年程度=国境なき医師団

    国境なき医師団(MSF)のジョアンヌ・リュー会長…

  3. 3

    米国株はまちまち、ウクライナ情勢緊迫受けた安値からは回復

    15日の米国株式市場はまちまち。ウクライナ情勢の緊…

  4. 4

    イスラム国がビデオ声明で米国に警告、「全員血まみれに」

    イスラム教スンニ派の過激派組織「イスラム国」はビ…

  5. 5

    ロシア軍車両の越境、非常に深刻な結果も=英外相

    ロシア軍の車両が15日未明、ウクライナとの国境を…

  6. 6

    ロシア越境否定、ウクライナが領内進入の軍車両攻撃

    ウクライナ大統領府は15日、前夜にかけてウクライ…

  7. 7

    米アップル、中国本土で国内ユーザーのデータ保存を開始

    米アップルは15日、中国のユーザーのデータを中国…

  8. 8

    資源大手BHPビリトン、低採算事業の分離・独立検討

    英豪系資源大手BHPビリトンは15日、低採算事業…

  9. 9

    ロシア、ウクライナに「侵入」=NATO

    北大西洋条約機構(NATO)のラスムセン事務総長…

  10. 10

    「イスラム国」のジャーナリスト映像、米が信ぴょう性確認

    米国家安全保障会議(NSC)のヘイデン報道官は2…